トマトペースト
<<今までやった最高の悪事 | トップ | 最悪な名前思いついたwwwwwwwww>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<今までやった最高の悪事 | トップ | 最悪な名前思いついたwwwwwwwww>>
新ジャンル:ス ネ オ ク ー ル
これは(・∀・)イイ!

新ジャンル:ス ネ オ ク ー ル

http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1136905014/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/10(火) 23:56:54.07 ID:CWKxa9R70
スネ「へへ、新しいゲーム買ったんだ。皆今日家へおいでよ」
ジャ「おう、いくいく」
しず「いくー」
のび「じゃあ僕も・・・」
スネ「駄目だな」
のび「えっ」

スネ「別にこのゲームが3人用な訳じゃない。
   PS2が出てるこの時代、3人用なんて奇特なゲームは存在しないからだ。
   僕が単純に君を家に呼ばない理由は、ひとえにジャイアンが怖いからだ」

のび「・・・」
スネ「君に辛く当たればジャイアンが喜ぶ。ゆえに僕に対しての理不尽な暴力が無くなる。
   ゆえに僕は安全な一日を送れる」

のび「・・・」
スネ「そういう訳だから、今日の所は身を引いて欲しい」
のび「いや、あー・・・うん。わかったよ」
スネ「・・・別に僕個人としては君を嫌ってる訳じゃないから安心して欲しい」
のび「えっ・・・」
スネ「じゃあ」
のび「・・・・・・」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:04:24.38 ID:t/++0/Aj0
ス母「スネちゃま、ごはんザマスよ」
スネ「今日は?」
ス母「スネちゃまのだーい好きなステーキザマス!」
スネ「・・・またステーキか」
ス母「えっ」

スネ「母上、確かに僕はステーキが好きだ。
   しかしこうも毎日肉オンリーだと流石に嫌気が差してくる」

ス母「・・・」
スネ「僕は小学生。身体を作る時期としてとても大事な時期なんだ。
   それなのに栄養のバランスが破綻してては将来に関わる」

ス母「・・・」
スネ「作り直す時間も労力もおしい。今日の所はステーキをいただくとするよ」
ス母「・・・ごめんザマス」
スネ「謝らなくていい。母上の作る料理は世界一美味しいのだから」
ス母「えっ」
スネ「こんな美味しい料理を毎日食べられるなんて、僕は幸せ者だよ」
ス母「・・・・・・」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:06:46.74 ID:/UtgwEyJ0
これは流行る

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:18:10.50 ID:t/++0/Aj0
ジャ「スネ夫。このラジコンおもしれ~な!」
スネ「ジャイアン、よそ見してないでちゃんと操縦してくれよ!」
ジャ「大丈夫だって、よっ・・・ほっ・・・あっ」
スネ「あああ!」
ガシャーン!
ジャ「わ、悪ぃな・・・壊れちまった」
スネ「・・・僕のラジコンが」
ジャ「あー・・・お、俺もう行くわ。じゃな」
スネ「待ちたまえ」
ジャ「えっ」

スネ「2万3000円。このラジコンの値段だ。
   僕がいくら金持ちとはいえ、これを買うためにまったく努力しなかった訳では無い。
   このラジコンを見かけたのが三ヶ月前。
   それから計画を立て、おこずかい稼ぎを実行し、ついに昨日、購入に走ったのだ」

ジャ「・・・なんだとぉ?」
スネ「そして初飛行を行おうとした時に君が現れて強奪。
   1時間使用したのち木にぶつけ破壊。
   つまり僕は一度も遊ばず2万3000円を失ったことになる」

ジャ「言わせておけば~!」
スネ「殴るかい?それもいいだろう!
   しかしそうしたら僕は君の母親にしかるべき請求をするつもりだ。
   2万3000円プラス治療費プラス慰謝料。
   あぁ、今までの理不尽な暴力の数々も告発もらおうかな。・・・安くはないよ?」

ジャ「・・・なっ・・・そっ・・・そんな・・・」
スネ「・・・なんてね。今言った事は事実だが、実行するつもりは無いよ。
   少しジャイアンを脅かしたくなったのさ。
   ラジコンの事は残念だが目を瞑ろう。形あるものはいつか崩れる。ってね」

ジャ「い、言わないでくれるのか・・・?」
スネ「当然じゃないか。・・・友達だろう?」
ジャ「・・・・・・」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:20:10.47 ID:bSP9OK2Q0
これはワロス

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:21:03.77 ID:8pBnq8hI0
まさしくスネオクールwwwwwwwww
でもいい奴だな

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:35:51.28 ID:t/++0/Aj0
ジャ「へへ・・・ドラえもん、のび太がさっき持っていた道具。
   俺にもちょっと貸してくれねぇかなぁ・・・?」
ドラ「あわわ・・・」
ジャ「ブン殴られたくなかったらさっさと出しな!」
ドラ「あわわわわわ・・・」
スネ「待ちたまえ」
ドラ「えっ」

スネ「ドラえもん・・・君は何かカン違いしてるんじゃないのか?」
ドラ「・・・?」
スネ「君は未来の世界から来たロボット。秘密道具というものも持っている。
   ・・・だがジャイアンは多少発育が良いが小学生だ
   ・・・何か見えてこないか?」

ドラ「・・・」
スネ「例えば空気砲、出してみて。
   ・・・そう・・・そうやって、腕に付けて、ジャイアンを狙ってみるんだ」

ジャ「なっ・・・おい!何のつもり・・・」
スネ「そうだ、よく狙って・・・今!目標をセンターに入れて、スイッチ!」
ジャ「がっ!」
スネ「スイッチ!スイッチ!スイッチ!」
ジャ「ぐっ!ごっ!がぁっ!!」
スネ「・・・な?君は本気になればこの程度の事は造作も無く行えるんだ。
   もっとこの時代における自分の優位性というものを理解した方が良い。
   ジャイアンなんかに卑屈になってるようじゃダメだ。
   もっと毅然とした態度でいないと」

ドラ「・・・う、うん。あ・・・ありがとうス」
スネ「ただし僕に対して今みたいな態度を取った場合、容赦なく反撃させてもらう。
   骨川家の財力と僕自身の頭脳。・・・舐めたら痛い目にあうよ?」

ドラ「・・・」
スネ「君はまだまだ僕の為に役立ってもらわなくちゃいけないのだから・・・フフ」
ドラ「・・・・・・」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:45:26.65 ID:rHIDZdpZ0
本当の主人公はス ネ オ だったのかwww

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:46:35.73 ID:TAOeGcWyO
ジャンルっつーかスネオじゃん

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:48:27.30 ID:t/++0/Aj0
スネ「のび太・・・君は3日前、しずかちゃんの家に侵入し、
   あまつさえ風呂場を覗いたりしたね・・・?」

のび「・・・!あ、いや、あれはひみつ道具の不可抗力という奴で・・・」
スネ「で、どうだった?」
のび「えっ」

スネ「えっ じゃない。しずかちゃんの入浴シーンはどうだったかと聞いているんだ。
   同級生のかわいい女の子の入浴を至近距離で見れるなんて滅多に無い事だ・・・普通はな。
   しかし君は普通ではない。・・・わかるな?」

のび「・・・え」
スネ「察しが悪い奴だな。
   つまり、今後同じ様な事が起こった場合、
   何かしらの方法を用いて写真なり映像記録なりを作成し、俺に、よこせ」

のび「・・・いや・・・その」
スネ「そう、それこそ秘密道具の出番じゃないか!
   何かしら使える道具を2~3チョイスして、綿密な計画を立て、実行に移す。
   覗くのは初めてではないのだろう?あちらとしても相応の警備を敷いているはずだ。
   それも考慮に入れて・・・」

のび「・・・いや・・・だからさ・・・」
スネ「うん、ざっと計算してみたが3分以上はかけられないな。
   それ以上かけると親が出てくる可能性がある。対面的にもマズいし、何より恥ずかしい。
   いや、待て、記憶を操作できる道具があるかもしれない・・・
   やはり一度ドラえもんにコンタクトを取ってだな」

のび「いあy、だから!それ犯罪じゃないの!?」
スネ「・・・そうか。犯罪はマズいな。いくら少年法があるとはいえ流石にマズい。
   将来にも響くしな。・・・いや時間を取らせてすまなかった」

のび「・・・・・・」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:49:51.36 ID:oLp4pt6n0
スネオすげぇクールだwwwwwww

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:50:39.68 ID:dqCy9poE0
漫画化してくれ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:51:39.01 ID:cE9RWbpu0
>>30
想像しただけでワロタwwwwww

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 00:59:35.19 ID:t/++0/Aj0
の母「のび太!このテストは何なの!?また隠してたでしょ!!」
のび「ごめんなさい・・・」
の母「ごめんなさいじゃありません!だいだいあんたはいっつもいっつも」
スネ「のび太のお母さん、それはいけない」
の母「えっ」

スネ「叱って伸ばす・・・それも一つの教育だ。
   しかし、叱り過ぎるのはやる気を削ぐ事にしか繋がらない」

の母「・・・」
スネ「テスト返却の翌日、僕らが空き地で遊んでいる時のび太はいつも憂鬱だ。
   恐らく今みたいに油を絞られて、ヘコんでいたのだろう。
   僕らとしても遊んでいていつものような楽しさは無かったし、
   当人はもっと楽しくなかっただろう」

の母「・・・」
スネ「部外者の意見としてはいささか出過ぎているのかもしれないが・・・
   あまり怒鳴らず、少々落ち着いて話し合ってみてはいかがだろうか」

の母「・・・はぁ・・・」
スネ「おっと、もうこんな時間か、ティータイムの時間なので失礼するよ。
   ではのび太。また明日学校で」

のび「・・・あー、うん」
スネ「では」
のび「・・・・・・」
の母「・・・・・・」

の母(・・・・・どこから?)

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 01:01:52.99 ID:8pBnq8hI0
いやあクール、実にクールだ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 01:05:00.75 ID:t/++0/Aj0
風呂入ってくるから暇な奴は勝手に作ってみてくれ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/11(水) 01:07:32.57 ID:8pBnq8hI0
あのクオリティ見せつけられたら無理だなwww

スポンサーサイト
【2006/01/11 02:16】 | 〆(・ω・ ) ヨミモノ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今までやった最高の悪事 | トップ | 最悪な名前思いついたwwwwwwwww>>
コメント
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/226-946e5e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。