トマトペースト
<<サザエさんfrom10年後 第3話「タラオ~解放~」(後編) | トップ | 歴史上の偉人みたいな2ch語AA>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<サザエさんfrom10年後 第3話「タラオ~解放~」(後編) | トップ | 歴史上の偉人みたいな2ch語AA>>
夜神月 VS コナン その2
本家まとめサイト
http://www3.atwiki.jp/god-of-the-new-world/

なんたらの記事
夜神月 VS コナン その1
夜神月 VS コナン その2 ←いまココ
夜神月 VS コナン その3
夜神月 VS コナン その4
夜神月 VS コナン その5
夜神月 VS コナン その6
夜神月 VS コナン その7
夜神月 VS コナン その8
夜神月 VS コナン 番外編





※1 ◆lgM5g5h8ik氏が大幅修正したので、色々追加したり削除したりしますた

694 :1(最初に書いた変なところは修正しながら書いて行こうと思う):2006/03/09(木) 23:45:24.95 ID:vzF27q4U0
2005年12月6日夜

【Lの部屋】

ワタリ『・・・でありまして、毛利小五郎に連絡が取れた模様です。』
L『そうか分かった』
ワタリ『はい、では・・・』

L『・・・』

L【毛利小五郎・・・キラ事件への関連性は極めて低い。
  殺人事件の解決率・・・100%に近いと聞く・・・。
  事件の捜査にどれほど役(協力的)になってくれるか・・・。
  それにしてもキラ・・・なぜあの場で私を殺さなかったのかが
  やはり気にかかる・・・。】

727 :1(こっから大幅変更だ・・・):2006/03/10(金) 00:49:58.23 ID:tnpk3qX50
2003年12月7日(日)昼頃

【毛利探偵事務所】

眠そうに起きてくるコナン。

コナン『おはよぉ~』
蘭『おはよう、コナンくん。
  今日は起きる遅いね。』
コナン『うん・・・ちょっと考え事しててね。』

コナン【はは・・・キラ事件のこと考えてて
    寝るの遅くなったなんて言えないな】

コナン『あっ、おじさんは?』
蘭『あぁ、お父さんなら、事務所の方にいるわよ』
コナン『そっか。』

そういうと、コナンは自室に戻り
身支度をし、事務所の方へ向かった。

728 :1(こっから大幅変更だ・・・):2006/03/10(金) 00:50:26.25 ID:tnpk3qX50
コナン『おじさん、おはよう』
小五郎『あぁ、おはよう』

小五郎は新聞を読んでいた・・・
いつになく真剣な目で見ている。
キラ事件に対して目を通しているのだろう。

コナン【おっちゃん・・・】
小五郎『う~ん・・・やっぱしここは、この馬だな』
コナン『・・・』

ただ馬券の予想をしているだけだった。
そうして時間が過ぎていった。
そして、夕方近くになった。

小五郎『そろそろ時間だな・・・』
コナン『あれっ?おじさんどこか行くの?』
小五郎『あぁ、警視庁にな。』
コナン『もしかして、キラ事件のことで?』
小五郎『そうだ。』
コナン『・・・あの僕も』
小五郎『コナン!!お前は蘭と留守番してろ。』
コナン『あっ・・・はい・・・』

コナン【なろー・・・せっかくのチャンスなのに留守番かよ】

蘭とコナンは小五郎を見送った。

729 :1(正直眠い・・・):2006/03/10(金) 00:50:50.52 ID:tnpk3qX50
【警視庁】
小五郎『いやぁ~、目暮警部遅れてすいません』
目暮『いやっ、大丈夫だよ毛利くん。来てくれて嬉しいよ。』

そういうと、目暮は凶悪犯連続殺人特別捜査本部へと小五郎を連れて行った。

小五郎『へぇ~・・・懐かしいッスねぇ』

小五郎は以前刑事だった頃を思い出してつい口にだしてしまった。

目暮『毛利くん、見た前、あの人が今回の事件の捜査を指揮してい夜神総一郎だ。
    彼とは昔ながらの友人でな・・・』
小五郎『はぁ・・・』
目暮『おっと、話が長くなてしまったなスマナイ。コホン、そしてあちらにいるのがLだ。』
小五郎『・・・?』

目暮警部はパソコンがおいてある方を指した。

目暮『そして、その後ろにいるのがワタリという人だ』

そうして、立て続けに今回の事件を担当する刑事について一通り説明した。

730 :1(まとめサイト作ってくれた人・・・ドラえもん番外編は消しといてちゃんと修正してないから):2006/03/10(金) 00:52:06.03 ID:tnpk3qX50
目暮『まぁ、そういうワケだ。』
小五郎『はぁ・・・』
目暮『あっ・・・それと、毛利くん、君はここでは一応刑事ということになっとる。
    多かれ少なかれ、君のことを探偵と知ってる者はいるが・・・
    建て前では刑事だ。くれぐれも気を付ける様に。』
小五郎『はぁ・・・それはいいとして、あのー』
目暮『なんだね?』
小五郎『Lっていう人物の紹介がまだしてもらってないんですが?』
目暮『Lなら、さっき紹介したじゃないか』
小五郎『いやっ、どれですか?』
目暮『あそこだ、あそこ』

そういうと再びパソコンがおいてある所を指した。
傍らにはさっき説明した、ワタリがいる。

小五郎『・・・ワタリしかいませんよ。』
目暮『その横においてあるのがLだ。』
小五郎『・・・まさかパソコンですか?』
目暮『まぁ、そういうことだ』

小五郎はLという人物がパソコンの画面越しに
この捜査に協力しているということを知り
少し、ムッっとした。

そんな中でミーティングの時間になった。

740 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 01:17:07.67 ID:tnpk3qX50
ミーティングでは
被害者の傾向、Lから指示されていた犯罪者の死亡推定時刻。
そして、一般情報などが話された。

総一郎『うむ・・・これで一通りの報告は聞いたな・・・
     では、何か気づいた事や質問のある者』
小五郎『目暮警部・・・質問があるんですけどしてもいいですか?』
目暮『良いが・・・どんな質問をするんだね?』
小五郎『Lは何でパソコン越しにいるのかって聞きたいんですよ。』
目暮『ま、待ちたまえ!!Lは身の危険とかを考えてああいう手段を取ってるんだ!!』
小五郎『身の危険・・・探偵っていうのは
     いつでも身の危険に晒されるもの何すよ』

そう言って、手をあげようとする小五郎だったが、目暮警部に抑えられ手を中々挙げられない。
そんな中、1人の刑事が手を挙げた。

松田『あ、はい』
総一郎『なんだ?松田』
松田『これはキラを肯定する意味では絶対ありません・・・が・・・
    この数日、世界的に特に日本でですが、強盗以上の凶悪犯罪が激減しています。』

辺り一面が静かになった。

741 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 01:18:04.64 ID:tnpk3qX50
小五郎【あの馬鹿刑事・・・】
目暮【高木かと思ったわい・・・】

総一郎『まぁ、当たり前といえば当たり前の現象かもしれんな・・・
     他に何かあrものは?』

松田の意見を聞き、小五郎は挙手する気がなくなっていた。

総一郎『今日の捜査報告はこんな所です・・・L』
小五郎【L・・・】
L『お疲れ様です。また少し犯人に近づけた気がします・・・
  そして、また注文で申し訳ないのですが
  犠牲になった者が日本でどのような報道のされ方をしていたかをもう一度よく調べて頂きたい。
  知りたいのは犠牲になった犯罪者の写真や映像が出ていたかどうかです。
  よろしくお願いします。』
小五郎『目暮警部一体どういうことですか?』
目暮『う~む・・・犯人の顔を見て殺せるということかもしれんな・・・。』

そうして、ミーティングは終わった。
小五郎【L・・・たいした奴だ。】
そういうと、小五郎は探偵事務所に戻った。

744 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 01:26:36.58 ID:tnpk3qX50
【毛利探偵事務所】
蘭『お父さん、お帰りなさい』
小五郎『おう、ただいま』
コナン『おかえり、おじさん』

コナンはミーティングの詳細について聞きたくて
ウズウズしていた。
小五郎が夕食の時に
コナンは上手い話術でミーティングでの出来事を聞きだした。

コナン【L・・・安全な策をとっている。
    通信機器でこちらの情報を取得する・・・。
    ワタリっていう人物は、Lのガードマン的存在なのだろうか・・・。
    う~ん・・・やっぱし警視庁の会議に行ってみたい・・・。】

今日もキラ事件のを考えて
睡眠時間が減るコナンであった。





759 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 02:04:12.11 ID:tnpk3qX50
番外編(ドラえもん編)

2003年12月5日(金)

【のび太の家】

のび太『ドラえもん!!ドラえもん!!』
ドラえもん『何だい、のび太くん?』
のび太『この、このニュース見てみてよ!!』

テレビにはリンド=L=テイラーという人物が映っており
L vs キラという報道が流れていた。

のび太『最近、話題になっている
     キラ事件のニュースだよ!!』
ドラえもん『えー!!これは凄い!!』

テレビの中ではリンド=L=テイラーという人物が
キラを捕まえて裁くと力説している映像が映っていた。

のび太『カッコイイなぁ~
     僕もリンド=L=テイラーみたいになりたいなぁ~。』
ドラえもん『偉い!!じゃあ、今からしっかり勉強して警察官になろうよ!!』
のび太『そうだね!!じゃあ、早速勉強しよう!!』

そういうと、のび太とドラえもんは2階に行ってしまった。

テレビではリンド=L=テイラーという犯罪者が殺され、
本当のLが画面越しに喋っているのに気づかず・・・。

760 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 02:04:47.66 ID:tnpk3qX50
2003年12月6日(土)

【学校の帰り道】

のび太『しずかちゃん、一緒に帰ろう!!』
しずか『うん、のび太さん』
のび太『ねぇねぇ、昨日のL vs キラ のニュース見た?』
しずか『えぇ、見たわ』
のび太『僕、興奮しちゃったよ』
しずか『あたしもドキドキしたわ』
のび太『本当凄かったよね。あぁ、リンド=L=テイラー・・・尊敬しちゃうよね』
しずか『えっ?』
のび太『どうしたの、しずかちゃん?』
しずか『いえっ、なんでもないわ・・・』

しずか【リンド=L=テイラーって確か殺された人よね・・・
     それで犯罪者だった人・・・。
     何でそんな人尊敬してるのかしら・・・。】

761 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 02:05:10.61 ID:tnpk3qX50
しずか『のび太さん・・・リンド=L=テイラーのどこに尊敬したの?』
のび太『そりゃあ、彼の生き方だよ(悪人を裁くっていう)』
しずか『そ、そうなの・・・。あの人の行き方が尊敬できるんだ(犯罪者の生き方を・・・)』
のび太『うん、僕は将来、リンド=L=テイラーのような人物になるって決めたんだ!!』
しずか『のび太さん・・・』
のび太『昨日はね、あの報道の後、リンド=L=テイラーのようになるために
     たくさん勉強したんだ』
しずか『えぇ!?(泥棒の勉強かしら・・・)』
のび太『しずかちゃんが驚くのも無理ないよね。
     僕が自分から、そんなこと(勉強=算数とか国語)するなんて思わなかっただろうし。』
しずか『・・・本当にビックリだわ。』
のび太『あっ、そうだ!!今度、しずかちゃんに教えて欲しいな。(勉強のことを)』
しずか『あたし、そういうこと分かんないわ・・・』
のび太『うそだぁ~、いつもやってるじゃない。』
しずか『やってないわ・・・』

762 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 02:05:33.38 ID:tnpk3qX50
のび太『え~・・・そうだっけ。ま、いいや。じゃあ、出来杉に教えて貰おう。』
しずか『えっ!!出来杉さんてそんなことするの!?』
のび太『そりゃあ、彼ならしてるさ』
しずか『・・・嘘よ』
のび太『本当だよ。以前聞いた時毎日やってるって言ってたもん(勉強を)』
しずか『・・・』
のび太『いやぁ~、彼ならたくさん教えてくれそうだなぁ~・・・』
しずか『・・・』
のび太『あれ?しずかちゃん・・・』
しずか『のび太さんなんて知らない!!』

そういうと、のび太の顔にビンタを喰らわせて
しずかちゃんは走り去っていった。

のび太『えっ・・・一体なんなんだ?』

のび太が、その事実を知ったのは後のことであった。







770 :1 ◆lgM5g5h8ik :2006/03/10(金) 02:12:18.98 ID:tnpk3qX50
今日はもうガチで落ちます。
付き合ってくれた皆さんありがとうございました






夜神月 VS コナン その3

本家まとめサイト
http://www3.atwiki.jp/god-of-the-new-world/


スポンサーサイト
【2006/03/10 02:23】 | 〆(・ω・ ) ヨミモノ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サザエさんfrom10年後 第3話「タラオ~解放~」(後編) | トップ | 歴史上の偉人みたいな2ch語AA>>
コメント
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/427-5e3e128e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。