トマトペースト
<<( ^ω^)ブーンが精子になったようです | トップ | しずかちゃんが最終兵器になったようです その3>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<( ^ω^)ブーンが精子になったようです | トップ | しずかちゃんが最終兵器になったようです その3>>
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その2
( ^ω^)ブーンが精子になったようです
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その2 ← いまココ
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その3
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その4
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その5
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その6
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その7





120 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 00:10:21.47 ID:Dymb/mOdO
もう>>1は書く気全く無いと思われ
だれか作者変更して書くならまだしもそうじゃないなら落としたほうがいい

139 ::2006/04/03(月) 05:44:07.70 ID:5M9q8e4VO
一応作者だが続き書いた方がいいのかな?


143 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:02:30.71 ID:XZkSrVoU0
>>141
作者ktkr





145 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:03:12.83 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「まさか……あいつがこの異常の原因なのかお……?」


精子2467号「おいお前。そんな所にいたら死ぬぞ」
( ^ω^)「?なんでだお?」
精子2467号「お前知らないのか?あの噂……」
( ^ω^)「し……知らないお……」
精子2467号「……オレもよく知らないんだがここに幽霊が出るらしい……」
( ^ω^)「……幽霊?そんなものいる訳ないお」
精子2467号「まぁいいから聞けよ。なんでもその幽霊に近づくとそいつは一瞬こっちを向き煙のように消えてしまうんだ。そして幽霊を見た奴は100%死ぬらしい……」
( ^ω^)「………死ぬ?」

147 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:11:35.47 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「……見てしまったら死ぬしかないのかお?」
精子2467号「まぁ一つだけ生き残る方法があるらしいんだが………俺は知らないな」
( ^ω^)「……そんな話誰から聞いたたんだお?」
精子2467号「ほら、あそこに屋台があるだろ?そこの店主が言い触らしてるらしい」
( ^ω^)「……何だか気になるお…………」
精子2467号「まぁお前も見ないように気をつけな。もし見たまったらそこの屋台に行くんだな。店主が生き残る方法を知ってるらしい」
( ^ω^)「………どうも。」
精子2467号「じゃあな」

( ^ω^)「……とりあえず……屋台に行ってみるお」

148 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:23:02.43 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「……ここかお。「ラーメン屋もっこり」。……すごいネーミングセンスだお……
客は全然いないみたいだお」


――――――――――

( ^ω^)「ちょっといいかお?」

('A`)「いらっしゃぁい」
( ^ω^)「あ……ラーメン食べに来た訳じゃないんだお。ちょっと聞きたい事があるんだお」
('A`)「……あぁ。幽霊の話ねぇ?ボウヤ見ちゃったの?」
(;^ω^)(げ……。こいつオカマかよ。)
('A`)「可哀相ね……あなたあと12時間で死ぬわよ。」
( ^ω^)「……どうゆう事だお」
('A`)「あら……そのままの意味よ。惜しいわね……可愛いのに……」
( ^ω^)「………ぉぇ……」

150 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:30:44.80 ID:5M9q8e4VO
('A`)「でもねぇ……助かる方法が一つだけあるのよ」
( ^ω^)「……それは?」
('A`)「……教えてほしぃ?」
( ^ω^)「……当たり前だお」
('A`)「ダ~~~メ」

( ^ω^)「そうかお。じゃあさよなら」
('A`)「ちょっとアンタ待ちなさいよ!私の願いを叶えたら教えてあげようと思ってたのに!」
( ^ω^)「……アンタの願い?」
('A`)「そぅよ……勿論叶えてくれるわよね……」
( ^ω^)「……どんな願いだお?」
('A`)「んもぅ…(はぁと。わかってるくせにぃ~~」

( ^ω^)「……さよならだお」
('A`)「嘘よ!冗談に決まってるじゃない!!」

152 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:37:40.65 ID:5M9q8e4VO
('A`)「アタシの願いは………」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!

( ^ω^)「……!?」
('A`)「キィィィ!こんな時に!!ほらアンタ!!逃げるわよ!屋台押してちょうだい!」
( ^ω^)「……何で僕が持たなくちゃいけないお?」
('A`)「何よアンタ!私が死んだら助かる方法がわからなくなるのよ!?」
( ^ω^)「……やれやれだお……」



―――――――――――


('A`)「はぁ……はぁ……ようやく………おさまった……わね……」
( ^ω^)「はぁ……はぁ……はぁ……。この屋台…糞重いお……」

155 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:49:16.25 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「一体この屋台に何があるんだお?」
('A`)「……ラーメンに決まってるじゃない。」

( ^ω^)「………材料は?」
('A`)「え?言っていいのかしら?これからラーメン食べれなくなるわよ?」
( ^ω^)「……………」

('A`)「まぁそれは置いといて……私の願い叶えてくれるねよね?」
( ^ω^)「……まぁ一応」

('A`)「アタシの願いはただ一つ。ある男を捜して欲しいの。」
( ^ω^)「……そんなの不可能だお。大体もう射精されちゃったかも知れないのに………」
('A`)「それでも捜してちょうだい。じゃないとアンタ死ぬわよ」
( ^ω^)「………………特徴は?」
('A`)「う~~んと……いっつもショボクレた顔。」
( ^ω^)「……なるほど」
('A`)「……」
( ^ω^)「………」
('A`)「……」
( ^ω^)「……。まさか……これだけかお?」
('A`)「そうよ?」
( ^ω^)「わ……わかる筈ないお!!!」

158 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 06:56:14.48 ID:5M9q8e4VO
('A`)「はぃ!じゃあ頑張ってね!!バイバ~~~イ」

( ^ω^)「……」


――――――――――

( ^ω^)「とりあえず聞き込みだお……」



精子94323号「シラネーヨそんな奴」


精子134946号「?見たことないなぁ……」

精子64381号「フヒヒヒ!!!!」

精子51937号「うるせぇな……邪魔するなよ」

――――――――――

( ^ω^)「…………誰も知らないのかお‥‥。そりゃそうか……手掛かりがこれじゃあ…………」

159 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 07:12:29.22 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「…………糞……どこにいるんだお……そんな奴…。ショボクレた顔…………………………ショボクレた顔?」

( ^ω^)「……ショボンさんかお……。でもどこにいるのかわからないお…………。はぁ……」
――――――――――
精子62687号「ははは。それでさ~~」
精子346866号「え~マジマジ~~?……ん?」

( ゚)

精子62687号「………?何だあいつ。気味悪いな」精子346866号「ね~何かムカつくからボコろうよ~~~」


精子62687号「おいてめぇ!」
(  ゚)「………」
精子346866号「そこのアンタよ!」
精子62687号「無視すんなよ!こっち向け!」
(  ゚)「……」
精子62687号「…………え?」



( ゚Д゚ )ァァァァァアアア!!!!!!!!!!
―――――――――
( ^ω^)「……どこにいるんだお……ショボンさん……」


ギャァアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!
( ^ω^)「?」

161 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 07:28:32.29 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「………何か悲鳴が聞こえたような……。気のせいかお……?」

( ^ω^)「……しかし一体どこにいるんだお………」

シュッ……

(*'ω'*)「……」

( ^ω^)「……まったくあのオカマにも困ったもんだお……」←気付いてない
(*'ω'*)「……」
( ^ω^)「ブツブツ……」


「危ねぇぇ!!!」

( ^ω^)「!?」


(*'ω'*)「!」

( ^ω^)「こいつ!!!!!」

シュッ!

( ^ω^)「……また消えたお……」

( ゚∀゚)「ヨウ。危なかったナ」
( ^ω^)「あんたは……。」

163 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 07:39:52.50 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「とりあえず礼を言っとくお。……ところで何でここにいるんだお?」
( ゚∀゚)「病魔を追ってたらお前がいただけサ」
( ^ω^)「……病魔?」
( ゚∀゚)「ああ。今お前を襲った奴はウイルスの一種でね……人から人に伝染する病気なのさ。んでお前等のご主人様はそれに伝染しちゃったワケだ」
( ^ω^)「なんだ……幽霊じゃなかったのかお」
( ゚∀゚)「……幽霊?」
( ^ω^)「?知らないのかお?何でも見たら……」
( ゚∀゚)「おいおい勘弁してくれヨ……。俺は怖いのが苦手なんだ……」
( ^ω^)「………」
( ゚∀゚)「まぁ……ハハハ………。冗談はこれくらいにして本題に入ろう。」
( ^ω^)「本題?」
( ゚∀゚)「ああそうさ。あの病魔を消し去らないとご主人様もろともお前等精子は全滅しちまうぞ」
( ^ω^)「全滅……!?」

165 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 07:53:34.04 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「全滅って……どうしてだお?」
( ゚∀゚)「……最近ご主人様のオナニーの回数が異常だろ?一日に10回以上…………寝てる時も夢精しまくっている………しかも毎日だ。」
( ^ω^)「…………」
( ゚∀゚)「そのうちに精気と生気を奪われ……お前等精子が絶滅する。そして精子がいなくなった後はチンコから黒い液体が出てくる……」
( ^ω^)「う…………それは一体なんなんだお?」
( ゚∀゚)「黒い液体の正体はあの病魔さ…奴等はどんどん増殖する。」
( ^ω^)「!!一体だけじゃないのかお!?」
( ゚∀゚)「……。そして黒い液体は射精する時に激痛を伴う。それで人間はあまりにも痛すぎてショック死するらしい。」
( ^ω^)「……じゃあご主人様がオナニーしまくってるのも全部……」
( ゚∀゚)「病魔の仕業だ」
( ^ω^)「……」

170 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 08:09:25.86 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「ど……どうすればいいんだお!?」
( ゚∀゚)「まぁまぁ、こっからは俺と「ワクチン」の仕事だ」
( ^ω^)「……ワクチン?」
( ゚∀゚)「最近人間が開発に成功したらしい。いくらなんでもご主人様もおかしいと思うだろう。そして医者でワクチンを注射してもらう筈だ」

( ^ω^)「そのワクチンが注射されるとどうなるんだお?」
( ゚∀゚)「病魔を一気に壊滅出来るらしい。……つーわけでお前はただのんきに待ってるだけでいい。後は俺等が解決する」
( ^ω^)「……もしワクチンが来なかったらどうなるんだお?アンタに解決できるのかお?」
( ゚∀゚)「ははは。そりゃ無理だ。ワクチンが来なかったらゲームオーバーだ。そんな心配しなくても普通の人間なら医者に行くから大丈夫だ」
( ^ω^)「……」

171 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 08:18:16.84 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「ところでワクチンってどこに注射するんだお?」
( ゚∀゚)「へ?そりゃキンタマに決まってるじゃねえか」
(;^ω^)「ウェェ……」
( ゚∀゚)「あとは俺等が病魔を退治するまえにオナニーに巻き込まれないように注意しろよ。」
( ^ω^)「わかったお……」
( ゚∀゚)「…………………!!」
( ^ω^)「?どうしたお?」
( ゚∀゚)「どうやら病魔が出現したらしい…」
( ^ω^)「……そんな事わかるのかお?」
( ゚∀゚)「ああ。俺がセンサーの役目をしてワクチンがそれをやっつけるんだ」
( ^ω^)「………」
( ゚∀゚)「じゃあそろそろいくぜ。またな!オナニーに巻き込まれるんじゃねえぞ!!」

( ^ω^)「そっちこそ気をつけるお!」
( ゚∀゚)「余計なお世話だ!」

ブゥゥ……

( ^ω^)「……あのバイク欲しいお」

175 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 08:28:32.72 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「……でも何で僕にいろいろ教えてくれたんだお……?」


( ^ω^)「……まぁいいか……。結局幽霊じゃなかったんだし……。あのオカマの言う事きかなくてすんだお。……とりあえずワクチンが打たれるのを待つお…………」




―――――――――――
五日後

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!

精子346563号「畜生……またかよ……」
精子653671号「一体いつまで続くんだ……」
精子5442号「もう……ダメポ……」


( ^ω^)「……ワクチンはまだかお……。遅すぎるお……」

精子65631号「とりあえず逃げよう……」
精子606731号「……」

( ^ω^)「……みんな精子なのに精気がないお……このままじゃあ………」

178 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 08:36:03.60 ID:5M9q8e4VO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!


( ^ω^)「はぁ……最近休む暇も無くて体力が限界だお……もう動けないお……」

ドドドド!!

( ^ω^)「……?まだこんなに元気な精子がいるのかお……?一体誰だお……?」


('A`)「あら…?」

( ^ω^)「おぅ!?」
('A`)「ちょっとアンタ!」
( ^ω^)「ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!ごめんなさいだお!!!許してくれお!!!!」
('A`)「あ……ちょっと何逃げてんのよ待ちなさいよ!!!!!」

ドドドド!!


精子36913号「……元気だなあいつら」
精子491345号「……」

180 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 08:43:59.89 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「うわぁぁぁぁぁ!!!」

('A`)「キィーー!!!!!!!」

シュゥゥゥ……

( ^ω^)「オナニーがおさまったみたいだお…でも…もう……走れないお……」

('A`)「ハァハァ……ちょっとアンタ……何で生きてんのよ……」
( ^ω^)「え?何の事だお?」
('A`)「幽霊に会ったって言ってたじゃない!」
( ^ω^)「…あぁ。あれは幽霊じゃなくて病魔だったみたいだお……」
('A`)「……病魔ってなに?」
( ^ω^)「……言っていいのかお?」
('A`)「いいから言いなさいよ!!!」
( ^ω^)「は……はい……」

――――――――――

('A`)「……へぇ~~……病魔ねぇ……。でもおかしいじゃない?ワクチンはいつになったら来るのよ?」
( ^ω^)「……わかんないお……」

185 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 08:55:54.95 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「……そういえばこの前言ってた捜してほしい精子って……」
('A`)「あら?見つかったの?」
( ^ω^)「そういう訳じゃないけど……多分……ショボンさんだと思うお」
('A`)「……アンタ……知ってるの?」
( ^ω^)「まぁ知り合いみたいなもんだお」
('A`)「……それで?あの人は生きてるワケ?」
( ^ω^)「この前あったし多分元気だと思うお」
('A`)「……それだけ聞けば充分よ。」
( ^ω^)「一つ‥‥聞いていいかお?」
('A`)「何?」
( ^ω^)「ショボンさんとどうゆう関係なんだお?」
('A`)「決まってるじゃない。夫婦よ、ふ う ふ!」
( ^ω^)「!!じゃあ………まさかショボンさんはホモ!?」
('A`)「さぁね。あの人はどうかしらね?」
( ^ω^)「オゲェ……」

194 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 09:07:14.42 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「とりあえず……これからどうするお?」
('A`)「待つしかないわね。そのワクチンとやらが来るまで」

( ^ω^)「……はぁ……いつになったらこのオナニー地獄から解放されるんだお……」
('A`)「まぁ何とかなるわよ!!ウシャシャシャ!!」
( ^ω^)「……何でそんなに元気なんだお?」
('A`)「え?あぁ……元気の秘訣しりたい?」
( ^ω^)「……別に」
('A`)「そんなに知りたい!?しょうがないわね……」
( ^ω^)「……」
('A`)「元気の秘訣はこのラーメンよ!」
( ^ω^)「……じゃあ……さよなら」
('A`)「待ちなさいよ!!無理矢理にでも食べないとアンタそのうちオナニーに巻き込まれて死ぬわよ!」
( ^ω^)「……どっちにしてもそんなおぞましい色と匂いのラーメン食べたら死んでしまうお」
('A`)「失礼ね。見た目はともかく味はおいしいわよ!」

197 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 09:15:05.50 ID:5M9q8e4VO
('A`)「さぁ!早く食べるのよ!」
( ^ω^)「や……やめてくれお!!」
('A`)「死にはしないから大丈夫よ!」
( ^ω^)「や………やめろぉぉぉぉ!!!!!!!!!!」



( ^ω^)「ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!ギアカナタサタハナタキタニタサタ!!!!!!」


('A`)「……あらまぁ…」
( ^ω^)「……死………ぬ」

('A`)「……気分はどう?」
( ^ω^)「……最悪だお……。……ん?
‥‥あれ?何か力がみなぎるお……!」
('A`)「へぇ……運がいいわねアンタ」
( ^ω^)「……運がいい?」
('A`)「そうよ。今食べたのは死ぬかパワーアップするかの二つに一つのラーメンなのよ」
( ^ω^)「な……なんでそんな不気味なラーメン食わせるんだお!」
('A`)「まぁいいじゃない!パワーアップしたんだしさ!」
( ^ω^)「……………」

201 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 09:21:36.31 ID:5M9q8e4VO
('A`)「よし!元気になった事だし行きましょうか!」
( ^ω^)「……どこに?」
('A`)「決まってるじゃない。病魔退治よ」
( ^ω^)「え!?」
('A`)「ワクチンが来ないんならアタシ達が退治すればいいじゃない」
( ^ω^)「そんな!死んじゃうお!」
('A`)「大丈夫よ!今のアンタなら」
( ^ω^)「そんなの信じられないお!」
('A`)「……そんなに信じられないならタロットカードで占ってあげるわよ」
( ^ω^)「……精子が何でそんなもん持ってるんだお……」
('A`)「さぁ!引いてちょうだい」
( ^ω^)「………じゃあ…それ……」
('A`)「これね?なになに……」


「死」



( ^ω^)「………」
('A`)「…………」

204 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 09:29:47.62 ID:5M9q8e4VO
シーン……

('A`)「………今日は……止めにしましょうか……」
( ^ω^)「………」
('A`)「とりあえず今日からアタシと行動を共にしてもらうわよ」
( ^ω^)「……何でだお?」
('A`)「あのラーメン作るの大変なのよ……」
( ^ω^)「…無理矢理食べさせたくせに……」
('A`)「なんか言った?」
( ^ω^)「いえ……………」
('A`)「今日は遅いからもう休むわよ。明日からラーメン屋手伝ってね」
( ^ω^)「……病魔退治じゃないのかお?」
('A`)「まぁ病魔退治はいつかね」
( ^ω^)「……………」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!

( ^ω^)「!!」
('A`)「……あと屋台引きもお願い」
( ^ω^)「………」

208 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 09:41:36.26 ID:5M9q8e4VO
―――――――――――( ^ω^)「……お客さん……来ないお……」

('A`)「うるさいわね。そんなもんよ」
( ^ω^)「…………………………」

「ナンダこりゃあ?屋台?」

( ^ω^)「?」

( ゚∀゚)「おい。ここは何……」
( ^ω^)「………」
( ゚∀゚)「……お前…」
( ^ω^)「いらっしゃいだお」
( ゚∀゚)「……何やってんだ?」
( ^ω^)「……そっちこそ何やってるんだお?てゆうかワクチンはいつ来るんだお?」
( ゚∀゚)「あ~………ワクチンはな……」

('A`)「誰アンタ?」
( ゚∀゚)「うお!お前病魔か!?」
('A`)「失礼ね。誰が病魔よ。ブーン誰よこいつ」
( ^ω^)「この前話した精子だお」
('A`)「あ~あんたが例の……」
( ゚∀゚)(なんだこのオカマ)

214 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 09:50:59.33 ID:5M9q8e4VO
('A`)「ちょっとアンタ!ワクチンはいつ来るのよ。」
( ゚∀゚)「あ~……ワクチンはな……もう来たんだが……」

( ^ω^)「?もう来てるのかお?じゃあ何で異常が治らないんだお……?」
( ゚∀゚)「……何と言うかその……病魔が新種らしくてな……ワクチンの攻撃が通じないんだ。」
( ^ω^)「………」
('A`)「……そのワクチンはどこにいるのよ……」
( ゚∀゚)「あ……ああ……やられちまった……」

( ^ω^)「!!!」
('A`)「なんですって!?話が違うじゃない!」
( ゚∀゚)「ハハハ……」
('A`)「ハハハ……じゃないわよ!どうするのよ!」
( ゚∀゚)「ん~………」

233 ::2006/04/03(月) 11:44:01.53 ID:5M9q8e4VO
( ゚∀゚)「ま、とりあえず何か食いながら話そうか。ここ屋台なんだろ?食いもん出してくれよ」

( ^ω^)「……こんな大変な時によく食えるお……」
('A`)「まぁいいわよ。まだ何か方法があるんでしょ?」
( ゚∀゚)「まぁな。話すから早く飯を出してくれよ」
('A`)「………」

――――――――――
('A`)「へいお待ち!!」
ドン!

( ^ω^)(!あれはパワーアップラーメン……!まさか食べさせるつもりかお!?)

( ゚∀゚)「……おい。何だこりゃあ………。オレは食い物が欲しいんだ。
誰が妖怪を出せって言ったんだよ……」
('A`)「あ…アタシの作ったラーメンが妖怪ですって!?」

( ^ω^)「……………」

236 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 11:50:15.37 ID:5M9q8e4VO
( ゚∀゚)「……やっぱいらねぇ………」
('A`)「食べなさいよ!!」
( ゚∀゚)「いらねぇよ!」
('A`)「じゃあ無理矢理食べさせてあげるわ!!」
( ゚∀゚)「何!?やめろ!腕を掴むな!」
('A`)「大丈夫よ!多分」
( ゚∀゚)「このオカマ何て怪力だ……!やめろ!おい!助けてくれ」

( ^ω^)「大丈夫だお!パワーアップするお!」
( ゚∀゚)「パワーアップなんかしなくていいから助けてくれ!!!た………」


ギャァアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!

241 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 12:01:36.42 ID:5M9q8e4VO
―――――――――――


( ゚∀゚)「……………死ぬかと思ったぜ……」
('A`)「感謝しなさいよ。貴重なラーメン食べさせてあげたんだから」
( ゚∀゚)「……しかし本当に力がみなぎるな…。材料は何が入ってるんだよ?」
( ^ω^)「……聞いたら一生後悔するお」

( ゚∀゚)「……やっぱいい……」

('A`)「それで?その方法って何なのよ?」
( ゚∀゚)「あぁ……その方法ってのは人間が新しいワクチンを開発するまで待つ事だったんだが……」
( ^ω^)「……そんなの待ってる間に僕達が死んじゃうお……」
( ゚∀゚)「まぁ話は最後まで聞けよ。
んでな……このラーメンがあれば新しいワクチン待つ必要ないみたいだ」
('A`)「?どうゆう事よ」
( ゚∀゚)「つまりだな……このパワーがあれば俺達が直接病魔を退治できると思う」
( ^ω^)「……マジかお?」
( ゚∀゚)「ああ。大マジさ」

245 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 12:11:17.03 ID:5M9q8e4VO
('A`)「アンタ達感謝しなさいよ!アタシのお陰で助かるかもしれないのよ!」
( ^ω^)「は~~い……」
( ゚∀゚)「とりあえずだな……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

( ^ω^)「……とりあえず逃げるお……」
('A`)「……屋台ちゃんと持ってきてね……」
( ゚∀゚)「よし。じゃあお前等オレのバイクに乗れ!」

('A`)「屋台はどうするのよ」
( ^ω^)「紐で引っ張れば大丈夫だお」




( ゚∀゚)「おい、もっとつめろよ」
('A`)「うるさいわね!小さいんだから仕方ないでしょ!?」
( ^ω^)「……わざわざバイクに乗らないで屋台の屋根に乗ればいいと思うお」
( ゚∀゚)「………」
('A`)「……」

247 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 12:18:05.63 ID:5M9q8e4VO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!


精子36791号「はぁはぁ……。糞…まだおさまらないのか……」
精子649312号「おい!何か近づいてくるぞ!」
精子67964号「……?」

ブォォォ…………


( ^ω^)「うぉぉ!!!!」
('A`)「ちょっと!もっと安全に運転しなさいよ!」
( ゚∀゚)「お前等暴れるな!!」
('A`)「なんですって!?大体……」

ギャーギャー!!!


ブォォォ……

精子346798号「………………」
精子24197号「…………」

252 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 12:41:02.06 ID:5M9q8e4VO
( ゚∀゚)「ふぅ……おさまったか………」

('A`)「それで?今から病魔退治するの?」
( ゚∀゚)「いや……なるべく体力が完全な時に挑みたい。今日はもう休もう。」
( ^ω^)「それがいいお。」


( ゚∀゚)「そういや……お前等の名前まだ聞いてなかったな。教えてくれよ」


('A`)「あたしはドクオよ」
( ^ω^)「僕はブーンだお!」

( ゚∀゚)「ドクオにブーンか………。オレはヘ………じゃなくてジョルジュだ。よろしく頼むよ」

( ^ω^)「よろしくだお」
('A`)「じゃあそろそろ寝ましょうか。」

254 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 12:49:31.74 ID:5M9q8e4VO
―――――――――――


グオー!!!!!グオー!!!!!

( ^ω^)「………イビキがうるさくて寝れないお……。ジョルジュかお?」


('A`)「グオー!!!!!!グオー!!!!!!」
( ゚∀゚)「スー………」

( ^ω^)「……ジョルジュの方がよっぽど女らしいお…………」


( ^ω^)「……ちょっと散歩に行くお…………」


―――――――――――
( ^ω^)「……………ん?」

コッチヲミロ

( ^ω^)「……誰だお?誰かいるのかお?」

コッチヲミロ……

( ^ω^)「い………いたずらはやめるお………」

257 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 12:54:41.77 ID:5M9q8e4VO
コッチヲミロ………


( ^ω^)「………こっちを見ろって……?」


コッチヲミロ……



( ^ω^)「……気味が悪いお……屋台に帰るお……」


( ^ω^)「………?あの人あんなとこで何やってるんだお?」

(  ゚)「……」

( ^ω^)「……あの~……!?」



( ゚Д゚ )コッチヲミロォォォォ!!!!!!!!!!



ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!

263 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:05:39.41 ID:5M9q8e4VO
('A`)「グオー!!!!!………ほへ?」

( ^ω^)「デタァァァァァァァァァァァァァア!!!!!!!!!!」
('A`)「キャァァァァァァ!!!!!!!!!!」
( ゚∀゚)「……ん?」

――――――――――
('A`)「あ~びっくりした……。どうしたのよ一体」
( ^ω^)「でででででででたんだお…………」
( ゚∀゚)「?落ち着けよ。何が出たんだ?」
( ^ω^)「ゆゆゆゆゆ…………」
('A`)「ゆ?」
( ^ω^)「幽霊がでたんだお!!!!!!」

( ゚∀゚)「………………」
('A`)「……」

( ^ω^)「早く逃げるお!」


('A`)「ギャーッハハハハハハハハ!!!!!!!!!幽霊なんているわけないじゃない!寝ぼけてたのよ!!」
( ^ω^)「でも……本当に……。ドクオの言ってた幽霊が出たんだお」
('A`)「あのね……あんなの嘘に決まってるじゃない。ジョルジュも何か言ってよ」

( ゚∀゚)「…………」
( ^ω^)「……?」
('A`)「………あらやだ。気絶してるわ」

267 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:14:11.48 ID:5M9q8e4VO
――――――――――


('A`)「ブーンのお陰でよく眠れなかったわ……」
( ^ω^)「ごめんだお……………」
( ゚∀゚)「……じゃあ………いこうか……」




――――――――――

( ^ω^)「……こっちでいいのかお?」
( ゚∀゚)「ああ。オレのセンサーに間違いはない。」
('A`)「……お腹減ってきたわね。ラーメン食べる?」
( ^ω^)「遠慮しとくお……」
( ゚∀゚)「…………オレも」
('A`)「遠慮しなくていいのに……」

( ゚∀゚)「……!!静かに!」
( ^ω^)「!いたのかお!?」
( ゚∀゚)「………いた!あいつだ!!」

(*'ω'*)「………」

271 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:23:10.31 ID:5M9q8e4VO
( ゚∀゚)「静かに……音をたてるなよ……」
( ^ω^)「………」
('A`)「……」
( ゚Д゚ )「………」


( ^ω^)「え!?」
('A`)「?どうしたの?」
( ^ω^)「いや……何でもないお……」

( ^ω^)(……誰かもう一人いたような気がするけど気のせいかお……?)


( ゚∀゚)「よーし……ドクオ…。ラーメンをくれ……」

('A`)「パワーアップラーメンならもうないわよ」

( ゚∀゚)「いや、普通のラーメンでいい。」
( ^ω^)「?」
('A`)「……ハイどうぞ。」

( ゚∀゚)「お前達はそこにいろ……」
( ^ω^)「!?一人じゃ危ないお!」
( ゚∀゚)「いいからいいから」

273 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:31:05.50 ID:5M9q8e4VO
('A`)「大丈夫かしら……」
( ^ω^)「ジョルジュを信じるお……」


(*'ω'*)「……」

( ゚∀゚)「……ソーっと………」


(*'ω'*)「……」

( ゚∀゚)「よし……。くらえ!!!!!」

(*'ω'*)「!?」

バシャァ!!!!

( ^ω^)「ラーメンを病魔にかけた!?」
('A`)「キャァァァァァァ!!!アタシのかわいいラーメンがぁぁ!!!!!!!!!!」


(*'ω'*)「ウ………ガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!」

( ゚∀゚)「よーし成功だ!!」
( ^ω^)「……病魔が溶けていくお……」
('A`)「……なんでよ?」
( ゚∀゚)「オレの予想通りだ。やっぱりドクオが作るラーメンは猛毒だったんだな」
('A`)「なんですって!?」

275 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:38:15.18 ID:5M9q8e4VO
( ^ω^)「どうゆう事だお?ドクオの作るラーメンが猛毒なら僕達はとっくに死んでるお」

( ゚∀゚)「……ブーンとオレはパワーアップラーメンしか食べてない………。つまり元々パワーアップラーメンは超うまいんだよ。しかしドクオが手を加えたから激マズになってしまった……
超うまいパワーアップラーメンが加わってもあのマズサだ……だから何も加えてないドクオの作ったラーメンは猛毒になるほどまじかったんだ!」

('A`)「嘘よ!そんなの!アタシ食べてもなんともなかったわよ!!!」

( ^ω^)「……そりゃあドクオは何食べても大丈夫だお」

280 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:45:09.23 ID:5M9q8e4VO
( ゚∀゚)「まぁ実際には猛毒じゃないだろうけどな………。病魔にとっては猛毒だったんだろう……」
( ^ω^)「……………」
('A`)「…………」
( ゚∀゚)「ところで一体何を入れたんだ?」
('A`)「え?ピーとねピーとかピーとかピーよ」
( ゚∀゚)「……お前……………………」

('A`)「いいじゃない!病魔をやっつけたんだし!これで一件落着よ!」

( ^ω^)「………ん?」


モゾモゾモゾモゾ……………

(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)



( ^ω^)「!!」
('A`)「!!」
( ゚∀゚)「!!」

284 :VIPがお送りします :2006/04/03(月) 13:51:36.62 ID:5M9q8e4VO
( ゚∀゚)「……これは予想外だった……」

('A`)「どどどどうすんのよ!!!!!!!!増えちゃったじゃない!!!!!」
( ^ω^)「あ……病魔が!!!!!!」

シュ!シュシュシュ!!!!!


('A`)「あ……みんな逃げちゃった………」


( ゚∀゚)「…………」


( ^ω^)「……ジロ」
('A`)「………ジロ」

( ゚∀゚)「ハハハハ……………」





287 ::2006/04/03(月) 13:59:05.29 ID:5M9q8e4VO
一旦休憩するお……

次は夜くらいに書くと思うお……



( ^ω^)ブーンが精子になったようです その3
スポンサーサイト
【2006/04/03 15:27】 | 〆(・ω・ ) ヨミモノ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<( ^ω^)ブーンが精子になったようです | トップ | しずかちゃんが最終兵器になったようです その3>>
コメント
イミワカンネ('A`)
【2006/04/03 13:48】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
1ゲト
【2006/04/03 13:50】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
てかなんだコレ^^;
【2006/04/03 13:52】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
意味は分かるだろ
続きマダー
【2006/04/03 17:01】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
けっこーwktkしてるwww
【2006/04/03 19:23】 URL | 悟る通りすがり #79D/WHSg[ 編集]
スレも現在、>>1待ちの保守中ですよ
もちっと待ってくださいね^^^^
個人的にはしずかちゃんの方もwktkなんだが
【2006/04/03 20:48】 URL | キティ@中野人 #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/519-92160b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。