トマトペースト
<<( ^ω^)ブーンが精子になったようです その3 | トップ | ( ^ω^)ブーンが精子になったようです その5>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<( ^ω^)ブーンが精子になったようです その3 | トップ | ( ^ω^)ブーンが精子になったようです その5>>
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その4
( ^ω^)ブーンが精子になったようです
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その2
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その3
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その4 ← いまココ
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その5
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その6
( ^ω^)ブーンが精子になったようです その7





499 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 05:16:59.93 ID:1AQVlUnkO
ドクオ&ショボン視点

('A`)「はぁ……」
(´・ω・`)「?どうしたのかな?」
('A`)「いや……なんでも……」
(´・ω・`)「そうか……………」

('A`)「…………」
(´・ω・`)「………」
('A`)(き……きまずい……)
(´・ω・`)「……」
('A`)「そういえばどこを捜せばいいんです?」
(´・ω・`)「ん~……それは歩きながら考えよう………」
('A`)「…………」

( ゚Д゚ )「………」

('A`)「ハゥァ!?」
(´・ω・`)「!?……どうしたんだい?」
('A`)「あ……いや‥‥今誰かいたような…………。」

502 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 05:26:17.46 ID:1AQVlUnkO
('A`)「………とりあえずそこら辺にいる精子に聞き込みしましょうか……」
(´・ω・`)「そうだね……」


――――――――――
('A`)「あの~~精子1号様ってどこにいるか知りませんか?」
/',З「ホゲェ……?精子1号?それならワシのことじゃよ!!ムヒョヒョヒョ!!!!!」
('A`)(……まぁ……ただの酔っ払いね……)
/',З「ウヒョヒヒョ!それでワシに何の用じゃ!!!」
('A`)「いや……もういいです」
/',З「?なんじゃつまらん……」



(´・ω・`)「どうだった?」
('A`)「ただの酔っ払いですよ。早くいきましょう」

506 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 05:35:32.28 ID:1AQVlUnkO
ブーン&ジョルジュ視点

( ゚∀゚)「と言っても手掛かり無しじゃなぁ……」
( ^ω^)「……屋台の場所なら知ってるお」

( ゚∀゚)「!?どこにあるんだ!?つか何でお前知ってるんだよ!」
( ^ω^)「まぁいろいろと……」
( ゚∀゚)「……まぁいいや。とりあえず屋台を持ってこようぜ。それがあれば精子1号様とやらをおびきだせる筈だ」
――――――――――

( ゚∀゚)「お!あれだな!」
( ^ω^)(……?今日は病魔がいないお。でも丁度いいお)
( ゚∀゚)「さて、持ってくか……」

ガラガラガラガラ…………
――――――――――

(*'ω'*)「まったく病魔集会は長いっぽ!もっと早くしてくれっぽ!!」

(*'ω'*)「……あれ?屋台が……………」

508 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 05:41:56.30 ID:1AQVlUnkO
ガラガラガラガラ……

( ゚∀゚)「……しかしちょっと見ない間に重くなったな……しかも店の名前まで変わってるし……」

( ^ω^)「ちんぽっぽラーメン………」

( ゚∀゚)「お!屋台の中改装されて広くなってらぁ!今日からここで寝泊りできるな!」
( ^ω^)「……病魔がちょっとかわいそうだお‥」
( ゚∀゚)「?何かいったか?」
( ^ω^)「空耳だお」
( ゚∀゚)「そうか……」



/',З「ありゃ……あの屋台は……」

/',З「おーい!そこのガキ共!!」

( ゚∀゚)「……なんだありゃ?」
( ^ω^)「あ!!あのジーサンは……!!」

512 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 05:50:11.90 ID:1AQVlUnkO
/',З「久しぶりじゃなぁぁ!!!」
( ^ω^)「……まだ一日も立ってないお……」
/',З「うひょひょ!!そうかぁ!?」

( ゚∀゚)「おいブーン‥‥‥誰だよこの酔っ払い……」
( ^ω^)「昨日知り合ったジーサンだお。悪い人じゃないお」

/',З「うひゃひゃひゃ!とりあえず酒を飲ましてくれ!」
( ゚∀゚)「……悪いけど今から用事があるんだ。」
( ^ω^)「そうだお。精子1号……」
/',З「堅い事はなしじゃあ!!!!」
( ゚∀゚)「あ!こら!屋台に乗り込むな!やめろ!せっかく病魔退治の手掛かりが……」
/',З「…………?病魔退治?」
( ゚∀゚)「ジーサン病魔を知ってるのかい?」
/',З「うむ……しかし何故病魔を退治するんじゃ?」

( ゚∀゚)「……はぁ?当たり前だろ?病魔を退治しないとこの異常がずっと続いてご主人様が死んじまうんだぞ?」
( ^ω^)「……………」

516 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 05:56:37.26 ID:1AQVlUnkO
/',З「……お前さんちょっと勘違いしとらんか?そもそも病魔は……」



ブォォォォォォォォォン!!!!!!

( ゚∀゚)「!?なんだこの振動は」
( ^ω^)「うわぁぁぁ!!!!!!!!!!」
/',З「ま……まさかご主人様は自分のキンタマに電動ハブラシをあててオナニーをしてるのでは?」
( ^ω^)「な……なんだって!!!!!」
( ゚∀゚)「うぉぉぉ!!すごい振動だ……立てねえ……」

びくびく!!

/',З「む!!!そろそろイクらしい!お前達早く逃げるんじゃ!!!」

( ゚∀゚)「お……おう……ジーサン気をつけてな!!」
/',З「ワシは空を跳べる大丈夫じゃ!」

( ^ω^)「……空を跳べるって……何故に……」
( ゚∀゚)「いいから早く逃げるぞ!」

520 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:01:38.71 ID:1AQVlUnkO
ドクオ&ショボン視点


ブォォォォォォォォォン!!!!

('A`)「きゃぁぁぁ!!!!」
(´・ω・`)「ドクオ君!早く逃げるぞ!」

('A`)「はい……!」

(´・ω・`)「!!ドクオそこは危ない!!!」
('A`)「え?」

ドン!!


('A`)「ショボンさん!!!!」

(´・ω・`)「早く……逃げるんだ!!!!!ドクオ!!!」

('A`)「ショボンさん!!!!!!」

(´・ω・`)「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

('A`)「シ…………………………ショボンさぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

シュゥゥゥ……………

528 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:08:10.25 ID:1AQVlUnkO
( ^ω^)「……!!!」
( ゚∀゚)「……?どうした?」


( ^ω^)「今一瞬……ショボンさんの声が聞こえたお……」

( ゚∀゚)「へ?オレには聞こえなかったぞ?」
( ^ω^)「………多分………空耳だお………」

( ゚∀゚)「………………」


/',З「やれやれ……空を飛ぶのはしんどいのぉ…………」


( ^ω^)「あ……ジーサン……」
/',З「……?どうしたんじゃ?」

531 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:15:49.09 ID:1AQVlUnkO
――――――――――
――――――――――
――――――――――
ゴォォォ!!


(´・ω・`)「…………?ここは……?」

精子6496号「よお……あんたも吸い込まれたのか……」

(´・ω・`)「……そうか……私は吸い込まれて……。今は尿道か……」

(´・ω・`)「……死ぬ前に外の景色を見れるのがせめてもの救いだな………」


精子26713号「そろそろ……終点だ……」

(´・ω・`)「…………………………」


バァ………


(´・ω・`)「………今度生まれ変わるなら……また……精子に……」

バシャァァァァ!!!!!!!!!!

――――――――――
('A`)「うう……ショボンさん……」

534 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:21:40.60 ID:1AQVlUnkO
――――――――――
( ゚∀゚)「ま……まぁまだ死んだと決まったわけじゃない。」
( ^ω^)「……そうだお……今はショボンさんの無事を祈るお………………」
/',З「まぁ酒でも飲みなされ」
( ^ω^)「うう……」

グビグビ!!!!

/',З「おお!いい飲みっぷりじゃあ!さぁどんどん飲むんじゃあ」
( ^ω^)「…………グス」

グビグビグビグビグビグビ!!!!!!!!!!

( ゚∀゚)「お……おいお前ら……」
/',З「アンタも飲みなされよ!!!」
( ゚∀゚)「ギャア!!!!!やめろ!」

/',З「ウヒョヒョ!!!」
( ^ω^)「……」

542 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:32:53.45 ID:1AQVlUnkO
―――――――12時間後




( ^ω^)「ウヒヒヒヒヒ!!!!」
( ゚∀゚)「ギャハハハハ!!!!」
/',З「フヒョヒョヒョ!!!!」
( ^ω^)「もっと飲めお!!!」
( ゚∀゚)「飲んでるぜぇい!!!!!」
/',З「酒はどこじゃぁぁぁ!!!!!」

( ゚∀゚)「ギャハハハハ!!!!!!」

( ^ω^)「……?いつのまにか暗くなってるお。もう夜かお……」
( ゚∀゚)「……んはぁぁ?あぁ………もうそろそろ精子1号とか捜さなきゃいけねぇなぁぁ………」

/',З「精子一号ぅぅ?????なんじゃ!ワシを捜してたのかぁぁぁい?」
( ^ω^)「えひ?アンタが精子1号かおぉ?」

( ゚∀゚)「あーっはははは!!!!!!!こりゃいいや!このジーサン連れていくぜ!!!」
( ^ω^)「そうするぉぉ!!!!!」

545 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:36:38.42 ID:1AQVlUnkO
( ^ω^)「じゃあそろそろ屋台持って約束場所にでもいくおぉ!!!」

( ゚∀゚)「うひゃひゃ!そうだな!」
/',З「フヒヒ!レッツゴ~じゃ!!!」


ガラガラガラガラ…………………

( ^ω^)「あ~すっかり酔ったおぉ」
( ゚∀゚)「まぁいいじゃぬぇかぁ……精子一号とやらも見つかったし……」
/',З「そうじゃよ~………ひひ!」




シクシク……



( ^ω^)「!!!!!!!!!!」

547 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:40:20.01 ID:1AQVlUnkO
シクシク……

( ^ω^)「……………」

( ゚∀゚)「あれぇ?何か言ったか?ブーン」

( ^ω^)「まさか………」
/',З「?なんじゃこのすすり泣くような音は…」

シクシク………


( ゚∀゚)「は………はは…………」
( ^ω^)「……ききき気のせいだお……」
/',З「……」

シクシク……


シクシク……

552 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:44:52.95 ID:1AQVlUnkO
/',З「まさかこれは………妖怪小泣きババァ…………!?」
( ゚∀゚)「よよよ妖怪!」

( ^ω^)「そんなわけ……ないお……ただの悪戯だお……」


シクシク……

( ゚∀゚)「ありゃ……??あんな所で女の子が何をしてるんだ?」

( ^ω^)「!!!!!」

/',З「…………………………」

555 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:52:04.04 ID:1AQVlUnkO
( ゚∀゚)「よぉ。お前何やってんだ?」

「ないの…………」

( ゚∀゚)「?何がないんだ?」




ξ゚?゚)ξ武器がないのよぉぉぉぉ!!!!!!!!!!


( ゚∀゚)「アンギャァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!でたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!妖怪小泣きババァ!!!!!!!!!!」

( ^ω^)「は……離れるおジョルジュ!!!!!!!!!!殺されるお!!!!!!!!!!」

( ゚∀゚)「妖怪退散妖怪退散!!!!!!!!!!ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!」
( ^ω^)「ジョルジューーーーーーーー!!!!!!!!!!」

ξ゚?゚)ξ「……ちょっとアンタ等……誰が妖怪子泣きババァよ!!!!!」

( ゚∀゚)「うるさい!妖怪はみんなそう言うんだ!!!!!!!!!」
( ^ω^)「……?」

560 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 06:58:45.97 ID:1AQVlUnkO
/',З「おお……こりゃ随分とめんこいワクチンじゃの~……」
( ゚∀゚)「……へ?ワクチン」
( ^ω^)「幽霊じゃないのかお?」

ξ゚?゚)ξ「私のどこが幽霊に見えるのよ!!!」

( ゚∀゚)「……夜中にシクシクうずきまってるお前が悪いと思うんだが……」
ξ゚?゚)ξ「うるさいわね!探し物をしてたの!」

( ^ω^)「……探し物?」
ξ゚?゚)ξ「……」

( ^ω^)「?」
ξ゚?゚)ξ「アンタ……この前あったわよね……」
( ^ω^)「へ?」

バキィ!!!


( ^ω^)「痛いお……いきなり何するんだお……」

565 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 07:07:35.91 ID:1AQVlUnkO
ξ゚?゚)ξ「当然よ!!あんたこの前私を幽霊よばわりして逃げたでしょう!?」

( ^ω^)「……幽霊みたいな事するから見間違ったんだお……」

/',З「んで?何を探してるんじゃ?」
ξ゚?゚)ξ「さっきから言ってるでしょ!武器よ ぶ き!!!!!」

( ゚∀゚)「なに!?お前ワクチンのクセに武器をなくしたのか!?」

ξ゚?゚)ξ「なくしたんじゃないわ!落としたのよ!!」
( ゚∀゚)「お………同じだろうが!!」
/',З「まぁまぁ……とりあえず集合場所にこの娘を連れて行けばいいじゃないか」
ξ゚?゚)ξ「なんでよ!こんな酔っ払いといたくないわ!」
( ^ω^)「………武器を一緒に探してあげようと思ったけどこんなに元気なら必要ないみたいだお」
( ゚∀゚)「そうだな。じゃあな」

ξ゚?゚)ξ「ちょ…ちょっと!!」

569 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 07:15:55.50 ID:1AQVlUnkO
ξ゚?゚)ξ「ちょっと待ちなさいよ!」

( ^ω^)「僕たち酔っ払いだから言葉わかんないおぉお~~」
( ゚∀゚)「そうだなぁぁ~俺達酔っ払いだもんなぁぁ~~~~ウヒヒヒヒヒ!!!!」

ξ゚?゚)ξ「……………く……。いいわよ!一人で探すから!アンタ達なんかオナニーに巻き込まれて死んじゃえ!!」

( ゚∀゚)「な……なんだと!不吉な事言うなこのアマ!」

ξ゚?゚)ξ「キャァ!!寄らないでよ!酒臭いから」

( ゚∀゚)「ムギギギ……!!!いくぞブーン!ジーサン!」
( ^ω^)「…あの娘強情っぱりだお……」
/',З「いいのか?」
( ゚∀゚)「知らん!」

ξ゚?゚)ξ「ベーッ!!!」

/',З「……」

575 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 07:24:48.93 ID:1AQVlUnkO
―――――――――――――――――


集合場所


( ^ω^)「ちょっと早かったかお?」
( ゚∀゚)「ドクオとショボンはもういるかな……?」

('A`)「…………」

( ^ω^)「あ!ドクオだお!おーい!!」

('A`)「………!あら……遅かったわね………」
( ゚∀゚)「……そうか?」

( ^ω^)「………ショボンは?」
('A`)「ショボンは……」
( ゚∀゚)「……?」

('A`)「ショボンは………用事があるとか言ってどこかに行っちゃったわ………」

( ^ω^)「………そうかお。でも生きてるならいいお!またすぐ会えるお!」
('A`)「……そうね」

578 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 07:34:18.57 ID:1AQVlUnkO
('A`)「……それで何そのジジィ……」
/',З「ジ……ジジィじゃと!!」
( ゚∀゚)「あ~このジーサンが精子一号らしい……」

('A`)「はぁ!?てゆうかさっきの酔っ払いじゃない!こんなの精子一号じゃないわ!」
/',З「こんなのとは何だ!このオカマめ!」
('A`)「んまぁ!!!なんですって!言ってはいけない事を!」
/',З「やかましい!」

( ^ω^)「……この二人相性最悪だお…」

( ゚∀゚)「それで……ジーサンが本当に精子一号ならこの異常を解決する方法を知ってるんだな……?」
( ^ω^)「?もうワクチンが見つかったんだしジーサンに聞かなくても解決できると思うお」
( ゚∀゚)「……あのドジワクチンが武器を無くしてなかったらそれでよかったかもな……」
( ^ω^)「あ………」

581 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 07:43:23.92 ID:1AQVlUnkO
('A`)「え?ワクチン見つかったの!?」

( ゚∀゚)「ああ……一応な……」

('A`)「じゃあもう一安心じゃない。こんな酔っ払いに構うことないわ」
/',З「うるさいわ!」

( ^ω^)「それが………」


――――――――――

('A`)「………ドジねぇその娘」
( ゚∀゚)「全くだ」
( ^ω^)「ジーサン、他に方法はないのかお?」
/',З「まぁあるっちゃあるんじゃが………」
('A`)「ブーン!!そんな酔っ払いの事構わなくていいわよ!その娘の武器を見つければ一見落着なんだから!」

/',З「ムキー!!」

585 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 07:56:06.43 ID:1AQVlUnkO
/',З「もうしらん!オカマめ!」


ヒュー………

('A`)「と……飛んだ!?あの爺化け物よ!!!!」
( ゚∀゚)「………結局武器を探すのか……」
( ^ω^)「………一応追い掛けてみるお……」


( ゚∀゚)「あ、おいブーン!」
('A`)「まったく…………………。アタシ疲れたから寝るわ……。って屋台帰ってきてるじゃない!早く言いなさいよ!」
( ゚∀゚)「ああ……忘れてた……」
('A`)「ん~?何よこのちんぽっぽラーメンって……。悪趣味ねぇ……こんなもの取って壊しちゃいましょ!」

バキィ!!バキバキ!!!!!
( ゚∀゚)「…………ひでぇ」

――――――――――


(*'ω'*)「……どこにあるんだっぽ…………屋台………うぅ………」

590 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:06:00.40 ID:1AQVlUnkO
――――――――――

( ^ω^)「………はぁ……はぁ……どこいったんだおジーサン……」


「キャーー!!!!!」

( ^ω^)「!?」


ξ゚?゚)ξ「何よこいつら!!あっち行ってよ!!!」

(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)


( ^ω^)「あれは!!ワクチンが病魔に……!!!」


ξ゚?゚)ξ「ちょっとーー!!そこのアンタ!見てないで助けなさいよ!あ、コラどこ触ってんのよスケベ!」


( ^ω^)「うーん……これは中々そそるお……」

ξ゚?゚)ξ「早くしないと殺すわよ!!!!!」

( ^ω^)「…………」

592 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:10:36.35 ID:1AQVlUnkO
( ^ω^)「……とりあえず追っ払うお…………」


ξ゚?゚)ξ「早くしなさいよ!犯されちゃうじゃない!!」

( ^ω^)「……とりあえず体当たりで追っ払うお……」


( ^ω^)「うおおおお!!!!!!!!!」

(*'ω'*)「!!」
(*'ω'*)「!!」

シュ!!シュシュ!!!


( ^ω^)「げ!!消えた!」

ξ゚?゚)ξ「キャアアアアア!!!」


ドカァァァァァ!!!!!!!!

596 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:17:11.86 ID:1AQVlUnkO
ξ゚?゚)ξ「いたたた………」
( ^ω^)「一見落着だお」

ξ゚?゚)ξ「……ジロ」


バキィ!!!!

( ^ω^)「ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」

ξ゚?゚)ξ「バカーー!!!!!!!!!!」


( ^ω^)「………こんなに力あるんなら自分で追っ払えたと思うお……」

ξ゚?゚)ξ「うるさいわね!……まぁ一応お礼は言っとくわ……」

( ^ω^)「当たり前だお」
ξ゚?゚)ξ「……ジロ」

( ^ω^)「……ごめんなさい」

ξ゚?゚)ξ「あ……もう朝になっちゃった……じゃあねー!」


ビュウ!!!

( ^ω^)「うほ!ワクチンも空飛べるのかお!」

602 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:26:37.06 ID:1AQVlUnkO
( ^ω^)「……でもおかしいお…………あの病魔が言ってた事は嘘だったのかお………?」


回想↓
――――――――――
屋台

(*'ω'*)「話を……話を聞いてくれっぽ!」

( ^ω^)「………なんだお?」


(*'ω'*)「……アンタ達は誤解してるっぽ……。僕たちは異常を解決するために生まれたんだっぽ!」
( ^ω^)「!?どうゆう事だお!?」
(*'ω'*)「つまりこの異常は僕達のせいじゃないっぽ!黒幕は他にいるんだっぽ!!」
( ^ω^)「……でもジョルジュがお前等が悪の根源で病魔を捜すセンサーもあるし……」
(*'ω'*)「アイツは自分の能力を勘違いしてるっぽ!濡れ衣だっぽ!」
( ^ω^)「……………」

606 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:37:42.86 ID:1AQVlUnkO
( ^ω^)「……その話……信じていいのかお?」
――――――――――



( ^ω^)「まさか…嘘かお……?」

/',З「嘘ではない」
( ^ω^)「!ジーサン!」
/',З「お前の聞いた事は真実じゃ……」
( ^ω^)「………」
/',З「ワシが更に詳しく教えてやろう………。」
( ^ω^)「お願いするお……」

608 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:45:22.72 ID:1AQVlUnkO
/',З「あいつらの名前は病魔ではない……正式な名前をちんぽっぽと言う。病魔は他にいる……」
( ^ω^)「………」
/',З「ちんぽっぽの役目はワクチンと協力して病魔を倒す事なんじゃ……。
本当の病魔はもっと恐ろしい。精子やワクチンなら近づいただけで死んでしまう……。」
( ^ω^)「……じゃあジョルジュが言ってた最初に来たワクチンは……」
/',З「一人で病魔に挑んだんじゃろうな……」
( ^ω^)「……」
/',З「しかしちんぽっぽだけは例外で病魔に近づいても死なないのだ。」

609 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:51:16.35 ID:1AQVlUnkO
/',З「病魔は恐ろしく速い……。普通ならワクチンの攻撃は当たらないのだが……ちんぽっぽがそれをサポートし病魔を動けなくしてワクチンがトドメをさすんじゃ……」

( ^ω^)「……じゃあさっきちんぽっぽがワクチンを襲っていたのは?」
/',З「多分ちんぽっぽはワクチンと合流しようとしていただけだろう」

( ^ω^)「……でもあのワクチンはその事を知らないみたいだお」
/',З「……普通ワクチンは知っている筈なんじゃが……」

( ^ω^)「………」

611 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 08:57:16.30 ID:1AQVlUnkO
( ^ω^)「………!早くジョルジュとドクオに知らせなきゃいけないお!!」

/',З「早くいったほうがいいぞ。もう朝だ。」
( ^ω^)「……」


――――――――――


( ゚∀゚)「ブーン……帰って来なかったな……」
('A`)「…ブーンには悪いけど早くワクチンと合流して武器を見つけないと……。」

( ゚∀゚)「も……もう少し待とうぜ!」
('A`)「……アンタそれ回目よ。時間がないのよ私たち」
( ゚∀゚)「……」


ガラガラガラガラ…………………………


――――――――――

( ^ω^)「はぁ……はぁ……ジョルジュ!ドクオ!」

( ^ω^)「……いないお……どこに言ったんだお……」

617 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 09:04:38.93 ID:1AQVlUnkO

( ^ω^)「………ジョルジュ……………」


――――――――――
( ゚∀゚)「………どこにいるんだよワクチンは」
('A`)「知らないわよ。そのうち見つかるわよ」


( ゚∀゚)「……もしかしてあれか?」
('A`)「え?」


ξ゚?゚)ξ「……どこいったんだろ……」

('A`)「キャーー!!!!あの娘空飛んでるわ!!」

( ゚∀゚)「おーい!!ワクチン!」

ξ゚?゚)ξ「……あら。酔っ払いさんどうしたの?」
( ゚∀゚)「うるせぇ!武器探しを手伝いにきたんだ!」
ξ゚?゚)ξ「それはありがたいけど……あいつは?」
( ゚∀゚)「ブーンのことか?……それが見つからないんだ……。だからブーン探しと武器探ししたいんだよ」
ξ゚?゚)ξ「………」

621 :VIPがお送りします :2006/04/04(火) 09:10:38.03 ID:1AQVlUnkO
ξ゚?゚)ξ「ま、手伝ってくれるんなら拒否はしないけど邪魔しないでよ」

( ゚∀゚)「……ムギギギ………」
('A`)「……あらアナタカワイイわねぇ……食べちゃいたいわ……」

ξ゚?゚)ξ「うわ……何このオカマ……気持ち悪い………」

('A`)「なんですって!礼儀がなってないわよあなた!!!!」

ξ゚?゚)ξ「うるさいわね……大体声でかすぎよアンタ」

('A`)「キィィィ!!!!!!!!!!この小娘!!!!!!!教育してあげるわ!!!!」

ξ゚?゚)ξ「ちょっと!やめて!触らないでよ!」
('A`)「うるしゃい!!」

ξ゚?゚)ξ「キャアアアアア!!!!!!!!!」

( ゚∀゚)「……かわいそうに」





624 :1:2006/04/04(火) 09:14:23.94 ID:1AQVlUnkO
流石に8時間ぶっとおしは疲れたお(;^ω^)

ちょっと休憩してくる

続きはまた後で書くお!



( ^ω^)ブーンが精子になったようです その5
スポンサーサイト
【2006/04/04 10:54】 | 〆(・ω・ ) ヨミモノ | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<( ^ω^)ブーンが精子になったようです その3 | トップ | ( ^ω^)ブーンが精子になったようです その5>>
コメント
>自分のキンタマに電動ハブラシをあててオナニー
ねーよwwww
【2006/04/04 16:20】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/524-79f783f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。