トマトペースト
<<('A`)ドクオが自殺をしに行くようです | トップ | 【意見要望】アンケート【受付中!】>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<('A`)ドクオが自殺をしに行くようです | トップ | 【意見要望】アンケート【受付中!】>>
( ^ω^)ブーンがツン達を食べてしまうようです

1 :1:2006/05/22(月) 23:40:39.87 ID:YrEEz0OA0
(´・ω・`)やあ、ようこそ。
題名がアレだけど、別にグロがどうとかそういう話でもないんだ。
ただ、人によっては微妙に鬱な気持ちになるかもしれないし、そこは気をつけておいて欲しい。

それじゃ、投下を始めるよ。


というわけで、ちょっとした短編を投下させていただこうと思います。
gdgdした話ですが、よければ最後までお付き合いください。






3 :1:2006/05/22(月) 23:41:53.00 ID:YrEEz0OA0
―――パチパチ、パチ。パチ・・・パン!


唐突に、薪が火花を伴って派手に弾けた。
揺り椅子に座ってうつらうつらしていた僕は、炎の上げた悲鳴に起こされた。寝汗が首を伝っている。
上着の袖でそれを拭うと、足元の薪を、暖炉の中へ投げ込んだ。

ゆっくりと揺り椅子から身を起こすと、そっと、妻の眠る隣の部屋を覗き込む。
ガラス窓の向こうに、静かに横たわる妻の横顔。

白磁や淡雪のように、白く透き通った素肌。
カラスの羽にも似た、しっとりと濡れた睫。
ビロードにも負けないしなやかさと艶やかさを持つ、ブロンドの髪。農作業を営む身であるというのに、彼女は毎日、その髪を綺麗に巻き毛にして作業に勤しんでいたのを思い出す。

・・・綺麗だ。本当に、綺麗だ。まるでこの世の物ではないかのように・・・
・・・お世辞抜きでそう思う。

自分のようにトロ臭い人間には、本当にもったいない女性だ。あんなに美しいんだ、それこそ、街の劇団にでも入ればあっという間に看板女優になれただろうに。
だのに、彼女は僕の元に来てくれた。
どうして僕を、なんて野暮な質問はしない。しても、彼女は笑わない。
だけど、僕は、それでも・・・

(´ω`)『―――ツン・・・なんで、神様は君を護ってはくれないんだお・・・?』

・・・ツンの首筋に浮かぶ黒点を凝視しながら、そう、神に問わずにはいられない。

4 :1:2006/05/22(月) 23:43:36.53 ID:YrEEz0OA0
―――遠い冬の日の悲劇から、今日で一年と半分が過ぎる。


暑い、暑い夏の日だった。

僕は畑に出て、今日も一人、鍬を振るっては作物の育成に励んでいた。
地面に打ち込んだ鍬の先端を、力をこめて傾がせて土を掘り返す。何度も、何時間もそれを繰り返す。それは、常人なら気の狂わんばかりの単純作業。
しかし、丈夫な土壌、肥沃な農地を作るには、作り手の魂と、大地に宿る情熱が必要不可欠。僕はそう考えるからこそ、農作業にだけは絶対に手を抜かないようにしている。
それは、僕が農家を営んでいるからというのもあるし、護りたい、大切な人もいるから。

ξ ^∀^)ξ「お父さーん!こっちこっちー!」

そんな当の本人・・・デレは、今日も元気だ。
どうしたお、と声を返すと、右手に小さなニンジンを持った少女が駆け寄る。

ξ ^∀^)ξ「ねえねえ見て見てこのニンジン!お父さんの(ピー音)みたいだよ!」

(;^ω^)「そ、それはさすがに酷いお・・・それに父さんのはもっと、こう・・・」

両手でジェスチャーをするが、彼女の持つニンジンの放つシュールなオーラに、思わずどもってしまう。本当はもうちょっと・・・いや、でも・・・けどあそこまで粗末じゃないはず・・・
そんな僕を仰ぎ見ると、デレはにこやかに笑う。

ξ ^∀^)ξ「お父さんの(ピー音)!お父さんの(ピー音)!」

振り上げるニンジンが、何度も赤く、太陽に照らされて笑っている。

5 :1:2006/05/22(月) 23:45:19.70 ID:YrEEz0OA0
デレは、今年で13歳になる。僕と、ツンの大事な娘だ。

彼女はツンに良く似て、愛らしい顔に滑らかな髪を持っている。お人形のような、というほどではないが、それなりに美人だと思うのは親バカだろうか。
まあ、性格は僕に似て、若干粗い、というか、天真爛漫というか・・・子供らしいというか。そんな感じ。でも、その無垢な笑顔はまるで天使のように思える。


ツンを失って、季節が何度も移り変わって。
今では彼女が、僕の天使。僕と共に暮らす、唯一の人間、


ξ ^∀^)ξ「ねえお父さん、今日はお風呂でお父さんの(ピー音)とニンジンさんを比べてみようね!」

(;^ω^)「で、デレはお父さんのアイデンティティを崩壊させる積もりかお」

苦笑を交えつつ、鍬を垂直に振り下ろす。
そんな僕の手元を微笑みながらじっと見ているデレだが、その瞳は真剣そのものだ。きっと彼女も、将来立派な農家の娘になるだろう。楽しみだ。本当に。

汗を拭い、曲げっぱなしだった腰を伸ばす。
トントンと腰の後ろを叩いていると、遠くの空から、トンビの鳴き声が聞こえた。
ピー・・・・・・ヒョロロロ~・・・。
長く尾を引く鳴き声は、遠く広がる蒼穹に飲み込まれてすぐに聞こえなくなった。

ぐるりと辺りを見回す。
地平線の果てに、ポツポツと街の建造物。僕と街を結んだ間くらいに、またポツポツと農家。
ここは、大地の真ん中。親から受け継いだ、広大な農業地帯の一角。僕の、畑だ。

6 :1:2006/05/22(月) 23:46:49.62 ID:YrEEz0OA0地平線が見えるから、ホライゾン。
そう名づけてくれた親に、感謝している。
僕は、どこまでも続くこの農作物の畑の流れが、ニンジン畑が、ジャガイモ畑が、ライ麦畑が大好きだ。
日焼けして、肌は真っ黒。農作業で鍛えた筋肉は、そんじょそこらのチンピラには絶対に負けないくらいどっしりとしている。
まあ、多少お腹は緩いけども・・・まあ、37にもなればそんなもんだろう。
兎も角、僕はそんな、農家の長男として生まれ、育った自分を誇らしげに思う。

それに、僕がこうやって農家に生まれたから、ツンとも会えたんだし・・・

知らず知らずのうちに、目線は納屋の方へ向かう。
数秒間納屋を見つめて、僕はため息をついて、

(^ω^)「さ、デレ。今日はもう帰って、夕食の準備をしようか」

大分西の空に傾いた太陽を仰ぎ、そうデレに言った。
左手に鍬を担ぎ、右手にデレの左手を。
それは、幸福だった。
少なくとも、今の僕には、かけがえの無い。

9 :1:2006/05/22(月) 23:49:17.71 ID:YrEEz0OA0
ξ ^∀^)ξ「よーし、それじゃいっただきまーす!」

(^ω^)「天にまします我らの神よ、父と子と精霊の御名におき・・・今宵の糧を・・・・・・感謝すると共に・・・恵みを・・・」

元気良くニンジンのスープにスプーンを突っ込むデレ。今日収穫したニンジンをほおばると、もぐもぐとおいしそうに咀嚼する。そしてそれを嚥下するが早いが、高速で次のターゲット・・・チキンのロースト・・・に取り掛かった。
そんな彼女のいつもの光景を横目で見ながら、僕は食前の祈りを

ξ ^∀^)ξ「パパのチキンもーらいっ!」

(^ω^)「ちょまっ!おっ、おっ~!」

中断して、デレの突き出すフォークを自らのフォークで叩き落した。
しかしデレのフォークは蛇の如き執拗さで、今度は違う角度から僕のチキンを狙う。

(;^ω^)「デレ、流石にこれを食べられたら、僕明日から働けなくなるお・・・」

お腹ペコペコなんだ、という風にジェスチャーすると、イタズラに目を輝かせていたデレも、さすがに反省してフォークを戻す。
そして僕も、晩餐に取り掛かる。

―――既に、外は暗かった。
漆黒の衣に包まれ、夜は安らかに眠る。
テーブルの中央と部屋の四隅にある蝋燭が、部屋に優しい明かりを投げかけている。

そんな平和な時の中で、一年半前の、あの雪の日に死んでしまったツンを、ふと思い出した。

11 :1:2006/05/22(月) 23:51:50.11 ID:YrEEz0OA0
パンを食みながら、僕は明日の予定について考えていた。

明日はまず、朝起きたら太陽が高く上らぬ内にデレと一緒に森へ赴き、食べられるキノコを沢山とって、家に帰ったら今日の作業を続きをして・・・


・・・そして、納屋に行って・・・・・・ツンの


ξ ^∀^)ξ「・・・お父さん、どうしたの?怖い顔だよ?」

言われて、思わずはっとする。
ゴホン、と咳をして沈黙を紛らわすと、僕はチキンにかぶりついた。それを見て安心したか、デレはサラダの中からトマトを選び、口に運ぶ。
天使の唇が、やさしくもぐもぐと動く。ピンクの先端が、上下に揺れていた。

(^ω^)「デレ・・・」

ξ ^∀^)ξ「なーに?」

(^ω^)「―――もうお前も12歳だし。そろそろ、お母さんの話をしてあげるお」


ひくり、とデレの目が歪む。一年と少し前に死んだという、母の話。それは、僕達の間ではタブーだったのだから。
・・・少しだけ躊躇するように瞬きを繰り返すと、デレは静かに頷いた。
それを確認し、僕は語り出す。
晩餐は終わり、ただ静かに、蝋燭の炎がチロチロとグラスの水を照らしていた。

12 :1:2006/05/22(月) 23:53:44.94 ID:YrEEz0OA0
―――ツンがこの家に始めて来たのは、まだ僕が二十歳で、今よりももっと若くて青い頃の事。

ξ ゚?゚)ξ「・・・ツンです。よろしくお願いします」

普段は街に住むツンだが、もともと細菌に敏感な体質で、何かあるとすぐに発熱したり肺を患わせてしまうため、一時的に知人の家・・・つまり、当時の僕の家に静養に来たのだそうだ。
当時、街では肺炎が流行っていた。とは言っても、感染力は低いし、せいぜいそれで死ぬのは免疫力の低い老人か、赤ちゃんくらいのものだ。ただ、ツンは病弱なため、念をきして田舎へと移ってきたらしい。
ついでに、その虚弱な体質を農家特有の雄大な自然で治療したい、とも彼女の親は思っていたようだけど。

まあ、そんな彼女の事情はともかくとして。

僕が驚いたのは、彼女のその都会っぽい身なりや訛りのない丁寧な言葉遣いもあったんだけど、なによりもその可愛さだった。
本当に、こんなに可愛い子がこの世に存在するんだろうか、って思うくらい。ツンは可憐で、儚げで、何より輝いていた。

J( ‘-`)し「ブーンや、今日からしばらくの間、お前の妹になる子だよ。可愛いねえ」

(^ω^)「(カワイコチャンktkr!!!!!!!!!111111)あ、あ、えっと、よ、よろしくだお」

ξ ゚?゚)ξ「どうも・・・」

14 :1:2006/05/22(月) 23:57:50.30 ID:YrEEz0OA0
ただ、ウチに来たからといって、彼女は特に農作業をするわけでもなく、納屋にこしらえたベッドに寝転んでは、枕元の窓から、日がな一日ぼーっと外の景色を見てため息を落とす日々を送っていた。
そりゃそうだ、貧弱な彼女に手伝えるほど、農家の仕事は楽じゃないからね。
だから、僕は毎晩、彼女の寝泊りしている納屋に向かっては、その日の出来事や思い出なんかを、事細かに語ってあげていた。ウチには、本なんて文化的なものは無かったから。
ツンは、初めは興味なさげにうんうんと頷くだけだったよ。
僕が何を言っても、

ξ ゚?゚)ξ「興味がないの」

だの、

ξ ゚?゚)ξ「近寄らないで黒豚」

だの。すごくツンツンしててね、そっけない子だった。
・・・でもね、いつか熱意は通じるものだよ。

あれは、トマトの収穫をした日だった。良く覚えてるだろ?
だってツンったら、僕の持ってきたトマトを見て、まるで宝石でも見るような目でそれをじっと見つめるんだからさ。

ξ ゚?゚)ξ「綺麗ね・・・」

太陽みたい。ためつすがめつ、彼女はそう感慨深げに言ったんだ。
嬉しかったよ。だってそれは、僕が苗から育てたトマトだったんだからね。

16 :1:2006/05/23(火) 00:00:18.63 ID:iE2bW50p0
ξ ^∀^)ξ「おかあさんって、昔はそんなに怖い人だったの?」

話の途中で、デレがそう聞いて来た。そうだね、と僕は頷く。
でもね、そういう人だったからこそ、初めて彼女が笑ってくれた時は、そりゃもう飛び上がらんばかりに嬉しかったのさ。

ξ ^∀^)ξ「えへへへ、それじゃあたしも少しだけお母さんみたいになろーっとw」

(^ω^)「お、どういう風にだお?」

ξ ^∀^)ξ「ちかよるなこのくろぶた!」

(^ω^)「おまwwwwwwwそこは見習わなくていいおwww」

ξ ^∀^)ξ「ちぇー」

・・・・・・ま、それはともかく。
さっき言った、あのトマト事件から、ツン・・・お母さんは、少しずつ、僕に心を開いてくれるようになった。っていっても、それまで黙って話を聞いていたのが、ときたま合いの手を加えるようになった、程度のものだけどね。
でも、それでも僕はうれしかった。彼女が始めて大笑いした時なんて、有頂天になって朝方まで話し込んじゃったしね。

・・・それで、えーっと・・・そうだな、アレは、ツンが家に来て、半年が経過した頃だったかな?
肺炎の流行も収まり、ツンを連れ戻しに来た彼女の父親に、ツンは言ったんだよ。

ξ ゚?゚)ξ「パパ、私このままこの家にいたい」

17 :1:2006/05/23(火) 00:02:24.71 ID:iE2bW50p0
・・・・・・このままこの家にいたい、だって?
彼女の隣でその言葉を聞いて、彼女が帰っちゃう、ってうなだれてた僕は、まるで地獄から天国へと一直線に上る気持ちになったよ。

勿論、彼女の両親は反対した。
ウチの両親は彼女が望むなら、って言ってた。そして、当の本人は、

ξ ゚?゚)ξ「お願い、パパ・・・私、農業に興味が湧いてきたの」

そう言って、わがままを曲げなかったんだ。
それで、結局・・・学校を一年間休学して、その間だけ、っていう条件で、彼女の父親はそれを許したんだ。彼女、大喜びして僕の両手をとってはしゃいでた。



(^ω^)「さて・・・ここからがいいところなんだけど、この続きはまた明日話してあげるおw」

ここまで語って、僕は眠たそうに目をこするデレにそう、優しく言った。
デレは残念そうにうー、と唸ると、

ξ ^∀^)ξ「絶対、また明日お話してね!」

(^ω^)「だおwwwそれじゃ、もうお子様は寝るお」

ξ ^∀^)ξ「はーい」

そして僕はダイニングの蝋燭を吹き消すと、寝室へとデレを連れて行った。
後には、うっすらと闇にたなびく白煙だけが残っていた。

20 :1:2006/05/23(火) 00:04:33.42 ID:iE2bW50p0

・・・深夜。

僕は、デレを起こさないように、そっと身を起こす。
シーツの擦れる音にも細心の注意を払ってベッドを抜けだすと、床板を軋ませないように寝室を後にした。

後ろ手でドアを閉めると、どっと息を吐く。
毎晩のことだが、何度繰り返しても、この『行為』には未だに慣れない。

(^ω^)「・・・・・・ツン、こんばんは、だお」

囁く様にそっと呟くと、納屋の扉を開ける。その闇に身を滑らすと、再びドアを後ろ手で閉めた。
今度は、躊躇無く床板を鳴らしながら歩く。目的は、かつてツンの寝ていたベッド。
―――窓から僕を刺す月明かり。水銀のように白々しいその光の溜まりの中、僕は静かに屈み込み、ベッドの下へ手を伸ばす。指先に神経を集中し・・・

・・・カサリ。

(^ω^)「・・・・・・・・・」

あった。
これを・・・今から・・・・・・畑・・・・・・・・・・・・・明日・・・手・・・・・・・・・

21 :1:2006/05/23(火) 00:07:00.35 ID:iE2bW50p0
ξ ^∀^)ξ「おとうさーん!おきてー!!」

(^ω^)「ムニャムニャ・・・巫女巫女ナースはもう古・・・おがふうっ!」

明朝。
僕は、実の娘による股間へのニードロップで爽やかに朝を迎えた。

(;;;^ω^)「お、大人の階段を上るのも辛いお・・・」

ξ ^∀^)ξ「何言ってるのお父さん!今日は何するの?」

股間を押さえて悶絶する僕を見て、ワクワクと目を輝かせるデレ。幼さ故、彼女は退屈を知らない。
激痛から帰還すると、僕は脂汗交じりに苦笑し、パジャマを脱いで枕元に準備しておいたシャツの袖に腕を通した。

(^ω^)「今日は森に行くおwキノコや野草を取りに行くから早く準備するお。」

ξ ^∀^)ξ「わーい!木苺さがすー!」

木苺はこの時期は取れないお、と言おうとしたが、その時には既にデレは目の前にいなかった。
遠くから、彼女が着替える音が聞こえる。一応、彼女には彼女の部屋を与えてあるのだ。寝るのはいつも一緒だが。

再び僕の部屋に戻ると、彼女は笑顔満面で言った。

ξ ^∀^)ξ「れっつらごー!」

22 :1:2006/05/23(火) 00:09:23.80 ID:iE2bW50p0
―――見渡す限りの新緑。
木漏れ日の中を、少女が歩く。

(^ω^)「デレ、そのキノコは食えるから取って欲しいお」

ξ ^∀^)ξ「ラジャ!」

敬礼し、足元のキノコを千切るデレ。そのまま自分の持つ籠の中へとそれを突っ込むと、再び次の標的を探してその目を輝かせ始めた。なんとも、この状況を心からエンジョイしている面持ちだ。

そして、保護者である僕は・・・というと。

(^ω^)「・・・久しぶりの森、かお・・・」

ちょっとした回想に、ずぶずぶと浸っていた。

・・・そうだ、この道から見て、右手にあるブナの林を越えた反対側の小道。そこにはかつて、色とりどりの花と野草が咲き乱れていた。数年前、ツンがまだ元気だった頃の事。

23 :1:2006/05/23(火) 00:11:53.39 ID:iE2bW50p0
ξ*゚?゚)ξ「すごーい、これ全部食べられるの!?」

足元に広がる野草の茂みを見て、彼女は驚いていた。

(^ω^)「そうだお。アレはフェンネル、あれはコリアンダー、ワイルドベリー・・・ハーブもあるし果物もあるお」

ξ*゚?゚)ξ「すごいすごい!ハーブってこんな風に生えるんだー」

驚きながら、彼女はモリモリとハーブを引き抜き、ポケットに詰め込む。

(;^ω^)「ちょwwwポケットから溢れんばかりに植物がwww若干キメエwww」

ξ ゚?゚)ξ「持って帰って鉢植えできるかもしれないじゃない」

見れば、しっかりと根を残した状態でポケットに詰め込んでいるらしい。真っ白な指が土で汚れるのもかまわず、彼女は懸命にハーブを掘り起こしていた。

結局、数種類のハーブが、その後彼女の部屋である納屋に鉢植えになって並ぶこととなる。彼女は懸命にハーブについて勉強し、僕はその時だけ、彼女の先生だった。

25 :1:2006/05/23(火) 00:14:17.27 ID:iE2bW50p0
二時間後。
僕達は、意外な収穫にホクホク顔になりながら、家路についていた。

ξ ^∀^)ξ「お父さん、いっぱいキノコとれたねー」

色とりどりのキノコの詰まった籠を揺らしながら、デレは嬉しそうに微笑む。僕も微笑むと、その頭をぐりぐりと撫でる。くすぐったそうにすくめる肩が愛らしい。
・・・さて、この後は家に帰って、昨日の続きをしなきゃ・・・

未だ南中に停滞する太陽を感じながら、僕はそんなことを考えていた。

27 :1:2006/05/23(火) 00:16:04.97 ID:iE2bW50p0
夜。
今日は大分風が強いので、窓を締め切り、カーテンをキッチリと閉めている。

蝋燭の明かりに照らされたテーブルの上には、今日も、既にあらかた片付けられた夕食の跡。グラスを照らす蝋燭の明かりも、昨日と同じだ。ただ違うのは、デレが期待の眼差しで僕を見つめていること。

(^ω^)「わかったわかった、まあちょっと一服させるお」

ξ ^∀^)ξ「早くー!お母さんの話聞くー!」

仕方ないな、そう肩をすくめると、僕は口を開く。
さて、今日はどの話をしようか―――。


・・・よし、それじゃ僕と母さんの、馴れ初めの話をしようか。

28 :1:2006/05/23(火) 00:18:26.49 ID:iE2bW50p0
ξ ゚?゚)ξ「・・・え?」

ツンの驚く顔。今でもまざまざと瞼の裏に浮かぶ。
あれは、僕達が21歳になって・・・だから、ツンがウチに来て一年が経過した頃かな。冬だった。

雪の降りしきる中、僕は強く、彼女を抱きしめてた。

その瞬間だけ、時間が過ぎるのがすっごく遅く感じられて。感覚といえば、肩に積もる雪の重さと、彼女の吐息の音。それだけ。
空気は硬く、雪は白く・・・無垢の世界の中、僕はツンを、抱きしめたんだ。

(^ω^)「・・・好きだお」

つい数十秒前に言った事を、僕はもう一度繰り返した。
僕の両親に、暖炉にくべるための薪を貯蔵庫から取ってくるように言われて二人で家を出たときのことだったから、正直そんなに時間は無かったんだ。
だから、僕は直球勝負に出た。

ξ ゚?゚)ξ「・・・そんな・・・」

カタカタ、と震える彼女の肩。それが寒さのせいじゃないって事くらいはわかってた。
けど、怖くて、僕はツンの顔を見ることが出来なかった。ただ、ツンの体をきつく抱いて、好きだ、って。それだけ。

少しして、ツンも僕の体を、ゆっくりと抱き返してくれた。その時になって、やっと彼女の顔を見ることが出来た。

ツン、泣いてた。

29 :1:2006/05/23(火) 00:20:23.94 ID:iE2bW50p0
初めて見たときから、僕はずっとツンのことが好きだったんだ、って。
納屋に戻ってからそう打ち明けると、目を赤く腫らした彼女は驚いたようにその双眸を大きく見開いた。

ξ ゚?゚)ξ「でも、私あの時、いろいろブーンに言っちゃって・・・」

(^ω^)「ううん、気にしてないお。僕はもう、その時にはツンのことが好きになってたんだお」

ξ////)ξ「そ、そんなに好き好き繰り返されると恥ずかしくなるじゃない・・・」

普段はツンツンしてる彼女が、このときだけはすごく素直で、心から愛しく思えた。
そしてツンも、言ってくれたんだ。

初めて喋りかけてくれたときは、なんだコイツ、キモッ!って思ったんだって。でも、会話を交わすうち、次第に嫌悪感は消えていってたんだって。
そして・・・本当は、もう半年くらい前から・・・だから、ウチにとどまりたいって言ってくれたあの時から、僕のことを、好いてくれてたんだって。

ξ(゚、゚*ξ「わ、私だって・・・その・・・」

(^ω^)「?何だお?」

ξ////)ξ「い、いいから!もう!恥ずかしいわ!」

プイッとそっぽを向くツン。怒らせたのか、と思って僕がうろたえたとき、

ξ(゚、゚*ξ「・・・・・・」

そっと、僕の首筋に、ツンがキスしてくれた。





31 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 00:22:07.96 ID:Nihzb6bWO
名前はホライゾンじゃなくてブーンなの?

34 :1:2006/05/23(火) 00:23:00.70 ID:iE2bW50p0
>>31
愛称という事でお願いします(;^ω^)


37 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 00:25:52.98 ID:Nihzb6bWO
>>34
把握しました
水さしちゃってゴメンね





32 :1:2006/05/23(火) 00:22:11.83 ID:iE2bW50p0
次の日から、ツンは何かにつけて、動き回るようになった。と言っても、重労働はできなかったけど、夕食の手伝いをしたり、育苗の手伝いをしてくれたり。
そして一ヵ月後には、彼女もついに、外で僕らの農作業の手伝いをしてくれるようになったんだ。その頃には、両親・・・だからデレのおじいちゃんやおばあちゃんにも、僕達の事は伝わってた。勿論、二人はそれを心から祝福してくれたよ?
唯一、ツンのお父さんだけはその知らせを聞いたときに愕然としたらしい。まあ、本当は名家のおぼっちゃまと結婚させる予定だったらしいからね。政略の手ごまになるまえに、彼女が自ら農家の跡取りとくっついちゃうなんて、父親からしたらさぞかし無念だったろうね。

ツンと僕が付き合うようになって数ヶ月が経った。
彼女は父親と絶縁し、正式にウチの娘に・・・つまり、僕の奥さんになることになったんだ。

結婚式なんて、農家が挙げれるもんじゃない。ただ、神に二人の未来を誓っただけの、簡単な結婚式を四人で済ませた。ツンは笑ってた。僕は、もっと笑ってた。



そして・・・晴れて、僕らは一つになったんだ。

35 :1:2006/05/23(火) 00:24:01.34 ID:iE2bW50p0
ξ ^∀^)ξ「すごーい!すごいすごーい!お母さんもお父さんのことが好きだったんだー!」

(^ω^)「そう言われると照れるおww」

さて、今日はココまで!
僕がそう言うと、はーい、とデレは元気に返事をして、夕食の片付けを始めた。
僕も続いて食器を下げる。軽く洗い物をしたあとは、昨日と同じく、蝋燭を吹き消して、寝室へデレと一緒に向かった。

39 :1:2006/05/23(火) 00:26:37.21 ID:iE2bW50p0
―――そして、深夜。
風が強い中、僕は今日も、昨日と同じ道を・・・畑へと通じる小道を・・・歩いていた。

パジャマを翻す風。不吉ささえ伴う漆黒の群雲。
闇に足を取られそうになりながら、ゆっくりと歩く。

昨日はライ麦の畑だったから、今日はジャガイモの畑。

右手に鍬、左手に紙袋。
カサカサ、と音が鳴る。
カサカサ。カサカサ。紙刷れか、それとも『彼女』が、騒いでるのか。

(^ω^)「・・・ツン・・・僕は・・・間違ってない・・・・・・おね?」

昼のうちに掘っておいた、小さな穴。
その淵に立ち、僕は一人ごちる。


問いに答えたのは、烈しく舞い上がる颶風のみだった。

41 :1:2006/05/23(火) 00:29:08.62 ID:iE2bW50p0その夜。
酷い夢を見た。


ξ )ξ「・・・-ン・・・ブーン・・・ブー・・・」

(^ω^)「ツン!ツンなのかお!?」

ξ )ξ「ブーン・・・助け・・・・・・て」

声が、聞こえた刹那。

轟、と。

あまりにも唐突に、視界が鮮烈な赫に染まった。それは、まるで煉獄の火。
熱気と迫力に慄き、しかしそれでも僕は懸命にツンを探す。

そして、頭上にツンの姿を見つける。

それは、巨大なロザリオだった。
天と水平に浮かぶその十字架に掛けられたツンは、両手足に太いクギを打ち込まれ、苦しそうにその顔を歪ませていた。そして何より気味の悪いことに、そのクギから何かが染み出ているかのように、ツンの両手両足は黒く変色している。
それは、まるでツンを殺したあの病気の症状に酷似していて、

赫い炎の熱と彼女の哀れな姿に発狂しそうな僕に、ツンは、

―――あと、一つだけ、だね。

微笑みながら、ただ静かに微笑みかけた。

43 :1:2006/05/23(火) 00:32:00.07 ID:iE2bW50p0
次の日は、朝からどうにも気分が優れなかった。
あんな夢を見たせいだ、と自分に言い聞かせるが、後悔にも似たさまざまな感情が、僕の中で荒れ狂う。
そんな僕の背を押すかのようにデレは明るく振舞うが、やはりその顔にも僕を心配している事がありありと見えて、僕はなおさら落ち込んだ。
けど、そんな気分だとしてもとりあえずこなさなければならない仕事なんて山ほどあって。
いつもどおり、テキパキと農具を繰り、僕はザクザクと大地を掘り進めて行く。続いて、デレがそこに作物の種を一直線に落としていった。
数時間、ずっとそれを続け、昼を過ぎたら次は害虫が作物についていないかチェックする。
その時だ。

ξ ^∀^)ξ「・・・あれ?おとうさーん」

不意に、デレの声がした。
そちらを見ると、デレが左手に、白い石ころのようなものを持っている。

ξ ^∀^)ξ「これ・・・」

(゜ω゜)「・・・・・・!!」

駆け寄ると、デレの手からそれを奪い取った。


それは、人骨だった。

47 :1:2006/05/23(火) 00:34:30.83 ID:iE2bW50p0
夜。
夕食を終えた僕達は、いつものように話に華を咲かせていた。
違うのは、今日は彼女・・・ツンの部屋から積んで来たハーブで作ったハーブティーがカップに注がれて二つ、並んでいるくらいか。

ξ ^∀^)ξ「今日はどんなお話なのー?」

(^ω^)「・・・それじゃ、今日は・・・ちょっと悲しいお話、だお」

ちょっと長くなるけど、そう僕は付け足した。
デレは何か言いたげに僕を見上げて、ハーブティーの水面に視線を落とした。

48 :1:2006/05/23(火) 00:36:43.94 ID:iE2bW50p0
―――僕の両親、だから・・・デレの、おじいちゃんと、おばあちゃんが死んだ。そうツンのお父さんから情報が入ったのは・・・僕とツンが結婚して3年目の事だった。


その頃、街では恐ろしい流行り病が巻き起こっていたらしくてね。
感染してしまうと、まず確実に死に至る・・・街中は死体で溢れ、とある大きな橋も、その欄干から下を見れば川に浮かぶ死体の山しか見えなかった事から、その橋が落ちてしまう、とさえ言われた。
街中に汚染されたネズミやハエ、蚊なんかが氾濫し、人々に疫病をばら撒き、それで再び死人が増える・・・そんな、悲惨な状況だったとか。
その疫病に感染してしまうと、体に黒い斑点が次々と現れる・・・その事から、その病気は『黒死病』と呼ばれた。
僕の両親は、街に農作物を売りに行った時に、偶然その菌を保有してしまったらしい。爆発的に広まっていた病気だったから、まあ無理も無い話なんだけどね。感染力も強いし。
そして・・・二人はツンの父親の家に助けを求めるも、既に病状は進行していて・・・。

それを知ったときの僕のうろたえ様、想像できるかな。

両親が、いきなり病気で二人とも死んでしまった。ついこの間まで、にこにこ微笑んで僕達と一緒に農作業に勤しんでた、あの元気な老夫婦が、疫病なんぞに一発でやられてしまったなんて。
初めは、信じられなかった。次に、想像できなかった。

最後に、耐えられなかった。

49 :1:2006/05/23(火) 00:39:02.81 ID:iE2bW50p0
僕はツンの父親に頼んで、両親の死体を家まで運んでもらった。
さすがに縁を切った娘の夫と言えども不憫に思ってたのか、彼は素直に、僕の願いに応じてくれたよ。それも、疫病が感染しないように、一端火葬してね。
墓場が溢れかえるほどの死体がある中、ちゃんと二人だけのために、火葬場を借りてくれたんだそうだ。本当はいい人だったのかもしれない。ま、ツンのお父さんもその後すぐに死んじゃったんだけど、ね。

話を戻すけど・・・僕の元に帰って来た二人は、まっさらな灰になっちゃってた。

悲しいよね。それは、冬に暖炉に投げ込まれた薪の成れの果てと全く同じなんだ。白くて、砂みたいで。軽くて、サラサラで。

そしてね、僕は・・・知ってたんだ。



―――灰ってのはね、畑に撒くと、良い肥料になるんだよ。



勿論、次の日・・・僕はツンと一緒に、泣きながら二人の灰を、畑の作物に肥料として与えて回った。
死んだ二人が心から愛していた畑だったんだ、きっと二人もこれで本望だろう・・・。そう思って。それは、僕なりの、愛の形だった。親に対する、畏敬の念も込めてね。

51 :1:2006/05/23(火) 00:41:22.36 ID:iE2bW50p0
その日から。
ツンは時々、何かを考え込むようになった。

両親が死んだからと言って、季節は待ってはくれない。僕は、畑の手入れに必死になった。
必死で働いて、悲しい出来事は忘れようとしたんだ。
だけど、ツンは違った。
体もあまり強くないツンは、僕と違って簡単な仕事しかできない。だから・・・考え込んでしまったんだろうね。きっと。

ある日、こんなことを言った。


ξ ゚?゚)ξ「ねえブーン・・・」

(^ω^)「どうしたお?玉葱が硬かったかお?」

その日、晩御飯は珍しく僕が作った、野菜スープと川魚のムニエルだった。自分でも会心の出来だと思ってたけど、もしかしてツンにはあまり美味しく感じてもらえなかったのかもしれない、って思ったんだ。
でも、ツンは首を横に振った。

ξ ゚?゚)ξ「違うの・・・その・・・なんて言うか・・・」

・・・こんなときのツンは、いつも決まって、言いづらいことを言うために迷っている。だから僕は、彼女が再び口を開くのを、息を潜めて待ってた。
そして、数分経って、

ξ ´?゚)ξ「・・・私が死んだら・・・ブーンは、やっぱり私のことも・・・食べて、くれるのかな・・・」

―――丁度、その日の野菜スープには、僕の父さんと母さんの死体の灰で育った、たくさんの野菜たちが入っていた。

55 :1:2006/05/23(火) 00:43:40.35 ID:iE2bW50p0
(^ω^)「・・・・・・・・・・・・・・・・」

・・・それは、いつか聞かれるかもしれない、と心のどこかで恐れていた言葉だった。
多分、ツンの言いたかったことは、その言葉を額面どおりに受け取ったものではなかったんだと思う。

窓の向こうで、夜の帳がゆっくりと落ちていくのが見えた。

薄暮に包まれた部屋の中、僕は静かに頷いた。

(´ω`)「僕は、父さんと・・・母さん、の灰を畑に撒いたお・・・それは、二人のことを、僕が心から大切に思っていたから・・・」

ξ ´?`)ξ「そう・・・だよね。私もそう。あの二人はとても大切・・・。」

(´ω`)「だから・・・もしもツンが死んじゃったとしても、ブーンは同じように、ツンの灰を畑に撒いて、そうやって育った作物を食べると思うお」

じっと、スープの中身を見ながら。
途中から言葉尻が震え、涙が頬を伝っていた。ただ、それは悲しみなんかじゃなかった。もっと、難しい感情があっての涙。

(^ω^)「でも、ツンはまだ死なないお!ブーンが死なせないお!ww」

ξ ゚?゚)ξ「そ、そうよね・・・w私が死んだら、アンタごはんまともに作れなくて、飢えて死んじゃうに決まってるもんねw」

(^ω^)「それは酷いおwww」

56 :1:2006/05/23(火) 00:45:42.52 ID:iE2bW50p0
ξ ゚?゚)ξ「・・・それと、もう一つ、ね」

(^ω^)「お?」

ξ ゚?゚)ξ「・・・あのね、」

少し恥ずかしそうに俯くと、ツンはコホンと咳をして、

ξ(゚、゚*ξ「その・・・赤ちゃん、出来たみたい・・・。」

(^ω^)「・・・・mjsk?」

ξ(゚、゚*ξ「mjsy」

(^ω^)「ktkr!!!」

僕は飛び上がった。ツンはえもいわれぬ表情で、でもとても嬉しそうに頬を赤らめて笑ってた。

(^ω^)「でも・・・出産はどうするんだお?母さんはもういないし・・・」

ξ ゚?゚)ξ「大丈夫。産めないハズないわ」

ツンは微笑んだ。

ξ ゚?゚)ξ「だって私も・・・あの『お母さん』の娘ですものw」

58 :1:2006/05/23(火) 00:48:01.93 ID:iE2bW50p0
(^ω^)「―――そして十月十日後、無事デレが生まれた、と」

ξ ^∀^)ξ「そうなんだー。お母さんすごいねw」

(^ω^)「すごいだろー」

ξ ^∀^)ξ「・・・・」

(^ω^)「・・・・」

ξ ^∀^)ξ「でお・・・おじいちゃんとおばあちゃん、かわいそうだね」

・・・その言葉に、僕は思わず真顔になる。

ξ ^∀^)ξ「病気で死んじゃって・・・食べられちゃうなんて、私は嫌かなー」

(^ω^)「そんな事ないお。あの二人は僕の血や肉になったし、」

ドン、と胸を張ると、外の畑を指差し、

(^ω^)「・・・大地に、なったんだお。」

その言葉に、デレは複雑そうな顔をして頷いた。

60 :1:2006/05/23(火) 00:49:53.63 ID:iE2bW50p0
―――その日の夜は、強烈な雷雨が辺りを襲った。
暴風とまでは行かないが、強烈な雨が畑に打ちつける。窓ガラスに雨粒が激突する音も凄まじく、それはまるで、ツンの死んだあの日と良く似ていた。


僕は眠るデレのオデコにそっとキスをすると、いつもと同じように納屋へ向かった。

しかし、今日はいつもと少し、違う。
空気が淀んでいるし、なによりこの派手な雨脚のお陰で、多少の動作でデレを起こすことも無いだろう。
大きく深呼吸すると、納屋のドアを、今日だけは大きく開け放った。

いつもは月明かりの差すそのベッドは、今日だけは何だか、とても小さく、煤けて見える。
暗中に眠るベッドを起こさぬよう、足音を忍ばせて、ベッドへ近づきしゃがみこんで・・・



―――僕が『それ』を手にしたときと、背後でドアが音を立てて開いたのは全く同時で。
嫌な予感に振り向けば、そこには眠気眼などではない、ハッキリとした眼差しのデレが立っていた。

ξ ^∀^)ξ「・・・毎晩、何してたんだろう、って・・・思ってた」

ξ ^∀^)ξ「そういう事・・・だったんだね」

69 :1:2006/05/23(火) 00:52:33.49 ID:iE2bW50p0
(^ω^)「・・・デレ」

ξ ^∀^)ξ「おかしいと思った。何で最近、いきなりお母さんの話をし始めたのか。ずっと気になってて、でも聞けなかった」

(^ω^)「・・・・・・」

ξ ^∀^)ξ「毎晩、こうやって納屋に寄って、紙袋を手にして畑に向かってたのも知ってるんだよ」

(^ω^)「・・・・・・デr」

ξ ;Д;)ξ「何で・・・なんでそんなことするのっ!!??」

ねえ、お父さん!
泣き叫びながら、デレは僕に訴える。畑にあったの、アレ、お母さんの、と。デレは叫び。それ以上は言葉にならない。

闇を裂いて、悲痛なうめき声が辺りに染み渡る。
僕は何も言えず、その場に立ち尽くしていた。
デレは、泣きながら、僕の手の中にあるモノをじっと見ていた。

不意に、稲光が走る。

―――白く浮かび上がったのは、僕の腕の中にある、ツンのしゃれこうべ。

83 :1:2006/05/23(火) 00:55:55.02 ID:iE2bW50p0
―――ザアアァア・・・・ガラ・・・ガラ・・・アァアアア・・・・

外に出ると、雷鳴と雨音が僕らを迎えた。
傘も差さず、僕達は黙って、畑へと向かう。

僕の手にはしゃれこうべ。
デレの手には鍬。

さながら葬列者の列のように、二人はただ無言で。
それならば鎮魂歌を、と、雨脚はさらに強さを増していくように思えた。


(^ω^)「―――最近になって、な」

僕は、激しいノイズの中口を開いた。鼻を伝った雨が、口の中に入る。

(^ω^)「ツンの問いを、何度も反すうしだした」

ξ ^∀^)ξ「死んだら食べてくれるか、っていう・・・アレ?」

(^ω^)「そうだ・・・。」

そして数ヶ月前から、火葬して骨となったツンの体を、一日に一欠けらずつ、毎夜畑に埋めて回っているのだ、と。
僕が言い終わると、デレはいやいやするように首を横に振った。泣いているのかもしれない。しかし、今の僕には、彼女の涙を拭うことはできない。


そして、僕は語りだす。

85 :1:2006/05/23(火) 00:57:32.54 ID:iE2bW50p0
それは、デレが10歳になってから少し経った時のことだった。
既に、僕もツンも三十路を越えていた。
相変わらず僕は農業に必死に取り組み、ツンはそれをかげながらサポートしつつも子育てに奮闘していた。
街は既に復興しており、昔と何の差異も無い賑わいを見せていた。僕は月に二度、数日間、街に滞在しては作物を売り払い、日々の糧を得ていた。

そんな、ある日。

ツンが、急に冷たい態度を取り始めた。

仕事から帰った僕に寄り付かないばかりか、まだ幼いデレを置き去りにして、一人で納屋に閉じこもる。夕食の準備すらせず、自分も何も食わずに部屋に引きこもる。

(;ω;)「ちょ、ツン!出てくるお!お願いだお!」

僕が涙ながらに訴えても無駄だった。
近寄らないで!・・・そう叫ぶ彼女の声に、ただ僕は絶望し、混乱することしかできなかったんだ。

僕が何をした!?
どうして彼女は僕に寄り付かない!?

それまでオシドリのように寄り添って生きてきた二人だったんだ、僕は仕事も手につかなくなり、お互い何もしなくなって、一週間が経過した。

86 :1:2006/05/23(火) 00:59:43.86 ID:iE2bW50p0
そしてそれは、唐突に。
―――その日は今日と同じ、嵐の夜だった。ただし、季節は冬。
身を裂くような寒さのなか震えながら眠るブーン達。

ξ ゚?゚)ξ「・・・・・・あなた」

その声に起きると、ベッドの枕元にツンが立っていた。初めは夢かとも思ったが、そのリアリティにハッとする。現実だ。
思わず跳ね起きると、ツンを抱きしめようとする。

だが、その瞬間、ツンは逃げるように身をかわし、部屋の入り口まで移動した。

ξ ゚?゚)ξ「触らないで・・・!」

(;ω;)「ツン!」

ξ ゚?゚)ξ「・・・・・・お願い・・・」

そして、

ξ ;?;)ξ「さわらないで・・・おね・・・がい・・・・・・!!!!!」

慟哭するツン。
その首筋に、小さな黒い斑点が浮かんで見えたのは、錯覚なんかじゃ無かった。

88 :1:2006/05/23(火) 01:01:47.89 ID:iE2bW50p0
瞬間、僕は全てを悟る。
まさか、という目でツンを見ると、

ξ ;?;)ξ「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・!」

大声で謝りながら、ツンは振り返り、駆け出してしまった。慌てて追いかける。寒いがそんなことを気にしている場合ではなかった。


(^ω^)(そんな・・・!まさか、そんな・・・・・・!)


十年前の悲劇が、記憶の中で鎌首を持ち上げる。



89 :1:2006/05/23(火) 01:03:14.65 ID:iE2bW50p0
納屋の前まで来ると、僕は大きく息を吸い込み、嗚咽を飲み込んだ。
そして、

(^ω^)「・・・ツン?」

納屋のドアにむかって、優しく、そう声を掛ける。
雷雨の音にまぎれて中の音が聞こえづらいが、物音が少しだけ聞こえた。

ξ ゚?゚)ξ『・・・ブーン』

ドア越しに声が返ってくる。

(^ω^)「ツン・・・単刀直入に聞くお」

ξ ? )ξ『・・・うn』



(^ω^)「・・・黒死病・・・なのかお?」



ξ ? )ξ『・・・多分。』

彼女は、まるで他人事のように言った。
その淡々とした言葉が、僕には酷く重たく感じられた。

92 :1:2006/05/23(火) 01:05:42.37 ID:iE2bW50p0
(^ω^)「・・・・・・」

ツンは、語りだした。
ある日、僕が街から帰ってきたとき。
荷台から、一匹のネズミが飛び出して来た、と。
ツンはネズミを捕まえようとしたが、ネズミはツンの手の甲に噛み付いて・・・

(^ω^)「・・・もういいお」

ξ ? )ξ「・・・きっと、あの街の地下や下水道には、未だにこの疫病がはびこってるんでしょうね・・・」

(^ω^)「・・・でも、何で・・・」

何でツンが、と言おうとして、僕は言葉にならず、

(;ω;)「つ、ツン!ツン!お願いだから・・・お願いだから、抱きしめさせてくれお!」

そう叫んで、ドンドンとドアを叩き始めた。
ドアにはしっかりと内側からカギがかけてあって、ツンはその向こうで苦しんでいて、僕はもう、何が何でも彼女を抱きしめて、安心させてあげたくて、

でも僕には病気を治すこともできなくて、

何で彼女が僕に近寄ろうともしないかがよくわかって・・・


ξ ? )ξ「感染・・・させたくないの」


ドアの向こうで、静かな声が聞こえた。

94 :1:2006/05/23(火) 01:07:27.71 ID:iE2bW50p0
(;ω;)「でも・・・でも・・・ツンは苦しんでるお!病気が辛くて、きっと一人もさびしいにきまってるお!!!」

ξ ? )ξ「・・・・」

(;ω;)「だのに・・・僕には・・・ツンをどうすることも・・・どうしようも・・・何も・・・何も・・・お、おおお・・・」

ずりずり、と。
ドアにすがりつくように、僕はへたりこむ。

この木の板をはさんだ向こうに、愛する人がいて。
その人は、とっても苦しい病気で辛い日々を送っていて。
でも、自分には何も出来ない。

もしも、自分が医者だったら。
彼女を治してあげられるのかもしれない。

もしも、自分が学者だったら。
憎たらしいあの病気の研究をして、解毒剤が調合できるかもしれない。

だのに。
だのに。

僕は、無力な農民で・・・


―――彼女を、愛してやることしか、できない。

96 :1:2006/05/23(火) 01:09:16.86 ID:iE2bW50p0
ξ ? )ξ『・・・ねえ、ブーン』

(;ω;)「お?」

ξ ? )ξ『ダイニングに回って・・・』

(;ω;)「?」

何が言いたいか判りかねたが、とにかくブーンは立ち上がると、全速力でダイニングへと向かった。
当然そこは真っ暗闇だったが、火事場の馬鹿力的なカンで、素早く蝋燭に火を点していく。
ぼんやりとした明かりに照らされ、浮かび上がる部屋の陰影。
と・・・

(;ω;)「・・・!」

僕はダッシュで、窓際へと駆け寄った。

―――ガラスと外界を隔てたそこに、納屋の窓・・・

そして、ツンの貌があった。
ガラスを透かしているからか、その顔色は恐ろしいほどに青く、頬はげっそりとこけている。
痛々しいその姿に胸を痛めていると、ツンが右手に紙を、左手にペンを持って、僕に目線を送った。丁度そばのテーブルにペンと紙があったので、僕も同じように手にする。

ξ ゚?゚)ξ『・・・泣かないで』

筆談。まさか、実の妻とこんなに遠まわしな会話をするハメになるとは・・・。その現実に、僕は残酷な滑稽ささえを感じていた。

99 :1:2006/05/23(火) 01:11:54.89 ID:iE2bW50p0
ξ ゚?゚)ξ『私はもう死ぬわ』

サラサラと、躊躇無くそう紙に書くツン。
その目は、しかし絶望に浸りきっているわけではない。それに、僕は不思議な感覚を覚えた。

(;ω;)『希望を失わないで欲しいお!ツンが死んだらブーンも死ぬお!十年前のあの言葉忘れてないお!!!』

ξ ゚?゚)ξ『私も、覚えてる。あの日の会話。』

ごうごう、と窓の外で雨が叫んでいる。
僕は何も言わず、じっと、彼女の書く文字を凝視していた。

ξ ゚?゚)ξ『だから、ね。お願い。』




ξ ゚?゚)ξ『私を、食べて欲しいの。』




(゜ω゜)「そんなの無理だお!!!」



思わず叫ぶが、声は2枚のガラスと雨音に阻まれて、彼女の元には届かない。

102 :1:2006/05/23(火) 01:14:39.08 ID:iE2bW50p0
ξ ゚?゚)ξ『これが、私の最後のお願い』

(;ω;)「・・・・」

ξ ゚?゚)ξ『もう、あなたと抱き合うことも、キスすることも出来ない・・・』

ξ ゚?゚)ξ『デレにお休みのハグをしてあげることも・・・。』

ξ ? )ξ『だから・・・』

ξ ;?;)ξ『せめて、私・・・あなた達の中で生きたいの・・・あなたのご両親のように・・・』

(;ω;)「ツン・・・」

ξ ;?;)ξ『愛してるわ・・・あなた』

涙でぐちゃぐちゃになる視界。
僕はへろへろになるペン先で、やっとの思いで文字を描き、それを掲げた。


(;ω;)『僕も、君を・・・誰よりも愛してるお』

104 :1:2006/05/23(火) 01:16:12.85 ID:iE2bW50p0
―――パチパチ、パチ。パチ・・・パン!


唐突に、薪が火花を伴って派手に弾けた。
揺り椅子に座ってうつらうつらしていた僕は、炎の上げた悲鳴に起こされた。寝汗が首を伝っている。
上着の袖でそれを拭うと、足元の薪を、暖炉の中へ投げ込んだ。

ゆっくりと揺り椅子から身を起こすと、そっと、妻の眠る隣の部屋を覗き込む。
ガラス窓の向こうに、静かに横たわる妻の横顔。

白磁や淡雪のように、白く透き通った素肌。
カラスの羽にも似た、しっとりと濡れた睫。
ビロードにも負けないしなやかさと艶やかさを持つ、ブロンドの髪。農作業を営む身であるというのに、彼女は毎日、その髪を綺麗に巻き毛にして作業に勤しんでいたのを思い出す。

・・・綺麗だ。本当に、綺麗だ。まるでこの世の物ではないかのように・・・
・・・お世辞抜きでそう思う。

自分のようにトロ臭い人間には、本当にもったいない女性だ。あんなに美しいんだ、それこそ、街の劇団にでも入ればあっという間に看板女優になれただろうに。
だのに、彼女は僕の元に来てくれた。
どうして僕を、なんて野暮な質問はしない。しても、彼女は笑わない。
だけど、僕は、それでも・・・


窓ガラスの向こう、悲運の眠り姫を思い、僕は一人、大粒の涙をこぼした。

106 :1:2006/05/23(火) 01:17:56.68 ID:iE2bW50p0
―――ガラガラッガゴガァアアアン・・・!

凄絶な音と共に、閃光が僕とデレを照らす。
いつしか二人は、赤い果実を雨に叩かれる・・・トマトの畑の前に、立っている。
そして足元に存在する、人の頭がまるまる入る大きさの、窪み。

ブーンは何も言わず、抱えていたツンの頭蓋骨を、そっとその窪みに置いた。
雨に打たれ、その表面が白く粟立っている。


(^ω^)「・・・火葬場なんて、この辺りにはない。だから、僕は直接、ツンをこの手で焼いた」

ξ ^∀^)ξ「・・・うん」

(^ω^)「複雑な気持ちだお。でも、これが、彼女が望んだ結末・・・そして、僕の望んだ結末。」

ξ ^∀^)ξ「・・・・・・お父さんと、お母さんの・・・望む、結末・・・」

さあ、とブーンは目線でデレに促した。
鍬は、デレの手にある。デレが鍬で土をかけなければ、ツンの『埋葬』は終わらない。

だが・・・デレの貌は、ブーンの予想と違う表情を宿していた。

109 :1:2006/05/23(火) 01:20:43.64 ID:iE2bW50p0
ξ )ξ「でも・・・」

(^ω^)「?どうしたお?早くお母さんを・・・」

ξ ;Д;)ξ「違う!!!!」

(;^ω^)「!?」

ξ ;Д;)ξ「なんで!?なんで、そんなことで納得できるの!?」

(;^ω^)「お・・・?」

ξ ;Д;)ξ「私・・・ずっとお母さん、病気で死んで、どこかの墓地に入れられてるって思ってた・・・だから、何時か御墓参りに行くのが夢だった・・・!」

ξ ;Д;)ξ「でも・・・私・・・知らないうちに・・・お母さんのこと・・・お母さんのこと・・・!」

慟哭は、雷鳴よりも鋭くブーンの耳に突き刺さる。
―――そうだ。ブーンだって、彼女と同じ気持ちを抱いている。
だけど・・・相反する気持ちを持つからこそ、ブーンは『こうした』のだ。

116 :1:2006/05/23(火) 01:24:31.27 ID:iE2bW50p0
(^ω^)「デレにも、いつか愛する人ができたら・・この気持ちがわかるお・・・」

ξ ;Д;)ξ「わかりたくなんかない!私は!私は、死んでしまった人の死体を食べてその人の魂が心の中に宿るなんて、信じない!」

ξ ;Д;)ξ「私の中で、お母さんは!お母さんは!」


ξ ;Д;)ξ「ずっと、心の中にだけいるんだぁあーっ!」


唐突に、デレが鍬を振り上げる。

ツンのしゃれこうべが砕かれる―――

ブーンは直感し、だがその場を動けなかった。
・・・いや、もしかすると、ブーンはずっと、そうしてしまいたかったのかもしれない。

ツンの遺骨を畑に埋めることをやめ、大切に葬ってやること・・・それが、一番の供養になるのかも、と。

死者は沈黙する。それが、古からのルールじゃないか。


だが。

二人を包み込むように、周囲の大気が一瞬だけ、大きく膨れ上がったのを、どちらも感じることが出来なかった。

刹那、閃光―――

119 :1:2006/05/23(火) 01:26:26.78 ID:iE2bW50p0
ブーンには、一つだけ、大きな救いがあった。

それは、これまで生きてきて、常に、『自分が愛する』『自分を愛してくれる』人が、誰かしら傍にいたということ。だから、朴訥で、真面目で、少し間が抜けてて、だけどまっすぐに、彼は成長することができたのだ。
だが今もし、彼が目の前で大切な人を再び失ってしまったら、どうなるか、


―――稲光


ブーンは、忘れていた。
自分が愛する人がいたからこそ、こんな数奇な運命を辿っていても、何とか正気を保って生きてくることができたのだと。
そして、その最後の綱が切れたとき、


―――轟音


自分は、あらゆる思考を、放棄してしまう可能性があるという事を。


―――弾き飛ばされるデレ。



(^ω^)「・・・・・・お?」

129 :1:2006/05/23(火) 01:29:36.09 ID:iE2bW50p0
ブーンには、初め何が起きたのか理解できなかった。
数秒後、闇の中でくすぶるそれを見て、やっと理解する。


(^ω^)「・・・ああ、デレの鍬に雷が落ちちゃったのか」


ブーンはよっこいしょ、と立ち上がると、デレだった何かから黒い炭の塊を剥ぎ取り、ツンの頭蓋骨を丁寧に埋葬し始める。
あたりに漂う焦げた肉汁の匂い。

やがてブーンは丁寧に土を盛ると、その上にドン、と木片を突き刺した。

そして、雨の中大の字になる。



(´ω`)「もう・・・・・・疲れた・・・お腹ぺこぺこだ・・・お・・・家に・・・帰らなきゃ・・・。」





132 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:31:30.06 ID:kr5Ie2EW0
うわああああああ

133 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:31:30.89 ID:XCqCMuWoO
ヤバイ

136 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:31:51.15 ID:tp2yp6/MO
うわわわぁぁぁぁ。。





137 :1:2006/05/23(火) 01:31:55.39 ID:iE2bW50p0
( ,,゚Д゚)「・・・ここで、日記は終わってら」

青年はボロボロになった日誌をポンと机の上におくと、ふあああ、と大きなあくびをした。廃屋の天井は思ったよりも低く、青年が背伸びをしただけで腕が天井にぶつかり、派手な音を立てた。

(*゚―゚)「うるさいわねぇ・・・それにしても、昔からある廃屋だからって聞いて来てみたら、こんな事件があったのね・・・」

( ,,゚Д゚)「だなぁ・・・」

(*゚―゚)「ねえギコ」

ん?と、ギコと呼ばれた青年が振り向く。

(*゚―゚)「もしも私が死んだら、あなたはやっぱり、私を食べたいと思う・・・?」

( ,*゚Д゚)「え!?しぃが!?あ、え、ええと・・・」

ポリポリと頬を書く青年。しぃと呼ばれた女性は可笑しそうにクスリと笑った。

(*゚―゚)「いいわ、聞かないでおく」

( ,,゚Д゚)「た、助かる」

(*゚―゚)「私だって・・・死んだらギコ君に食べられたいかって聞かれたら・・・わかんない」

難しそうな顔をするギコ。しぃは至って平然としているが、その目は窓の向こう―――かつてホライゾンという男性も見たであろう太陽を眩しそうに見、

139 :1:2006/05/23(火) 01:33:28.10 ID:iE2bW50p0
(*゚―゚)「でも・・・この話は、愛、だとおもうなぁ」

( ;,゚Д゚)「そ、そうかぁ?」

(*゚―゚)「私はね」

( ,,゚Д゚)「俺は・・・薄気味悪い話だと思うなあ。なんっつうか、神も仏もいねえ、っつうか」

(*゚―゚)「そだね。」

ギコはしぃの隣に立つと、窓の外に広がる、巨大な草原を見つめた。
主のいなくなった畑は、今や雑草と作物の入り混じった、いびつなタペストリとなっている。

( ,,゚Д゚)「でも俺は、実の娘と両親、それに妻の遺骨まで畑に埋めて、その作物を食うなんてことはできねえ。きっとこのホライゾンっつう人は・・・」

二人の警官は、かつては広大な農地だったその織物を、窓越しにじっと見つめる。


その中の一箇所、小さく円を描くように残った落雷の跡に、一輪のひまわりが、天を向いて咲き誇っていた。


ブーンがツン達を食べてしまうようです了





140 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:33:37.10 ID:lOnCZaN90
うああああああ!!!ブーンどうなったんだあああ!!

145 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:34:42.73 ID:lOnCZaN90
おつかれ!>>1ちょーおつかれ!!
悲しかったけどすっごい読みふけった、おもしろかったよ!

149 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:35:56.35 ID:wQOHHGkjO
泣いた……凄い話だった……

151 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:36:12.55 ID:OeLsBhjGO
感動した。久しぶりに自然に泣いた
これは本当に素晴らしいと思う

156 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:36:31.42 ID:kr5Ie2EW0
全米が泣いた

ブーンのその後はどうなったんだ…orz

165 :1:2006/05/23(火) 01:39:30.28 ID:iE2bW50p0
えっと、ブーンのその後ですが、一応明確な形で答えは出さないようにはしてます。
ギコとしぃのいる時代もあえてあやふやな感じで終わらせとこうかな、と思いまして。

話を通して、カニバリズムと倫理観みたいなのをテーマにしてます。
人食いの文化を隠喩して使用し、それさえも愛と感じることができるかどうか、が試される話が書きたかった(^ω^)
あと、話の途中途中が曖昧なのは、自分の中でも答えは出せてないからです(;^ω^)すまんお


176 :1:2006/05/23(火) 01:43:18.17 ID:iE2bW50p0
ちなみに、初め大学の授業中にノートにちょこちょこまとめてた案では、

ブーンはその後、デレの骨も畑に埋めて、その野菜を食って生きる
→しぃとギコ、ブーンの白骨死体をブーンの寝室で発見
→ブーンも畑に埋める。合掌、チーン。
→ひまわりの描写

で〆るつもりでした。


174 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:42:11.25 ID:JFE/xCrZO

俺が途中で予想した展開

黒死病で死んだ者を肥料にしたものを
食べると感染する

ツンが黒死病にかかった理由は
両親のそれにあたった

気付かないブーンはツンが死んでも
同じ過ちを繰り返す

そして黒死病にかかるデレ

初めて気付くブーン

デレを肥料とし、その作物で自ら命をたつ


自信あったのに

177 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 01:43:53.20 ID:xCli2Nx7O
黒死病ってペストのことだよな?

184 :1:2006/05/23(火) 01:46:23.34 ID:iE2bW50p0
>>174
ぶっちゃけ初めはそうするつもりだったんだおw
でもペスト(黒死病)の感染経路を見ると、血液とか汚物による感染が主だし・・・
普通火葬して灰になったら細菌も死滅するからね(´・ω・`)notダイオキシン

でもその話もアナザーエンド的な感じでアリかもねwっうぇww


208 :VIPがお送りします :2006/05/23(火) 02:02:32.48 ID:t1Atyil20
(#^ω^)「鬱!鬱だお!今日は寝れないお・・・・作者は責任取るお」

俺頭悪いから聞くけどブーンはここ>>119で自我が崩壊したととっていいんだよね

213 :1:2006/05/23(火) 02:06:51.87 ID:iE2bW50p0
>>208
そこはご想像におまかせしますw

ただ、話の中のどのタイミングでも、発狂してると見れば発狂して見えるようにはしてますお。


226 :1:2006/05/23(火) 02:32:36.87 ID:iE2bW50p0
さて、まあ時間も時間だし、そろそろ自分も眠らせていただきますお(^ω^)

最後に、ラストまでお付き合いいただいた皆さん、心から感謝感激です。
途中途中多くのコメントをいただきまして、そちらのほうも参考にさせていただきますξ////)ξ

それでは、また会う機会があれば!
本当にありがとござんしたwヾ( ^ω^)メξ(゚、゚*ξメξ ^∀^)ξノシ

スポンサーサイト
【2006/05/24 00:19】 | 〆(・ω・ ) ヨミモノ | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<('A`)ドクオが自殺をしに行くようです | トップ | 【意見要望】アンケート【受付中!】>>
コメント
ヾ( ^ω^)メξ(゚、゚*ξメξ ^∀^)ξノシ
1よ…↑ヤメレ…余計涙がとまらない
【2006/05/24 05:40】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
>>4が2こあるお。
【2006/05/24 09:24】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
ご指摘ありがとうございますた
修正しますた
【2006/05/24 09:45】 URL | キティ@中野人 #79D/WHSg[ 編集]
最後の方で泣けてきますたが、
デレのあっけない死に方に( ゚д゚)ポカーン
灰を自然に撒くという方法はイイでつな。
【2006/05/24 14:42】 URL | 悟る通りすがり #79D/WHSg[ 編集]
スレタイでグロ話だと思ってたけど
キティ氏がそんな文章載せるわけが無いよなと思って読んでみたら
人間の多種多様な生き方のうちの一角を紹介した文で
なんていうんだろう。とにかく心は温まったかも。。。
よく表現できない。とにかくありがとう。
【2006/05/24 22:18】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
デレの死に方がなんとも・・・(´・ω・`)
でも、話としてはよかった。
【2006/05/25 01:58】 URL | たこ #79D/WHSg[ 編集]
泣いたよ。
感動した。
でも、複雑な気持ちになったよ。
【2006/06/14 11:22】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/702-e7013b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。