トマトペースト
<<これから1人Hする | トップ | ●★( ^ω^)で学ぶ初めてのドット絵☆○>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<これから1人Hする | トップ | ●★( ^ω^)で学ぶ初めてのドット絵☆○>>
●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1152019609/

●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○
その1 ← いまココ
その2
その3
その4
その5
その6





1 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:26:49.00 ID:XExH4NjO0
( ^ω^)「おいすー。ブーンだお。僕たちと一緒に囲碁を覚えるお!」
('A`)「ドクオだ。俺もブーンと一緒に勉強をすることになった。よろしくな。」
(´・ω・`)「やぁ。僕は講師のショボン。そしてこちらが…」
ξ゚?゚)ξ「アシスタントのツンです。よろしくね。」
(´・ω・`)「このスレは囲碁初心者を対象とした囲碁講座です。
     囲碁はよく分からないけど興味がある人、初級の壁を突破したい人。
     昔かじったことがあるけどすぐにやめてしまった人。
     この機会に勉強しませんか?囲碁を打つには知識量が結構必要です。
     囲碁はすぐには強くなれません。また実際対局しなければ面白さも
     分からないでしょう。ですが、囲碁が強い方の話を聞いてみてください。
     囲碁が打てない人生はもったいない、と言うはずですよ。

2 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:27:20.24 ID:XExH4NjO0
(´・ω・`)「早速だがブーン。対局の進め方はわかるかな」
( ^ω^)「えっと、たしか黒と白が交互に打つんだお」
(´・ω・`)「そのとおり。先番が黒。例えばこんな感じに打っていくんだ」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼●┼┤   ├┼┼┼┼┼?┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┤   ├┼┼?┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┤   ├┼?┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼○┼┤   ├┼┼?┼┼?┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)「基本的にはどこの交点に打っても構わない」
ξ゚?゚)ξ「そのかわり二連打したり、打った石を動かすことはできないのよ。」
( ^ω^)「それじゃあどこに打つのか迷っちゃうお」
(´・ω・`)「それについては後述する。まずはルールを覚えてもらおうか」

3 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:27:41.23 ID:XExH4NjO0
('A`)「ん?この碁盤、うちの爺さんのより狭いような・・・」
ξ゚?゚)ξ「これは9路盤っていうの。交点の数が縦横9ずつあるでしょ」

※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼┼┼┼┼┼┼┤
07├┼┼┼┼┼┼┼┤
08├┼┼┼┼┼┼┼┤
09└┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「普通は19×19の19路盤を使うの。ドクオのお爺さんのは19路盤ね。
      でもまずはこの小さな碁盤で慣れましょうね」
( ^ω^)「ところで囲碁は勝敗をどう決めるんだお」
('A`)「そうだな。俺も聞きたい。」
(´・ω・`)「囲碁では『地(陣地)』の大きい方が勝ちなんだ。
      相手より大きな地を囲うゲーム。」
ξ゚?゚)ξ「じゃあ地について説明するわね」

4 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:27:57.70 ID:XExH4NjO0

図1             図2              図3
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├●●●┼┼┼┼┤
├┼┼●●┼┼┼┤   ├┼┼●●┼┼┼┤   ├●┼┼●┼┼┼┤
├┼●┼┼●┼┼┤   ├┼●△△●┼┼┤   ├●┼┼●┼┼┼┤
├┼●┼┼●┼┼┤   ├┼●△△●┼┼┤   ├┼●┼●┼┼┼┤
├┼┼●●┼┼┼┤   ├┼┼●●┼┼┼┤   ├┼●●┼┼●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼●┼●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼●●●┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「図1を見てね。黒石が4つの交点を囲っているのが分かるかしら。
      4つの交点が分からない人は図2を見てね。△の地点よ。
      これが地よ。地の単位は『目』。ここでは4目と数えられるわ。
      黒石が置いてある地点は地に数えないから気をつけてね」
      同様に図3は5目(左)と1目(右)を表しているわ。
      一般に黒の地を黒地、白の地を白地と呼ぶわ。」
( ^ω^)「ツンはすごいお!よく知ってるお!」
ξ///)ξ「…ばっ、何言ってるのよ!別にあんたと囲碁が打ちたいわけじゃないんだからね!」
('A`)(俺の存在理由って…)
(´・ω・`)「ツン、まだ説明は終わってないよ」

5 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:28:19.38 ID:XExH4NjO0
ξ゚?゚)ξ「あ、うん。地の囲い方にはいろいろあるわ。」


図4             図5              図6
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌●●△●┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├●△△●┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼●●┼┼┼●●
├┼┼┼┼┼●┼┤   ├┼┼┼┼┼●△△   ├┼┼┼┼┼●△△
├┼┼┼┼┼●┼┤   ├┼┼┼┼┼●△△   ├┼┼┼┼┼●△△
├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼┼┼┼┼┼●△
●●┼┼┼┼┼┼┤   ●●┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼●●
├┼●┼┼┼┼┼┤   △△●┼┼┼┼┼┤   ●┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴●┴┴┴┴┴┘   △△●┴┴┴┴┴┘   △●┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「図4は左下と右の両方が4目の黒地よ。図5の△がその四目を表しているわ。
      図6は左下が1目。右が5目。上が3目の黒地よ。」
(´・ω・`)「ブーン、ドクオ。何か気づいたことはあるかな?」
( ^ω^)「……(いいボケが思いつかないお)」
('A`)「…碁盤の隅の方に地を作った方が少ない石数ですむな。」
(´・ω・`)「そうなんだ。盤面の角の近くを『隅』、辺の近くを『辺』と呼ぶんだけど、
      ここで地を作る方が碁盤の真ん中で地を作るより効率がいいんだ。」
(´・ω・`)「囲碁は地が多い方が勝つ。だから序盤は効率の良く地を囲える
      隅近く打つことが多いんだ。」
ξ゚?゚)ξ「これは重要なことだから覚えておいてね」

10 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:30:45.04 ID:XExH4NjO0
(´・ω・`)「じゃあ次に。ちょっと難しいけど呼吸点の話をしよう。」
( ^ω^)「なんだお碁盤にエラでもついてるのかお?」
('A`)「……」
(´・ω・`)「囲碁では相手石の上下左右を囲うとその石を取ることができるんだ。
     まず石の取り方を覚えてもらう」
( ^ω^)「ちょwwwwいきなり意味わかんねぇ」
('A`)「もっと分かりやすく説明してくれ」
(´・ω・`)「先程も言ったように相手の石の上下左右を囲うように打つとその石は取れる」
(´・ω・`)「まず図7を見てほしい」

図7             図8              図9
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)「この黒石を取るには上下左右を囲めばいい。
     この黒石の上下左右と言えば図8の△の4ヶ所だね。
     白石でこの4ヶ所を全て打てば黒石は盤上から取り除かれる(図9)」
( ^ω^)「なんだ簡単だお」
(´・ω・`)「この△の地点を『呼吸点』と呼ぶんだが、『ダメ(駄目)』と呼ぶ方が一般的だね。」
ξ゚?゚)ξ「黒石で黒石を囲っても取れないわ。白石で白石もまた然り。
      石から斜めの地点はダメに含まれないからち注意してね。」

12 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:31:14.98 ID:XExH4NjO0
ξ゚?゚)ξ「石数が増えても同じことが言えるわ」

図10            図11             図12
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「図10の黒石のダメは図11の△の6つね。
      この地点に白石を全て打てば2つ黒石を取ることができるわ(図12)」
ξ゚?゚)ξ「相の石が身動きを取れないように囲う。そんな感じね。」
( ^ω^)「うーん、良く分かったお」
('A`)「ほんとかよ」
(´・ω・`)「石のダメにもいろいろあるんだ。」

図13             図14            図15
┌┬△●●●△┬┐   ●●△┬┬┬┬┬┐   △●△┬┬┬┬△△
├┼┼△●△┼┼┤   ●△┼┼┼┼┼┼┤   ●●△┼┼┼△●●
├┼┼┼△┼┼┼┤   △┼┼┼┼△┼┼┤   △△┼┼┼┼△●△
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼△△●△┼┤   ├┼┼┼┼┼△●△
├┼┼△△△┼┼┤   ├┼△●△●△┼┤   ├△△△┼┼△●●
├┼△●●●△┼┤   ├┼△●●●△┼┤   △●●●△┼┼△△
├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼△△△┼┼┤   △●△●△┼┼┼┤
├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   △●●△┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └△△┴┴┴┴┴┘


15 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:31:51.71 ID:XExH4NjO0
(´・ω・`)「13、14図はともに△が●のダメを表している。注意してほしいのは
     辺にくっついている石のダメの数が少ないことだ。つまり辺につっくいて
     いる石は少ない手数で取られてしまう。気をつけよう。」
ξ゚?゚)ξ「15図は『眼』と呼ばれる部分も△で表示してあるけれど、石を取る
      には△を全部打つということでダメとして表記してあるわ」
(´・ω・`)「『眼』については後述する。今は△を全てダメと考えてほしい」
('A`)「複雑だな」
(;^ω^)「むずかしいお…」
ξ゚?゚)ξ「はじめはそんなもんよ。じゃあ実際に石を取ってみましょう。
      白番です。それぞれ一手づつ打って黒石を取ってください」
      (スレのみんなも考えてみてね!)

問1、2、3、4       問5、6              問7、8
●○┬┬┬┬┬┬┐   ┌○○┬┬┬┬┬┐   ┌○●○┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼○○┤   ○●●○┼┼┼┼┤   ●●●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○●●┤   ○●┼┼┼┼┼┼┤   ○○○┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┤   ├○┼┼○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●┼●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●┼┼┼○┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○●○┤   ├┼┼┼○○○┼┤   ├┼○●○┼┼┼┤
└┴┴┴┴○●┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └○●┴●○┴┴┘


('A`)「囲んで取るんだよな」
( ^ω^)「案外できるお」
ξ゚?゚)ξ「囲碁は入門が最大の壁よ。根気良く行きましょう」

16 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:32:17.79 ID:XExH4NjO0
ξ゚?゚)ξ「☆が正解ね」

問1、2、3、4       問5、6              問7、8
●○┬┬┬┬┬┬┐   ┌○○┬┬┬┬┬┐   ☆○●○┬┬┬┬┐
☆┼┼┼┼┼○○┤   ○●●○┼┼┼┼┤   ●●●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○●●☆   ○●☆┼┼┼┼┼┤   ○○○┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┤   ├○┼┼○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●☆●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●☆┼┼○┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○●○┤   ├┼┼┼○○○┼┤   ├┼○●○┼┼┼┤
└┴┴┴┴○●☆┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └○●☆●○┴┴┘
      ↓              ↓               ↓
┌○┬┬┬┬┬┬┐   ┌○○┬┬┬┬┬┐   ○○┬○┬┬┬┬┐
○┼┼┼┼┼○○┤   ○┼┼○┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○┼┼○   ○┼○┼┼┼┼┼┤   ○○○┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┤   ├○┼┼○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼┼┼○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼○┼○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├○┼○┼┼○┼┤   ├┼┼○┼┼┼○┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○┼○┤   ├┼┼┼○○○┼┤   ├┼○┼○┼┼┼┤
└┴┴┴┴○┴○┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └○┴○┴○┴┴┘


('A`)「ブーン、ちゃんとできたか?」←全問正解
(#^ω^)「バカにすんなお。余裕で6問正解だお」
('A`)「まちがえてるじゃねーか」
(´・ω・`)「問題のような【あと一手で石が取れる状態】を『アタリ』と言うんだ。
     ぜひ覚えてくれ」

17 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:32:41.22 ID:XExH4NjO0
(´・ω・`)次にアタリになっている石を助けることを覚えよう。

図16             図17            図18
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤   ├┼┼○●○●┼┤
├┼┼○●○┼┼┤   ├┼┼○●○┼┼┤   ├┼○●○●┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼●○●┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)「図16を見てほしい」
( ^ω^)「あ。黒石がアタリになってるお。さっさと白を打って取るお」
(´・ω・`)「うん、次が白なら取るだろうね。でも今回は黒番で考えてみよう。
      黒は白に取られないためにアタリを解除じなければいけないね。」
('A`)「…黒★と逃げ出したらどうだ?」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼★┼┼┼┤
├┼┼○●○┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)「そう。それが正解だ。この一手によって黒のダメの数が1から3に増えたね。
     次の白番でこの石をとるのは無理なのが分かると思う。」
ξ゚?゚)ξ「やるじゃないの、ドクオ。」
('A`)「……」
('A`*)

18 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:33:03.11 ID:XExH4NjO0
(´・ω・`)「これで16図の黒はひとまず助かったと見よう。じゃあ図17にいこうか。」
( ^ω^)「お。また黒がアタリにあってるお。さっきの要領で逃げるお。えい!」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○★○┼┼┤
├┼┼○●○┼┼┤
├┼┼●○●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「次は白の番ね」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼☆┼┼┼┤
├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼●○●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


(;^ω^)「ちょwwwwおまwwww」
(´・ω・`)「ブーン、それではダメの数が一個のまま変わってないね。
     最低ダメは二つないと次白に取られてしまうよ。」

19 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:33:24.32 ID:XExH4NjO0
('A`)「……黒石もアタリになってるが白石もアタリになっているよな」
('A`)「…!」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼○●○┼┼┤
├┼┼●┼●┼┼┤
├┼┼┼★┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)(お)
(;^ω^)「!!そうはさせないお!まだ黒はアタリだお!」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○☆○┼┼┤
├┼┼○●○┼┼┤
├┼┼●┼●┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


20 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:33:53.74 ID:XExH4NjO0
('A`)「ふぅ…」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○○○┼┼┤
├┼┼○●○┼┼┤
├┼┼●★●┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


(;^ω^)(み、見事に黒石を助けられたお)
ξ゚?゚)ξ「ほんとにドクオやるわね…」
(´・ω・`)「そう。この場合は普通に逃げてもダメなんだ。
     でも黒石もアタリになってるが、白石もアタリになっているんだ。
     【逃げたい黒石と隣り合っている白石をとれば助かる】ことに気づくかが
     ポイントだ。」
ξ゚?゚)ξ「どの石がアタリになっているかしっかり見ましょうね」
(;^ω^)「さっさと図18に行くお!」

(;^ω^)「………」
('A`)「……」
(;^ω^)(なんかごちゃごちゃして状態が把握できないお)
('A`)(白石と黒石が二つずづアタリになってるな)
('A`)(……とりあえずどっちかを逃げるのはどうだろう)
(;^ω^)(うーん片方逃げるともう片方の黒がとられるお)
('A`)(…アタリになってる白石を取るのか…?)
( ^ω^)(…!そうか!逃げたい黒と隣り合ってる白を…)

21 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:34:11.91 ID:XExH4NjO0
( ^ω^)「で、できたお!」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼┼○●○●┼┤
├┼○●┼●┼┼┤
├┼┼┼★┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


('A`)「先をこされたか」
(´・ω・`)「正解だよ。アタリになっている二つの黒★はどちらも図19の白◎と隣
     合っているね。その白石を取ればいっぺんに二つのアタリを解除
     できるってわけさ。」

図19
┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼┼○★○●┼┤
├┼○★◎●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「…そうね、ブーン。よくやったわね」
( ;ω;)(ドクオの時より反応が薄いお………)


23 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:35:09.76 ID:XExH4NjO0
書き溜め分終了。
とりあえずみんなの評価が聞きたい


24 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:37:05.84 ID:J9kYuyNuO
図を使ってるのが分かりやすくて良いとオモ

25 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:37:38.39 ID:ovKGND3+0
まぁ、続けてみたら?

30 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:40:33.16 ID:XExH4NjO0
みんなありがと。
全くレスつかないと思ってた。このまま続行します。
続きが出来次第投下します

33 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:42:25.02 ID:P3scTsuW0
はじめてルールがわかった!
マジおもしろい!wwwwwwwwwww


34 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:43:59.13 ID:4CmEQd5w0
囲碁に興味が持てた
面白いので続けてくれ

38 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/04(火) 22:48:51.38 ID:XExH4NjO0
トリつけました。


39 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 22:51:05.85 ID:oXqREaTM0
さて>>1が調子に乗ってまいりましたw

45 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/04(火) 23:00:40.79 ID:XExH4NjO0
(´・ω・`)「じゃあ次は着手禁止のルールについて話そう」
( ^ω^)「な!そんなの初耳だお!」
(´・ω・`)「安心してくれ。今まで教えたことの矛盾を解消するようなものだから。
     図20を見てくれ。」

図20            図21             図22
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼○弐○┼┼┤
├┼┼○┼○┼┼┤   ├┼┼○壱○┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


('A`)なんだ?この図になにかあるのか?
(´・ω・`)「囲碁は基本的にどこに打ってもいいと教えた。
      白番なら図21の壱に打つことは当然可能だ。」
     「しかし黒から黒壱と打つとどうかな?」
( ^ω^)「……あれ?打った瞬間取られるような・・・」
(´・ω・`)「そうなんだ。だからここを黒から打つのは禁止されてるんだ。
      次に図22を見てほしい。黒から弐と打つことはできるかな?」
('A`)「…まぁ変な場所だけど、打った瞬間は取られないよな」
(´・ω・`)「そう。ここは着手禁止点ではないからきちんと区別できるようにね。」

56 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/04(火) 23:24:54.05 ID:XExH4NjO0
ξ゚?゚)ξ「じゃあ他にも着手禁止点の例をあげるわ」

図23             図24            図25
壱○┬┬┬○弐○┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
○┼┼┼┼┼○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼●●●●●┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼●○○○●┼┤   ├┼┼●●●┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼●○漆○●┼┤   ├┼┼●○伍●┼┤
├┼┼○●○┼┼┤   ├┼┼●○○●┼┤   ├┼●○○○●┼┤
├┼┼○参○┼┼┤   ├┼┼┼●●┼┼┤   ├┼┼●●●┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「図23~25を見てね。壱~伍はいずれも黒から打つことができないわ。」
     「いずれにせよ打った瞬間に取られるのを確認してね。」
( ^ω^)「でも好んでこんなところに打つのはドクオぐらいだお」
ξ゚?゚)ξ「うーん、実はそうとも言い切れないわ。」(……まぁ確かにね)
('A`)「……」
(´・ω・`)「実はね、着手禁止点にも例外があるんだ」
(#^ω^)「ビキビキ。いいかげんにするお!」
(´・ω・`)「いや、君たちはもう着手禁止点の例外を知っているんだ」
( ^ω^)('A`)「な、なんだってー!」

58 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 23:27:16.89 ID:6dfjkAgf0
>>56
なんで伍のとこに黒を打っちゃいけないのかわからない・・・(´・ω・`)

63 :VIPがお送りします :2006/07/04(火) 23:37:55.61 ID:ZwfpmmNW0
>>58
俺将棋しか分からないけど、
多分打つと周りが全部白で、
黒が引っくり返ってしまうんだよ

61 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/04(火) 23:30:41.58 ID:XExH4NjO0
ξ゚?゚)ξ「じゃあ他にも着手禁止点の例をあげるわ」

図23             図24            図25
壱○┬┬┬○弐○┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
○┼┼┼┼┼○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼○○○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼○●●●○┼┤   ├┼┼○○○┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼○●漆●○┼┤   ├┼┼○●伍○┼┤
├┼┼○●○┼┼┤   ├┼┼○●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤
├┼┼○参○┼┼┤   ├┼┼┼○○┼┼┤   ├┼┼○○○┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


ξ゚?゚)ξ「図23~25を見てね。壱~伍はいずれも黒から打つことができないわ。」
     「いずれにせよ打った瞬間に取られるのを確認してね。」
( ^ω^)「でも好んでこんなところに打つのはドクオぐらいだお」
ξ゚?゚)ξ「うーん、実はそうとも言い切れないわ。」(……まぁ確かにね)
('A`)「……」
(´・ω・`)「実はね、着手禁止点にも例外があるんだ」
(#^ω^)「ビキビキ。いいかげんにするお!」
(´・ω・`)「いや、君たちはもう着手禁止点の例外を知っているんだ」
( ^ω^)('A`)「な、なんだってー!」

62 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/04(火) 23:34:46.48 ID:XExH4NjO0
変更点
・図24と図25の碁石の修正←ここ重要

70 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 00:06:22.49 ID:MScBsa7r0
(´・ω・`)「図26を見てくれ」

図26
┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●●●┼┼┤
├┼●○○○●┼┤
├┼●○壱○●┼┤
├┼┼●○○●┼┤
├┼┼┼●●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


( ^ω^)「白から壱に打てないことはさっき知ったお」
(´・ω・`)「そうじゃない。見てほしいのは黒から壱に打つことができるかどうかなんだ。」
     「一見ここは黒からも着手禁止点に見える。だがこの場合は黒壱と打つと
     周りの白をとることができる。」
('A`)「……!」
(´・ω・`)「この場合は着手禁止ルールの例外で黒は壱と打つことができるんだ。」
ξ゚?゚)ξ「まぁ例外というより着手禁止が適応されないといった方が正しいわね。」
( ^ω^)「そうなのかお。作者が紛らわしいマネをしたせいでちょっと理解に苦しんだお」
('A`)「打った周りの石が取れる場合は打っていいんだな」

71 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 00:24:55.59 ID:MScBsa7r0
ξ゚?゚)ξ「じゃあ他にも着手禁止が適応されない例を挙げるわね。」

図27             図28
●●●●壱○●┬┐   ○○○○参●○┬┐
○○○○○○●┼┤   ●●●●●●○┼┤
●●●●●●●┼┤   ○○○○○○○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●●●●┼┤   ├┼○○○○○┼┤
├●○○○○○●┤   ├○●●●●●○┤
└●○●弐●○●┘   └○●○漆○●○┘


ξ゚?゚)ξ「図27~28の壱~漆は一見黒からは着手禁止に見えるけど
      近接している白石を取ることができるので黒石を打つことができるわ。」
(´・ω・`)「図28は図27と似ているが、図27の壱、弐は白からも打てる事を示した。」
( ^ω^)「なるほどー。だんだん分かってきたお」
('A`)「でもこの程度の知識じゃ囲碁を打てる気がしないな」
(´・ω・`)「そうだね。まだ基本ルールすら終わってないからね。」
(;^ω^)「まだあるのかお」
ξ゚?゚)ξ「じゃあそろそろ『コウ』に進みましょう。」

74 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 00:52:39.03 ID:MScBsa7r0
(´・ω・`)「では図29を見てくれ。黒番だ。」

図29         
┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼○┼○●┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


( ^ω^)「うはwwww今なら空も飛べるはず!」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼○★┼●┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


('A`)「ん。次白番だよな」
ξ゚?゚)ξ「そうよ」

77 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 01:02:20.34 ID:MScBsa7r0
('A`)「…?」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼○┼☆●┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


( ^ω^)「…ドクオ、無限ループってこわくね?」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼○★┼●┼┤
├┼┼┼○●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)「気づいたみたいだね。このままだと勝負は決まらないのが分かると思う。
      このような形を『コウ(劫)』と呼ぶんだ。」
ξ゚?゚)ξ「この形になったときのために囲碁には『同形反復禁止』ルールがあるの」
(;^ω^)(…日本語でイインダヨー)
(´・ω・`)「砕いて言えばこの形になったら相手の石を直に取り返してはいけない、
      と言ってるんだ。」
     「取り返すのなら、一度他のところに打ってからでないといけないよ、と。」
(;^ω^)「よくわかんないお…」

83 :VIPがお送りします :2006/07/05(水) 01:18:39.80 ID:77NE58go0
>>1
今日はもう終わり?
つか、どこまでやる気?

84 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 01:20:26.23 ID:MScBsa7r0
俺が寝たらスレ落ちるしね。
コウが終わったら寝ようかしら


85 :VIPがお送りします :2006/07/05(水) 01:23:08.45 ID:77NE58go0
>>84
落ちたらまた夜にでも立ててくれ

ちょっと明日ヒカルの碁読んでみようかな

86 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 01:32:30.54 ID:MScBsa7r0
(´・ω・`)「まず図30見てほしい。まず黒が★と白石を取ったところだ。」

図30            図31              図32
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├○○┼┼┼┼┼┤   ├○○┼┼┼┼┼┤   ├○○┼┼┼┼┼┤
├○●┼┼┼┼┼┤   ├○●☆┼┼┼┼┤   ├○●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼★┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┤   ├┼●┼┼┼┼┼┤   ├┼●┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤
├┼┼┼○★┼●┤   ├┼┼┼○●┼●┤   ├┼┼┼○●┼●┤
├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


( ^ω^)「でも白はすぐに取り返せないんだお」
(´・ω・`)「そこで一旦図31のように打ってみる。」
('A`)「…アタリか。図32になるよな」

図33             図34            図35          
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├○○┼┼┼┼┼┤   ├○○┼┼┼┼┼┤   ├○○┼┼┼┼┼┤
├○●○┼┼┼┼┤   ├○●○┼┼┼┼┤   ├○┼○┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼☆┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┤   ├┼●┼┼┼┼┼┤   ├┼●┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤
├┼┼┼○┼☆●┤   ├┼┼┼○●★●┤   ├┼┼┼○●●●┤
├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤   ├┼┼┼┼○●┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘


(´・ω・`)「ここで図33と白は取り返す。一旦他のところに打ったから今度は取っていいよね。」
( ^ω^)「アウ……
      セフセフ!!」
('A`)「黒は図32で図34ってのもあるよな」
(´・ω・`)「それは白が図35のよう打って代償を得るだろうね」

92 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/05(水) 02:29:40.86 ID:MScBsa7r0
ξ゚?゚)ξ「この様にコウになった場合、相手が受けなければならないところに一旦打ち(図31)、
      相手に受けさせてから(図32)コウを取り返す’(図33)ことを『コウダテ』と言うわ。」
( ^ω^)「すげえお。」
ξ゚?゚)ξ「また、相手が受けなければならないところに打ち、相手がそれに応じることを『交換』
      と言うの。図31-図32が例ね。」
(´・ω・`)「コウダテを両者が繰り返すことを『コウ争い』というんだけど、コウ争いに勝って劣勢の碁が
     ひっくりかえる、なんてことは良くあることなんだ。」
('A`)「覚えておくよ」
(´・ω・`)「次はいよいよ囲碁で最も大切な『死活』について勉強しよう」


( ^ω^)今までのまとめだお

・囲碁は黒と白が交互に交点に打つ
・囲碁の勝敗は地の大小で決める
・相手の石を囲むとその石を取ることができる
・着手禁止点がある
・コウは大切
・なんかボケようと思ったけどネタがない

じゃあ今回はここまで。こんな時間までありがとう!



その2





コレは純粋に面白い
ずっとはり付いてたんだけど、囲碁に興味が出てきたwwww

ニャー速とかだったら、ここでヒカルの碁とかのアマゾヌつけるのかなぁ('A`)
スポンサーサイト
【2006/07/05 02:52】 | (´・∀・`) ヘー | トラックバック(0) | コメント(9) |
<<これから1人Hする | トップ | ●★( ^ω^)で学ぶ初めてのドット絵☆○>>
コメント
>>71なんだけど、図27で壱と弐に白打ったらアボンするんじゃないかとオモタ
【2006/07/05 09:33】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
↑白が取られる(=着手禁止)、という意味で言ってるのかな?(間違ってたらスイマセン)
石を打つとき、石を取れる場合は取る方のルールが優先されるので、白が打ったとしても黒石を取れますな。
【2006/07/05 10:37】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
一気に読んじまったよ!
おもすれー( ^ω^)
【2006/07/05 12:23】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
これわ分かりやすい
どんどん難しくなっていきそうだが
【2006/07/05 14:06】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
囲碁やりたくなってきたわ
wktkして続き待つお( ^ω^)
【2006/07/05 16:47】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
「インタラクティブ囲碁入門」でググれ
実際に打って覚えられるぞ
【2006/07/05 20:04】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
こりゃいいわ、続編期待( ^ω^)
【2006/07/05 20:04】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
>>2
そうなのか!
サンスコー^^
【2006/07/06 09:55】 URL | 1 #79D/WHSg[ 編集]
スレの>>2の右の碁盤の数字の順番がおかしい。
これじゃあ黒も白も二手連続で打ってる事になっちまう。
【2006/07/06 16:40】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/828-955217d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。