トマトペースト
<<●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その3 | トップ | ●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その5>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その3 | トップ | ●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その5>>
●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その4

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1152019609/

●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○
その1
その2
その3
その4 ← いまココ
その5
その6





443 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:13:22.29 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「では眼と欠け目の見分け方を説明しよう。欠け目になっている場所はダメが詰まると
      欠け眼の地点に石を打たなければならない。」
( ^ω^)「?」
(´・ω・`)「図88に例を挙げた。これで説明しよう。黒石に眼がふたつあるように見えるね。
      でも実はこの黒の上の眼は欠け目なんだ。」

図88             図89            図90
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○┼○○┼┤   ├┼○○○○○┼┤   ├┼○○○○○┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼○●○┼┼┤   ├┼┼○●○┼┼┤
├┼○○●○○┼┤   ├┼○○●○○┼┤   ├┼○○●○○┼┤
├┼┼●┼●┼┼┤   ├┼┼●┼●┼┼┤   ├┼┼●★●┼┼┤
├┼┼●●●┼┼┤   ├┼┼●●●┼┼┤   ├┼┼●●●┼┼┤
├┼┼●┼●┼┼┤   ├┼┼●┼●┼┼┤   ├┼┼●┼●┼┼┤
└┴┴●┴●┴┴┘   └┴┴●┴●┴┴┘   └┴┴●┴●┴┴┘

(´・ω・`)「欠け目かどうか判別するには、まず図89のように白石で黒石のダメを詰めてみる。」
('A`)「ん、黒石がアタリになったな。黒は図90の★と繋ぐことになる。」
( ^ω^)「あ、図90の黒は眼が無いお。」
(´・ω・`)「そうだね。これで図88の上の眼が欠け目であるとわかると思う。
      眼か欠け目かわからない場合はダメを詰めてみるといい。
      ダメを詰めてみてアタリになれば欠け目。アタリにならなければ眼と区別しよう。」

444 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:13:43.28 ID:iCeJWPbo0
ξ゚?゚)ξ「図89では上の黒のダメを詰めたわ。今回はこれだけで欠け目とわかったけれど
      本来、眼か欠け目か判別するときには、図91とこちらからもダメを詰める必要があるの。」

図91
┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○┼○○┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤
├┼○○●○○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●○●○┼┤
└┴○●┴●○┴┘

ξ゚?゚)ξ「というのも、図91では白が黒のダメを詰めたのに黒石がアタリになっていないわね。
      もしこちらからしか調べなければ、上の眼は欠け目ではなく本物の眼である、
      と勘違いしてしまうわ。だからダメは上下両方とも詰めてみなくちゃいけないの。
      まぁ手っ取り早い方法はすべてのダメを詰めてみることね。」

図92
┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○┼○○┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤
├┼○○●○○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●○●○┼┤
└┴○●△●○┴┘

ξ゚?゚)ξ「ちなみに図91で図92の△に白は打てないわね。着手禁止点よ。」

446 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:14:11.12 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「図93に欠け目の例を挙げた。△の地点はすべて欠け目だ。
      黒石がそれぞれアタリになっているね。この黒石はすべて一眼で死んでいるんだ。」

図93             図94            図95
┌┬┬┬○●△●┐   ┌●┬○●┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼○○●●●   ●●●●○○┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○○○○   ○○○○○┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
○○○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼○○○○○┼┤
●●○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼○○○○○   ├┼○●●●○┼┤
├●○┼┼○○○○   ├┼┼○○●●●●   ├┼○●┼●○┼┤
●●○┼┼○●●○   ├┼┼┼●○┼●┤   ├┼○●●●○┼┤
△●○┼┼○●△●   ├┼┼○○●●●●   ├○○●┼●○○┤
●○○┴┴○○●┘   └┴┴┴○○○○○   └┴●┴○┴●┴┘

(´・ω・`)「図94の黒も一眼しかないんだ。図96の★と白石をとっても、」

図96             図97
┌●★┬●┬┬┬┐   ┌●●△●☆┬┬┐
●●●●○○┼┼┤   ●●●●○○┼┼┤
○○○○○┼┼┼┤   ○○○○○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○○○○○   ├┼┼┼○○○○○
├┼┼○○●●●●   ├┼┼○○●●●●
├┼┼┼●┼★●┤   ├┼┼☆●△●●┤
├┼┼○○●●●●   ├┼┼○○●●●●
└┴┴┴○○○○○   └┴┴┴○○○○○

(´・ω・`)「図97のようになって△は欠け目だね。」

447 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:14:26.01 ID:iCeJWPbo0
( ^ω^)「じゃあ図95を説明してくれお。これは下の眼が欠け目なのかお?」
ξ゚?゚)ξ「そうよ。この黒は黒から打っても二眼がないわ。」

図98             図99            図100
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤   ├┼○○○○○┼┤   ├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤   ├┼○●┼●○┼┤   ├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤
├○○●┼●○○┤   ├○○●┼●○○┤   ├○○●★●○○┤
└┴●┴○★●┴┘   └┴●☆○●●┴┘   └┴●┴┴●●┴┘

ξ゚?゚)ξ「まず図98の★と打ってみましょう。ここで白は図99☆とわざと石を取らせるの。」
( ^ω^)「石を取られていいのかお…。じゃあ図100★と取らせてもらうお。」
ξ゚?゚)ξ「そして図101がトドメの一撃よ。」

図101            図94
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌●┬○●┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ●●●●○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ○○○○○┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○●●●○┼┤   ├┼┼┼○○○○○
├┼○●┼●○┼┤   ├┼┼○○●●●●
├┼○●●●○┼┤   ├┼┼┼●○┼●┤
├○○●●●○○┤   ├┼┼○○●●●●
└┴●☆┴●●┴┘   └┴┴┴○○○○○

('A`)「…そうか、図94と同じことになっている。
   黒は図101の☆を取っても欠け目なんだな。」
( ^ω^)「マジだお!黒は一眼しかないお。」

448 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:14:53.52 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「じゃあ黒の手を変えてみようか。黒★と打ってみた。白はどうするかな?」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├○○●★●○○┤
└┴●┴○┴●┴┘

( ^ω^)「んー、こうかお?」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├○○●●●○○┤
└┴●┴○┴●☆┘

ξ゚?゚)ξ「それには黒はこう打つわね。」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├○○●●●○○┤
└┴●┴○★●○┘


449 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:15:12.85 ID:iCeJWPbo0
ξ゚?゚)ξ「次に黒壱と打つと黒は二眼ね。かといって白から壱に打って邪魔することはできないわ。
      ここは白からだと着手禁止点ね。」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├○○●●●○○┤
└┴●壱○●●○┘

('A`)「つまり次は白番だけど、黒だけが壱に打てるからここは黒の眼なのか。」
ξ゚?゚)ξ「そういうこと。黒は生きたわね。内藤の打った手がよくなかったの。」
(;^ω^)「うー。じゃあここかお?」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├○○●●●○○┤
└┴●☆○┴●┴┘


450 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:15:30.12 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「そう。それで正解だ。これは図100と全く同じ形だね。この後の進行は省略するよ。」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├○○●●●○○┤
└┴●┴┴★●┴┘

( ^ω^)「確かに黒が眼を作るのは無理みたいだお。」
('A`)「時にはわざと石を取らせるのか」
ξ゚?゚)ξ「図101のようにわざと石を捨てて欠け目にする手段を『打ち欠き』と言うわ。」
      「じゃあ練習してみましょうか。黒を打ってそれぞれの黒を生きてね。
       難しいかもしれないけどスレの皆もやってみてね。」

問1、2            問3             問3
┌●┬●○┬┬┬┐   ┌┬┬┬○○○○○   ┌●○○┬┬┬┬┐
●┼●●○┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼●┼○   ●┼●○┼┼┼┼┤
○○○○○┼┼┼┤   ├┼┼┼○●┼●○   ├●●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├○┼┼○●┼●○   ○○○○┼○○○○
├┼┼┼┼○○○○   ●○○┼○○●●○   ├┼┼┼○┼┼●○
├┼┼┼○●●●●   ├●○┼┼○○●●   ├┼┼┼○●┼○●
├┼┼┼○●┼●┤   ├●○┼┼┼○●○   ├┼┼┼○●●●●
├┼┼┼○┼●┼●   ●●○┼┼┼○●┤   ├┼┼┼○○○●┤
└┴┴┴○○○○┘   └●○┴┴┴┴○┘   └┴┴┴┴┴○●┘

(´・ω・`)「ヒントは欠け目にならないように眼をつくることだ。」





455 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 16:24:35.89 ID:O3UQb9+30
>>450
真ん中の図の右下は初心者にはけっこうややこしいけど
ちゃんと白番からは欠け目になるな

こーゆう問題全部>>1の自作?
だとしたら一度の投下にどのぐらい時間かかるんだ?

457 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 16:30:15.43 ID:iCeJWPbo0
>>455
このスレのソースは全部◆kZK9g25qNUの脳内です><
問題作るより図を作成するのに時間がかかるお。


474 :■欠け目の簡単な見分け方 :2006/07/07(金) 17:54:24.13 ID:6BvyKVF30

    ↓図1     ↓図2      ↓図3
01┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐ 
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼壱●弐┼┼┼●●┼┼┼┼●●┼┼┤
04├┼●╋●┼┼┼●╋●┼┼┼●╋●┼┤
05├┼参●四┼┼┼●●●┼┼┼●●┼┼┤
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


まずは図1を見ていただこう。目のように見える周りに4つの傷があるな。
実はこの傷が3つ以上つながってると目で3つ未満だと欠け目になるのだ。

図2は傷が3つつながって完全な目だ。
図3は傷が3つ未満なので、周りのダメがつまってくると欠け目となってしまう。

どうだ?簡単だろ?以上。

475 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 17:57:32.53 ID:CYzAkUrR0
>>474有段者乙

476 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 17:59:01.59 ID:O3UQb9+30
>>474

┌┬┬┬●●●┬┬┬┬┬┬┬┬┐ 
├┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼●●┼┼┼┼●●┼┼┤
├┼┼┼┼●╋●┼┼┼●╋●┼┤
├┼┼┼┼┼●●●┼┼●●┼┼┤
├┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼┤

三つ未満というのがよくわからんが
こういう状態の真ん中の目はどうだ?

478 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 18:03:39.90 ID:iCeJWPbo0
>>474
その説明だとこの図が欠け目に見えるかもね。

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○┼┼┤
├┼○●●○┼┼┤
├○●●┼●○┼┤
├○●┼●●○┼┤
├○○●●○┼┼┤
├┼┼○○○┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘

ちなみに傷が二個あるの目が二つで生きることもあるよ。
この白みたいにね

┌●●●┬┬┬┬┐
●○○●●●●┼┤
●○┼○○○●●┤
●○○●●○○●┤
●○●●┼●○●┤
●○●┼●●○○●
●○○●●○┼○●
●●○○○○○●┤
└●●●●●●●┘


480 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 18:18:11.69 ID:SO8B14/J0
>>478の下の図を見て思ったんだけど、上の眼がない場合、つまり、

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●●●●●┼┤
●●○○○○●●┤
●○○●●○○●┤
●○●●┼●○●┤
●○●┼●●○○●
●○○●●○┼○●
●●○○○○○●┤
└●●●●●●●┘

こんな場合、この白って生きてる?死んでる?
中の黒が二目で生きてるから白の地じゃないわけで、白の眼は1つだよね?
でも黒から手出しして白を取る手がない気が・・・?

481 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 18:19:33.61 ID:SO8B14/J0
あ、ごめん、そのまま取れるわ。失礼した。

483 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 18:38:53.39 ID:1L/IsYpaO
最終的なことを考えるんだ。石を詰めたら目が何個になるのかってのを頭で考えるわけ

だが死活の生き死にだけが勝負じゃないんだ。もちろんそれが基本となるんだが、
囲碁は自分の石で囲いを作って多い方が勝ちってゲームだからね
>>478の場合は、黒18目 白2目で黒の勝ちって訳さ。

コミは、なしってことで





507 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:41:49.38 ID:iCeJWPbo0
ξ゚?゚)ξ「正解はそれぞれ黒★ね。」

問1、2            問3、4           問5,6
┌●┬●○┬┬┬┐   ┌┬┬┬○○○○○   ┌●○○┬┬┬┬┐
●★●●○┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼●┼○   ●┼●○┼┼┼┼┤
○○○○○┼┼┼┤   ├┼┼┼○●┼●○   ★●●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├○┼┼○●┼●○   ○○○○┼○○○○
├┼┼┼┼○○○○   ●○○┼○○●●○   ├┼┼┼○┼★●○
├┼┼┼○●●●●   ★●○┼┼○○●●   ├┼┼┼○●┼○●
├┼┼┼○●┼●┤   ├●○┼┼┼○●○   ├┼┼┼○●●●●
├┼┼┼○┼●★●   ●●○┼┼┼○●★   ├┼┼┼○○○●┤
└┴┴┴○○○○┘   └●○┴┴┴┴○┘   └┴┴┴┴┴○●┘

ξ゚?゚)ξ「問1(上のほう)は今黒が打ったところに白から打たれると黒は死んでしまうわね。」
      「問2(下のほう)は図102の壱か弐かで迷ったと思うわ。でも黒が壱に打つと、
      次に白に弐と打たれて図103のように右側の眼が欠け目になるわ。
      正解の黒弐は一手で左右両方の眼を確保する巧手ね。」

図102            図103
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○○○○   ├┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼○●●●●   ├┼┼┼○●●●●
├┼┼┼○●┼●┤   ├┼┼┼○●┼●△
├┼┼┼○壱●弐●   ├┼┼┼○●●○●
└┴┴┴○○○○┘   └┴┴┴○○○○┘

※図103の△が欠け目。

509 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:42:07.58 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「次に問3(左のほう)を解説しよう。これは白からの打ち欠きを防いだ手なんだ。
      打ち欠きについては図101が例なので確認してほしい。」

問3、4
┌┬┬┬○○○○○
├┼┼┼○┼●┼○
├┼┼┼○●┼●○
├○┼┼○●┼●○
●○○┼○○●●○
★●○┼┼○○●●
├●○┼┼┼○●○
●●○┼┼┼○●★
└●○┴┴┴┴○┘

(´・ω・`)「問4(右のほう)を見てみよう。この黒は上のほうにすでに一眼あるね。
     だから右下にもう一眼つくれば黒の生きが確定する。」
( ^ω^)「右下に眼を作ったはいいけど、ホントに上には眼があるのかお。
      白から☆と打ち欠きを打たれたらどうするんだお?」

┌┬┬┬○○○○○
├┼┼┼○┼●┼○
├┼┼┼○●☆●○
├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○○●●○
├┼┼┼┼○○●●
├┼┼┼┼┼○●┤
├┼┼┼┼┼○●●
└┴┴┴┴┴┴○┘


510 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:42:26.93 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「普通に取ってしまえばいい。次に白が壱と打てば黒弐、
     白が弐から打てば黒壱。上に眼があることを確認してくれ。」

┌┬┬┬○○○○○
├┼┼┼○弐●壱○
├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○●★●○
├┼┼┼○○●●○
├┼┼┼┼○○●●
├┼┼┼┼┼○●┤
├┼┼┼┼┼○●●
└┴┴┴┴┴┴○┘

ξ゚?゚)ξ「打ち欠きは成立するときとしないときがあるからよく見極めて打ちましょうね。」
( ^ω^)「はいだお。」
('A`)「……でもさぁ、黒がわざわざこの△の白を取りにいかなくても白は逃げられないぞ。」

図104            図105           図106
┌┬┬┬○○○○○   ┌┬┬┬○○○○○   ┌┬┬┬○○○○○
├┼┼┼○┼●┼○   ├┼┼┼○┼●┼○   ├┼┼┼○┼●┼○
├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○○●●○ → ├┼┼┼○○●●○ →. ├┼┼┼○○●●○
├┼┼┼┼○○●●   ├┼┼┼┼○○●●   ├┼┼┼┼○○●●
├┼┼┼┼┼○●△   ├┼┼┼┼┼○●○   ├┼┼┼┼┼○●┤
├┼┼┼┼┼○●┤   ├┼┼┼┼┼○●☆   ├┼┼┼┼┼○●┤
└┴┴┴┴┴┴○┘   └┴┴┴┴┴┴○┘   └┴┴┴┴┴┴○★

('A`)「な?」
ξ゚?゚)ξ「確かに白は逃げても黒に取られてしまうわ。
      でもドクオ、逃げた結果はどうかしらね。」

511 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:42:43.42 ID:iCeJWPbo0
ξ゚?゚)ξ「これでどう?」

図107            図108           図109
┌┬┬┬○○○○○   ┌┬┬┬○○○○○   ┌┬┬┬○○○○○
├┼┼┼○┼●┼○   ├┼┼┼○┼●┼○   ├┼┼┼○┼●┼○
├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○○●●○ → ├┼┼┼○○●●○ .→.├┼┼┼○○●●○
├┼┼┼┼○○●●   ├┼┼┼┼○○●●   ├┼┼┼┼○○●●
├┼┼┼┼┼○●┤   ├┼┼┼┼┼○●★   ├┼┼┼┼┼○●●
├┼┼┼┼┼○●☆   ├┼┼┼┼┼○●○   ├┼┼┼┼┼○●○
└┴┴┴┴┴┴○┘   └┴┴┴┴┴┴○┘   └┴┴┴┴┴☆○┘

( ^ω^)「あ、黒は右下の白石を取ってもここは眼にならないお。結局黒は上の一眼しかないお。」
ξ゚?゚)ξ「そうね。注意するところは図107の白☆と黒石を取り返したのはコウではないこと、
      「図109でアタリになった白石を繋がないことね。もし図110と繋ぐと黒から図111の★
       と打たれて左下が眼になってしまうわ。」

図110            図111
┌┬┬┬○○○○○   ┌┬┬┬○○○○○
├┼┼┼○┼●┼○   ├┼┼┼○┼●┼○
├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○●┼●○   ├┼┼┼○●┼●○
├┼┼┼○○●●○ → ├┼┼┼○○●●○
├┼┼┼┼○○●●   ├┼┼┼┼○○●●
├┼┼┼┼┼○●●   ├┼┼┼┼┼○●●
├┼┼┼┼┼○●○   ├┼┼┼┼┼○●┤
└┴┴┴┴┴┴○☆   └┴┴┴┴┴★┴┘

(´・ω・`)「結局黒は正解のように打つしかないんだ。」

512 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:43:01.73 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「問5は下図のように白から壱と打たれると▲の黒石がアタリになるね。
      アタリになるって事は、ここの地点は欠け目だね。黒壱が正解だ。」

問5
┌●○○┬┬┬┬┐
●┼▲○┼┼┼┼┤
壱▲▲○┼┼┼┼┤
○○○○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘

(´・ω・`)「じゃあ最後だ。問6を見てみよう。図112の白△を取って眼を作るのは分かったかな?
      それが分かればあとは★か▲、どちらかが正解となる。」

問6              図112
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○○○○   ├┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼○┼┼●○   ├┼┼┼○┼★●○
├┼┼┼○●┼○●   ├┼┼┼○●▲△●
├┼┼┼○●●●●   ├┼┼┼○●●●●
├┼┼┼○○○●┤   ├┼┼┼○○○●┤
└┴┴┴┴┴○●┘   └┴┴┴┴┴○●┘

(´・ω・`)「まぁ正解は★なんだが、まずなぜ▲がだめか見てみよう。」

513 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:43:39.89 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「まず黒は▲と白を取る。ここで一眼完成かと思いきや、白☆とアタリにされる。
     これは欠け目だね。黒は一眼の死にだ。」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○○○○   ├┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼○┼┼●○ → ├┼┼┼○┼☆●○
├┼┼┼○●▲┼●   ├┼┼┼○●●┼●
├┼┼┼○●●●●   ├┼┼┼○●●●●
├┼┼┼○○○●┤   ├┼┼┼○○○●┤
└┴┴┴┴┴○●┘   └┴┴┴┴┴○●┘

(´・ω・`)「次に★と打った場合だ。白に☆とアタリにされるが、白石をとってここは完全な眼だね。
      だから黒★が正解だ。」

┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○○○○   ├┼┼┼┼○○○○   ├┼┼┼┼○○○○
├┼┼┼○┼★●○ → ├┼┼┼○☆●●○. →.├┼┼┼○○●●○
├┼┼┼○●┼○●   ├┼┼┼○●┼○●   ├┼┼┼○●★┼●
├┼┼┼○●●●●   ├┼┼┼○●●●●   ├┼┼┼○●●●●
├┼┼┼○○○●┤   ├┼┼┼○○○●┤   ├┼┼┼○○○●┤
└┴┴┴┴┴○●┘   └┴┴┴┴┴○●┘   └┴┴┴┴┴○●┘

(´・ω・`)「相手の石を取って眼を作る場合、石を取った跡の形に気をつけよう。
     欠け目の解説は以上だ。」
ξ゚?゚)ξ「眼は死活に直接影響するのでしっかりと眼と欠け目の区別をしましょうね。」





515 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:45:36.80 ID:iCeJWPbo0
おまけ!
黒先白死。強い人向け

┌┬●○┬┬┬┬┐
├┼●○○○┼┼┤
├┼●●●●○○┤
├┼┼┼●○○●┤
├┼┼┼●○●●┤
├┼┼┼●●○○┤
├┼┼┼┼┼●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


516 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 20:50:50.11 ID:iCeJWPbo0
ミスった!

┌┬●○┬┬┬┬┐
├┼●○○○┼┼┤
├┼●●●●○○┤
├┼┼┼┼●○●┤
├┼┼┼┼●○●┤
├┼┼┼┼●●○┤
├┼┼┼┼┼┼●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


517 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 20:54:09.89 ID:tEAmOUa60
2の2しかないじゃん

522 :VIPがお送りします :2006/07/07(金) 21:24:12.20 ID:1L/IsYpaO
2の二で渡りと切りを見てる。
てか前の図でもいい気がしないでもない

524 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 21:42:24.97 ID:iCeJWPbo0
そうだね、2の二だね。前の図でもいいね。
追い落としの罠なんてひっかからないよね。
ちょっと錯覚した。






530 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 22:22:47.81 ID:iCeJWPbo0
ξ゚?゚)ξ「それじゃあ次は『中手(なかで)』について説明するわね。」
( ^ω^)「それってまた死活かお?」
ξ゚?゚)ξ「そうよ。死活ばかりで悪いけど図113を見てね。」

図113            図114
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼○○○○○┼┤   ├┼○○○○○┼┤
├┼○●●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤   ├┼○●┼●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤   ├┼○●☆●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤   ├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤   ├┼○●●●○┼┤
├┼○○○○○┼┤   ├┼○○○○○┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

ξ゚?゚)ξ「こんな図を覚えているかしら。」
('A`)「たしかこの黒は黒から打てば生きて白から打てば死ぬんだったな。」
ξ゚?゚)ξ「そう。白からこの黒を取るときは図114の☆と打ったわね。
      このように相手の地の中に自分の石を打ってその相手の石を殺す手段を
      『中手』と言うの。」
(´・ω・`)「中手にはいくつかパターンがあるんだ。」
     「まず図114みたいな中手を三目中手と呼ぶ。
     相手の三目の地の中に手を入れて殺す手段なのでこう呼ばれる。」
(;^ω^)「ちょwwwさっきから殺す殺すって。囲碁ではそんな表現を使うのかお。」
(´・ω・`)「そうだね。ごく普通に使われているね。死ぬが自動詞で殺すは他動詞と思ってくれ。」

534 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 22:40:03.30 ID:iCeJWPbo0
(´・ω・`)「さて。さっき中手にはいくつかパターンがあると言った。早速これを全部覚えてしまおう。」
(;^ω^)「マジかお…」

図115            図116           図117
○○○○○┬○○○   ┌○●┬○┬●○┐   ○●┬○┬●○┬┐
●●●●○┼○●●   ├○●●┼●●○┤   ○●●┼┼●○┼┤
●○┼●○┼○●┤   ├○○●●●○○┤   ○○●●●●○┼┤
●┼●●○┼○●○   ├┼┼○○○○┼┤   ├○○○○○○┼┤
●●●○○┼○●┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼○●●●○○┤
○○○○┼┼○●●   ├○○○○○○┼┤   ├○●●┼●●○┤
├┼┼┼┼┼○○○   ├○●●●●○┼┤   ├○●┼○┼●○┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├○●┼┼●○┼┤   ├○●●┼●●○┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └○●┴┴●○┴┘   └○○●●●○○┘
図118
┌○○○○○┬┬┐
○○●●●○○┼┤
○●●┼●●○┼┤
○●┼○┼●○┼┤
○●●┼┼●○┼┤
├○●●●●○┼┤
├○○○○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘

(´・ω・`)「図115が三目中手。図116が四目中手。図117が五目中手。図118が六目中手だ。
      いずれも黒から打っても黒が生きることはない。黒死だ。
      中手には『七目で死に』、というのもあるが、
      それは特殊な形なので、まず上に示した図を全部覚えてほしい。」

540 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/07(金) 23:04:59.51 ID:iCeJWPbo0
('A`)「ん?図116下の黒のなんだが、この黒地の中にだけ白石がないよな。これも中手なのか?」
ξ゚?゚)ξ「これは俗に『バカ四』と呼ばれる形なの。この黒も中手で死によ。」
(´・ω・`)「では中手の死にとは何か。
     それは自分の地の中にある相手の石によって、そこの地の眼がひとつしかない状態なんだ。」
( ^ω^)「…ドクオでもわかるように説明してくれお。」
('A`)「……頼もう。」
(´・ω・`)「つまり図115~118の黒石は大きめの地を持つ石のようで、実は眼がひとつしかないんだ。」
( ^ω^)「な!図115とかは分かるとして、でも眼って小さな地のことじゃないのかお!?」
ξ゚?゚)ξ「それが地の中にある白石の働きによって一眼しかなくなっているの。」
('A`)「……。たしかに図116の下は、4目もの地があり、且つ白の邪魔も無い。
   なのにこの黒は一眼しかない。まごうことなきバカ四だな。」

573 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/08(土) 06:06:40.25 ID:7gt09u4o0
(´・ω・`)「図115~118の黒石がなぜ一眼なのかはそのうち分かると思う。
     では相手の石を中手で殺す例を見てみよう。まず図119を見てくれ。」

図119            図120           図121
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●●●●●┼┤   ├┼●●●●●┼┤   ├┼●●●●●┼┤
├●○○○○●┼┤   ├●○○○○●┼┤   ├●○○○○●┼┤
├●○●●○●┼┤   ├●○┼┼○●┼┤   ├●○●●○●┼┤
├●○●●○●┼┤   ├●○┼┼○●┼┤   ├●○●●○●┼┤
├●○┼┼○●┼┤   ├●○○○○●┼┤   ├●○★┼○●┼┤
├●┼○○○●┼┤   ├●┼○○○●┼┤   ├●┼○○○●┼┤
├┼●●●●┼┼┤   ├┼●●●●┼┼┤   ├┼●●●●┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

(´・ω・`)「この図は黒石が白地の中にあるね。白からこの黒を取ると、図120のように一眼になってしまう。」
( ^ω^)「そうみたいだお。これはバカ四で一眼しかないお。」
(´・ω・`)「だから白から黒石を取りにいくことができない。次に黒から白石を取る手があるか見てみよう。
     図121の★と打ってみる。このあと白石のダメが詰まれば白石はアタリになるので、
     いずれ白は図122の☆と黒石を取ることになる。そこに図123の黒★だ。」

図122            図123
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●●●●●┼┤   ├┼●●●●●┼┤
├●○○○○●┼┤   ├●○○○○●┼┤
├●○┼┼○●┼┤   ├●○┼┼○●┼┤
├●○┼┼○●┼┤   ├●○★┼○●┼┤
├●○┼☆○●┼┤   ├●○┼○○●┼┤
├●┼○○○●┼┤   ├●┼○○○●┼┤
├┼●●●●┼┼┤   ├┼●●●●┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

('A`)「これは五目中手だったな。白は一眼しかない。」
(;^ω^)「こんなにたくさんの黒石を取ったのに白は死ぬのかお。恐ろしいお。」

574 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/08(土) 06:07:01.77 ID:7gt09u4o0
ξ゚?゚)ξ「このように中手で相手の石を殺す場合、自分の石を中手になる形にして相手に取らせるの。
      ここで注意しなければならないことがあるわ。
      図121では白に取らせる黒石のダメが残りひとつになっているわね。そして黒は図121の形で
      白に取られたわ。
      もし図121の黒石のダメが図124のようにもう一つ空いていたらどうかしら。」

図124            図125           図126
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●●●●●●┤   ├┼●●●●●●┤   ├┼●●●●●●┤
├●○○○○○●┤   ├●○○○○○●┤   ├●○○○○○●┤
├●○●●┼○●┤   ├●○●●▲○●┤   ├●○┼┼┼○●┤
├●○●●○○●┤   ├●○●●○○●┤   ├●○┼┼○●┼┤
├●○●┼○●┼┤   ├●○●▲○●┼┤   ├●○┼☆○●┼┤
├●┼○○○●┼┤   ├●┼○○○●┼┤   ├●┼○○○●┼┤
├┼●●●●┼┼┤   ├┼●●●●┼┼┤   ├┼●●●●┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

ξ゚?゚)ξ「白をアタリにするには、ダメを詰める段階でどちらかの▲にもう一手必要ね。(図125)」
      すると図126のように、白が黒を取った跡の形がかわってしまうの。」
( ^ω^)「ほんとうだお。これはさっきの図122とはちがう形だお。」
ξ゚?゚)ξ「自分の石ただ中手の形にすればいいんじゃないの。相手に取られる直前の形が
      中手の形になるように考えて打たなければならないわ。」





575 : ◆kZK9g25qNU :2006/07/08(土) 06:08:05.05 ID:7gt09u4o0
きりのいいところなのでここまでにします。






以下は、保守職人の人達が暇つぶしがてらにやってたやつです。
お暇な方はどうぞ。

>>1に解説されてやっとこ理解できる程度の自分には難しすぎるorz















607 :暇な人はどうぞ :2006/07/08(土) 16:13:17.45 ID:AmjaXTkb0

※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼○┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼○┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤05├┼┼┼┼┼○┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼┼┼┼┼○○○06├┼┼┼┼○○○┤06├┼┼┼○○┼┼┤06├┼┼┼┼┼○┼┤
07├┼┼┼○○●●●07├┼┼○┼○●●┤07├┼○○●●○○○07├┼○○○○┼○○
08├┼┼┼○●●┼┤08├┼┼┼○●┼┼●08├┼○●┼┼●●○08├┼○●●●○●●
09└┴┴┴┴┴┴┴┘09└┴┴○●●┴┴┘09└┴┴┴┴●┴┴┘09└┴○●┴┴┴●┘
※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼○○○┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼○┼●○┼○┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤05├┼┼┼┼○┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼○●┼●○┼┤06├┼┼┼┼┼┼┼┤06├┼┼┼┼┼○○○06├┼┼○○○○○┤
07├┼○●○●●○┤07├┼○○○○○○○07├┼┼○○○●●●07├┼┼○●●●○○
08├○┼○●┼●○┤08├┼┼●○●●●●08├┼┼○●●●○○08├┼┼○●┼○●●
09└┴┴○┴┴┴┴┘09└┴┴○●┴┴●┘09└┴┴┴┴┴┴┴┘09└┴┴○●●┴┴┘
※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼○○○○┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼○┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼○┼┼●○┼┤05├┼┼┼○┼┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼○┤
06├┼○┼┼●○┼┤06├┼┼┼○┼○○┤06├┼┼┼○○○○●06├○┼┼┼┼┼┼┤
07├┼○●○●●○┤07├○○○●┼●○┤07├┼┼┼○●●●○07├┼○○○┼○○┤
08├┼○○●┼●○┤08├○●●●┼●●○08├┼┼┼○●┼●┤08○○●●●┼●●┤
09└┴┴┴●┴┴●┘09└┴○┴┴┴┴●┘09└┴┴┴┴┴┴┴┘09└┴┴┴┴┴┴┴┘


608 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:14:12.90 ID:AmjaXTkb0
全部黒先活きね

612 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:28:55.38 ID:jUz5b+hi0

※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼○┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼○┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤05├┼┼┼┼┼○┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼┼┼┼┼○○○06├┼┼┼┼○○○┤06├┼┼┼○○┼┼┤06├┼┼┼┼┼○┼┤
07├┼┼┼○○●●●07├┼┼○┼○●●┤07├┼○○●●○○○07├┼○○○○┼○○
08├┼┼┼○●●┼┤08├┼┼┼○●┼┼●08├┼○●★┼●●○08├┼○●●●○●●
09└┴┴┴┴┴┴★┘09└┴┴○●●┴★┘09└┴┴┴┴●┴┴┘09└┴○●┴★┴●┘
※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼○○○┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼○┼●○┼○┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤05├┼┼┼┼○┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼○●┼●○┼┤06├┼┼┼┼┼┼┼┤06├┼┼┼┼┼○○○06├┼┼○○○○○┤
07├┼○●○●●○┤07├┼○○○○○○○07├┼┼○○○●●●07├┼┼○●●●○○
08├○┼○●┼●○┤08├┼┼●○●●●●08├┼┼○●●●○○08├┼┼○●┼○●●
09└┴┴○┴★┴┴┘09└┴┴○●★┴●┘09└┴┴┴┴┴┴★┘09└┴┴○●●┴★┘


613 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:29:13.28 ID:jUz5b+hi0

※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼○○○○┼┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤04├┼┼┼┼┼┼○┤04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼○┼┼●○┼┤05├┼┼┼○┼┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼┼┤05├┼┼┼┼┼┼○┤
06├┼○★┼●○┼┤06├┼┼┼○┼○○┤06├┼┼┼○○○○●06├○┼┼┼┼┼┼┤
07├┼○●○●●○┤07├○○○●┼●○┤07├┼┼┼○●●●○07├┼○○○┼○○┤
08├┼○○●┼●○┤08├○●●●┼●●○08├┼┼┼○●┼●┤08○○●●●┼●●┤
09└┴┴┴●┴┴●┘09└┴○┴┴★┴●┘09└┴┴┴┴┴★┴┘09└┴┴┴┴★┴┴┘

書き込み欄じっと見てると目が痛くなってくるね

614 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:32:29.04 ID:AmjaXTkb0
眼が痛いw

全部正解ですね

615 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:33:54.20 ID:jUz5b+hi0
>>614
左上から数えて七番目の問題は答え二つあるのかな

618 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:37:59.83 ID:AmjaXTkb0
あぁ本当だ
失礼しました。

※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼○┼┼┤
06├┼┼┼┼┼○○○
07├┼┼○○○●●●
08├┼┼○●●●○○
09└┴┴┴┴┴┴★┘


正解は五09で、>>612のように八09に打ってしまうと

※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼○┼┼┤
06├┼┼┼┼┼○○○
07├┼┼○○○●●●
08├┼┼○●●●○○
09└┴┴┴☆┴┴●┘

白から五09にハネられたときに、黒は六09に打てないのです

619 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:40:13.09 ID:jUz5b+hi0
>>618
あぁ本当だ

620 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:49:26.77 ID:9WZD/3WAO
死活の生きをやるときのポイントはまず陣地を広げて生きることを考えるんだ。
中に手を入れたら損だからね。広げる手無理なら中の手を考えるって感じ

621 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:51:44.16 ID:Y9W4Z/Wi0
>>620
下手に陣地を広げるよりも
最初は絶対に生きる一手を見つけたほうがいい希ガス
あくまで最初だけだが

622 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:53:02.38 ID:AmjaXTkb0

※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼┼●┼┤     05├┼┼┼┼┼┼●┤
06├┼┼┼┼┼┼●●     06├●●●┼●●┼┤
07├┼┼●●●●○┤     07├●○○●┼○●┤
08├┼┼●○○○┼○     08├●○┼○┼○●●
09└┴┴┴○┴○┴○     09└┴○┴○┴○○●


※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼●┤
05├┼┼┼┼●┼┼┤     05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼┼┼┼┼●●●     06├┼┼┼┼●●●○
07├┼┼●●●○○●     07├┼●●●○○○●
08├┼┼●┼○●○○     08├┼●○○┼┼○┤
09└┴┴┴┴┴┴○┘     09└┴●●┴○○●┘


眼がすんごい痛くなったので、問題数を大幅に減らしました。
今度は殺す筋。いずれも黒先白死。

624 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 16:54:39.22 ID:Y9W4Z/Wi0

※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼┼●┼┤     05├┼┼┼┼┼┼●┤
06├┼┼┼┼┼┼●●     06├●●●┼●●┼┤
07├┼┼●●●●○┤     07├●○○●┼○●┤
08├┼┼●○○○★○     08├●○┼○★○●●
09└┴┴┴○┴○┴○     09└┴○┴○┴○○●


※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼●┤
05├┼┼┼┼●┼┼┤     05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼┼┼┼┼●●●     06├┼┼┼┼●●●○
07├┼┼●●●○○●     07├┼●●●○○○●
08├┼┼●┼○●○○     08├┼●○○★┼○┤
09└┴┴┴┴★┴○┘     09└┴●●┴○○●┘


627 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 17:13:55.78 ID:AmjaXTkb0
>>624
正解

625 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 17:01:10.93 ID:AmjaXTkb0

※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼●┼┼┼┼┤     05├┼┼┼●┼┼┼┤
06├┼┼┼●●●●┤     06├┼┼┼┼●●●┤
07├┼┼●○○○○●     07├●●●●○○○●
08├┼┼●┼○┼○○     08├●○○○○┼┼●
09└┴┴┴┴┴┴┴┘     09└●○┴┴┴○┴┘


※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼┼┼●┤     05├┼┼●●●●┼┤
06├┼┼┼┼┼┼┼┤     06├┼┼●○○○●┤
07├●●●●●●●┤     07├┼┼●○┼○●┤
08├●○○○○○○○     08├┼┼●┼┼○○○
09└┴●●┴┴┴┴┘     09└┴┴┴┴┴┴┴┘


第二段
黒先白死

626 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 17:09:44.78 ID:QfkiW/DW0

※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼●┼┼┼┼┤     05├┼┼┼●┼┼┼┤
06├┼┼┼●●●●┤     06├┼┼┼┼●●●┤
07├┼┼●○○○○●     07├●●●●○○○●
08├┼┼●┼○┼○○     08├●○○○○┼┼●
09└┴┴┴┴┴★┴┘     09└●○┴★┴○┴┘


※一二三四五六七八九     ※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐     01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤     02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤     03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤     04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼┼┼●┤     05├┼┼●●●●┼┤
06├┼┼┼┼┼┼┼┤     06├┼┼●○○○●┤
07├●●●●●●●┤     07├┼┼●○┼○●┤
08├●○○○○○○○     08├┼┼●┼★○○○
09└┴●●┴┴┴★┘     09└┴┴┴┴┴┴┴┘


627 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 17:13:55.78 ID:AmjaXTkb0

※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼●┼┼┼┤
06├┼┼┼┼●●●┤
07├●●●●○○○●
08├●○○○○┼┼●
09└●○┴┴●○┴┘

ごめん>>625の右上の問題間違ってた

>>626
正解
右上は問題が間違ってたので除く。

628 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 17:20:11.58 ID:QfkiW/DW0

※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼●┼┼┼┤
06├┼┼┼┼●●●┤
07├●●●●○○○●
08├●○○○○┼★●   で普通に殺せるね
09└●○┴┴┴○┴┘


※一二三四五六七八九
01┌┬┬┬┬┬┬┬┐
02├┼┼┼┼┼┼┼┤
03├┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼●┼┼┼┤
06├┼┼┼┼●●●┤
07├●●●●○○○●
08├●○○○○┼★●
09└●○┴┴●○┴┘  も同じ?


629 :VIPがお送りします :2006/07/08(土) 17:25:54.43 ID:AmjaXTkb0
>>628
正解。
腹中の1子はミスリード狙いなので、無くても問題的にはおk。



その5
スポンサーサイト
【2006/07/11 22:24】 | (´・∀・`) ヘー | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その3 | トップ | ●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ その5>>
コメント
まとめ乙がんばだお^^
【2006/07/12 00:18】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
あら、読んでくれてる人いたんでつか。
てっきり自分だけかとおもてたwww
囲碁、なんか論理的で面白いお( ^ω^)
まだ打ったことないけどwwwww
【2006/07/12 01:02】 URL | キティ #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/854-1b667b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。