トマトペースト
<<「朝青龍」をいれて俳句をつくろうぜ | トップ | のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その2>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<「朝青龍」をいれて俳句をつくろうぜ | トップ | のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その2>>
のび太、オレ、好きな人ができたんだ…

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1152788750/

その1 ← いまココ
その2
その3
その4

※非常に危険なスレですので、お子様は見ないようにしましょう
※非常にカオスなスレですので、飲み物を吹かないようにしましょう





1 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:05:50.08 ID:kr6Eb8at0
ジャイアン「ようのび太…」

チャイムが鳴っていた。
授業が終わり、下校の時間。
僕はすぐに家に帰って「ベルデカ」の続きを読もうと思ってた。
その時のことだ。
ジャイアン…剛田剛から声を掛けられたのは。

のび太「よおジャイアン。またなー」
ジャイアン「ちょっと待ってくれ!」

4 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:07:34.10 ID:kr6Eb8at0
の「どうしたんだよ。今日は野球できないよ?雨だし」

しぶとく居座った梅雨前線は、今日も空を黒く染めていた。
これでは彼の好きな野球は、到底無理だろう。
チラリと彼の顔を窺う。

ジャ「……」

どうやら、用件はそういうことではないらしい。

6 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:08:55.29 ID:kr6Eb8at0
の「えーと、その、あー…」

相変わらず口を閉ざしているジャイアン。
用件があるなら早く言って欲しい。僕だって暇じゃない。
昼寝やマンガ、夕飯や睡眠。
忙しいのだ、こう見えても。

ジャ「ちょっと、いいかな…」
の「え?ここじゃダメなの?」

13 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:10:41.58 ID:kr6Eb8at0
ジャ「……」

彼は無言で僕の腕を掴んだ。
グイ、と強い力で引っ張られる。

の「イタ!痛いってジャイアン!乱暴はよして!」

僕は悲痛な叫びを上げたけれど、彼がこんな振る舞いをするのはよくあることだ。
僕はそのまま屋上までホイホイと連いてきてしまったのだ。

18 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:13:25.40 ID:kr6Eb8at0
裏山は黒く沈んでいた。それも仕方がない。季節柄、厚い雲は暗い影をそこらに落とす。
僕はかなりつよく握られた右腕をふるふると震わせながら、恨めしくジャイアンをにらんだ。

の「もう、なんだよ・・・わざわざこんなとこまで連れてきてくれちゃって」
ジャ「わりい……」

珍しいことに、彼は殊勝だった。
こんなことはそうあることじゃない。

(これは、何か裏がある…?)

そう思った僕は、思わずペロリと舌舐めり。

21 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:15:38.27 ID:kr6Eb8at0
の「まあ僕も、色々忙しいんだけど…友達の頼みとあっちゃあ仕方ないよ。さあ、話して」
ジャ「ああ、ホントわりいな…」

ゴロゴロ、空からは雷鳴の音が聞こえる。

の「どうした?何でも言ってみなよ!僕たちともだちだろ!」
ジャ「笑わないで聞いてくれるか?」
の「もちろんだよ!」
ジャ「実はオレ、好きな子ができたんだ…」

22 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:16:39.10 ID:kr6Eb8at0

  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
  / _____  // /          //
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, -、, -、l  ))
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ


23 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:17:11.46 ID:rfAFTbKW0
>>22
コラ

26 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:18:36.84 ID:kr6Eb8at0
ジャ「てめえ!ゴシャゴシャにするぞ!」
の「バカヤロウ!涙は心の汗なんだ!さあ、話を続けて…」

僕は危ういところを巧みなロジックで切り抜けた。
まったく、彼を迂闊に怒らせるとエライことになるからな…

29 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:21:34.94 ID:kr6Eb8at0
ジャ「実は、オレ、この前公園である女の子と知り合って……」

彼の話を要約すると、こうだ。
先日のこと。
彼が愛犬の散歩のために近所の公園に出かけた時に見知らぬ女の子と出会い、惚れた。

の「そうなのか…なかなか複雑なことになってたんだね」
ジャ「オレ、もう、どうしたらいいのか…」
出来杉「複雑な問題だ…」

の・ジャ「で、出来杉ーーー?!」

32 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:24:26.93 ID:kr6Eb8at0
出「女心っていうのは、非常に扱いづらいものなんだよタケシくん」

出来杉は片手に持ったドクターペッパーを弄びながら、屋上をグルリと徘徊した。

出「女心は難しい、確かに難しい、だけどね…」
の・ジャ(ゴクリ……)
出「先んずればすなわち人を制す、こんな言葉もあるんだ」
ジャ「そ、それは一体!」
出「とりあえず、ウチに来てくれるかい」

33 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:26:26.54 ID:kr6Eb8at0
僕たちは小雨が降る町を抜け、出来杉の家に到着した。

出「どうぞ、上がってくれ」

出来杉の家は大きすぎず狭すぎず、中の上、そんな印象の家だ。

出母「あらあら、みなさん、いらっしゃい」

僕は思わずペロリと舌なめずり。

34 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:28:51.73 ID:kr6Eb8at0
出来杉の母親は匂うようないい女だった。
そう、まるで子供を生んだ女とは思えないほどにね。
僕はおもむろにジッパーを下げセクシャルなアピールをしたのだけれど、生憎彼女は反応してくれなかった。
けど、たぶんあの時濡れてたね、彼女(のび太、後に述懐)。

出「で、話の続きなんだけど…」
ジャ「お、おう、それだよ、早く教えてくれよ!」

(一方その頃…)

の「シュ、シュ、シュ・・・」

僕はトイレにいた。

35 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:30:31.30 ID:kr6Eb8at0
出「先んずれば人を制す、すなわち、先手必勝ということさ」

ジャ「……」

出「タケシくん、その子のスペックは分かるかい?」

ジャ「いや、生憎…まだすれ違っただけだから…」

出「ふむ、情報は無し、か…」

(一方その頃…)

の「シュ、シュ、シュ・・・」

僕はトイレにいた。

38 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:31:45.53 ID:1kA1KMmTO
>>34
ちょwwwwwwのびたwwwwおまえwwwww

40 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:32:39.55 ID:kr6Eb8at0
出「まあ、そんなに悲観することはない。人の行動パターンなんて、そう変化するもんじゃないさ」

ジャ「と、言うと?」

出「その公園で張ってればまた会えるってこと。その時に情報を集めよう」

ジャ「確かに…それが無難か…で、でも、オレこれ以上待つなんて耐えられないよ!」

出来杉はその言葉を聞いて、だろうね、とニヤリと笑った。

出「そのためにいるんじゃないか、彼が!野比く…あれ?」

の「シュ、シュ、シュ・・・」

僕はトイレにいた。

46 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:35:38.86 ID:kr6Eb8at0
ピー、ヒョロロ。

屋台の景品――玩具の笛の音が聞こえる。

ピー、ヒョロロ。

はは、サチコ!あんまりはしゃぐんじゃないぞー!

おとうちゃん!おとうちゃん!アタイ、イカ焼き食べたい!

そうかそうか、サチコはイカ焼きが食べたいのかー

うん!イカさんだーい好き!!

の「シュ、シュ、シュ・・・」

僕はトイレで果てた。


出「どこ行ったんだろう…」

の「話は聞かせてもらった!」

ジャ「うおっ、イカくせっ」

48 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:39:11.90 ID:kr6Eb8at0
の「TAKESHI-GUN道…いや、そんなことはどうでもよろしい」
出「そういうことなんだ。キミの、いや、ドラえもんくんの…」
の「みなまで言うな、秘密道具が欲しいんだろ?」

ジャイアンと出来杉は、黙ってコクリと頷いた。

の「秘密道具はどうでもいいんだけど、キミの母上の寝室からこんなものが見つかってねえ」

僕は胸ポケットからおもむろにアナルバイブを取り出した。

50 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:39:58.72 ID:qZTNdA+K0
うおっまぶしっ

56 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:44:02.73 ID:kr6Eb8at0
出「ああ、それはこの夏、自由研究で作った」
の「そう、文科省の優秀賞をかっさらったブツさ」
ジャ「しかし、それが今回の件とどう絡んでくるんだ?」
の「さあ、そこですわ」

僕は尻ポケットから『東京デカ字マップ』を取り出した。

の「いいかい?キミがその子と出会った公園は、ここ…」

そう言って僕は朝丘公園を指差した。

の「そして、その対角線上にあるのが、この涙橋公園で…」

ジャ「ゴクリ…」

の「そこから対角線上にあるのが、ルーマニア大使館だ。これで分かるかい?」

出「なるほど…頭文字をつなぐと…」

ジャ「あ・な・る……アナル、そうか……」

64 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:46:59.00 ID:kr6Eb8at0
の「月が新円を描くとき!」

僕は決然と叫んで立ち上がった。

の「この世の因果律は乱れ、常ならない現象が巻き起こる!」

の「このアナルの符号!」

の「僕はただの偶然、そんな単純な言葉で片付けようとは思わない!」

の「そうは思わんかね!諸君!」

ジャ「その子がさあ…また、栗毛の可愛い髪してて…」

出「あー、それすっげえヤバい」

の「分かる、分かる」

66 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:47:53.03 ID:D1l+F2YV0
>>64
のびたwwwwwwwww演説スルーキタコレwwwwwwwwwwwwwwww

68 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:48:24.43 ID:pLxVNLOC0
出来杉のキャラ崩壊してるwwwwwwwww

72 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:52:41.08 ID:kr6Eb8at0
出「若さ…若さってなんだろう」
出来杉はジャスミン茶を啜りながらポツリと呟いた。
ジャ「若さって…いや、それは若いってことじゃないの?」
の「イっても硬いとかそういう」
出「振り向かないことさ」

彼はそういうと、夏目漱石の『こころ』を手に取った。

出「この話には――」

そう言って出来杉はページを繰る。

出「主人公と、そして『K』という人物が出てくる」

彼の目に、深い悲しみの色が沈んだ――そう思うのは、僕の感傷だろうか?

出「彼らは実直で、情熱的で…そして、若かった。若かったからこそ、振り向かず…」

一拍、息を付いた。

出「愛に狂った」

ゴクリ、と僕らは息を呑む。

出「のび太くん、愛って、なんだ……?」

僕は、僕は――

77 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:54:32.17 ID:kr6Eb8at0
の「ウス!ガチムチのフトマラ兄貴にズイズイ突かれることッス!」

出「RIGHT!!!」

出来杉は大きく親指を立てた。

83 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:56:17.23 ID:1ajehwzXO
ちゃんとやるのかやらないのかどっちだよw

86 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:58:26.56 ID:kr6Eb8at0
ジャ「オレ、よくわっかんねーよ!」

不意にジャイアンが叫んだ。おや、意外とウブなのねえ…。

出「簡単に言うとだね、結果的に体から始まる恋愛もあるってことだよ、剛くん」

の「世の中、常に1⇒2、A⇒B、というだけではないってことだよ」

ジャ「それって一体…」

出母「ヒーヒー言わせたらこっちのもんってことだよ、ボウヤ」

出「ま、ママー!」

89 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:59:31.35 ID:/rtHN5QN0
おまwww何この展開ww

90 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 20:59:43.30 ID:1kA1KMmTO
>>1がもうネタ切れな件

95 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:01:12.24 ID:kr6Eb8at0
ジャ「でも、その子のこと何にもわかんないし…」

出「そこで!ドラえもんくんの出番なんじゃないか」

出来杉はピシャリと膝を打った。

ジャ「あ…」

出「そう、彼の秘密道具を使えばその子の居場所を突き止めることなんて造作もない。そうだろう?のび太くん」

の「モナムール、奥さん。あなたはまるで竹島のように美しい…」

出母「ふふ、そういうアナタもまるで股間は麻生太郎ね」

出「先を急ごう」

103 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:03:50.41 ID:6qBYRBHV0
麻生さんかよwwwwww

96 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:01:20.86 ID:1kA1KMmTO
>>90
すいません撤回します

98 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:02:18.83 ID:kr6Eb8at0
>>96
ドキっとしちゃうから( ^ω^)


114 ::2006/07/13(木) 21:11:10.75 ID:kr6Eb8at0
(幕間)

-一方その頃-

先生「違う!ソフトボールってのはなあ、テクニックでやるもんじゃない!」

暁。
グラウンドに叱咤が響く。

先「いいか、ソフトボールってのは、情熱だ、情熱で打つんだよ!」

静「でも先生…」

先「源!ちょっとこっちへ来なさい」

おもむろに静の腰を持つ先生。その手つきは、老獪なマジシャンのようでもあり。

先(へへ、これだから公務員はやめられませんなあ!)

腐敗する教育現場!諸君、この実態を放っておいていいのか?!!

(/幕間)

120 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:13:55.26 ID:5qlGzp5ZO
しずちゃんピンチwwwwwww

121 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:14:09.08 ID:1kA1KMmTO
>>114
その話しいらねえだろwwwwwwwwwwww

124 ::2006/07/13(木) 21:14:58.33 ID:kr6Eb8at0
出「キミも薄々感付いてるんだろ?ドラえもんくんがただのASIMOじゃないってことは…」

ジャ「あ・ああ・・・」

出「僕もハッキリとは見てないけれど、幾度も不思議な道具の存在は感じて」

ジャ「出来杉!スマン!」

出「ふぇ?」

出来杉は思わず頓狂な声を上げる。どうしたんだろう。

ジャ「あのー。ずっと黙ってたんだけどさあ」

出「ふぇー?」

ジャ「あのー、オレら、ずっと前から知ってたんだよね、ドラえもんの秘密」

出「ふぁ?」

ジャ「まーなんつーか、お前に内緒で?地底とか?海底とか?ロボットと戦ったり?してたみたいな?」

出「……」

友情。それは何とも儚い言葉。

125 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:15:09.97 ID:/rtHN5QN0
静←誰だよwwwwwwwww

126 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:15:38.24 ID:6qBYRBHV0
>>125
え・・・?( ゚д゚ )

129 ::2006/07/13(木) 21:16:10.03 ID:kr6Eb8at0
>>125
( ゚д゚ )


136 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:18:01.11 ID:fQ9XTgHqO
>>125
( ゚д゚ )

137 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:18:11.51 ID:bfatmJMo0
>>125のせいで>>124に入れるはずだった
数々の合いの手が全てタイミングを失ったwwwwww


139 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:18:48.49 ID:/rtHN5QN0
しずかちゃんかよwwwはじめから一文字に略すんじゃねえwww

141 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:19:24.72 ID:6qBYRBHV0
>>139
釣りじゃなかったと!!!!????

( ゚д゚ )

142 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:19:50.97 ID:bfatmJMo0
>>139
( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )

144 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:20:11.06 ID:8O5YCYUj0
>>139
( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )

148 ::2006/07/13(木) 21:20:43.76 ID:kr6Eb8at0
ワタシ、魔女なんです!

(ラン・ランララランランラン、そう、キキちゃんだって最初から全部が上手くいってたわけじゃないし)

ここで働かせてください!

(そうだよ、千尋ちゃんだってさあ……)

30秒だよ!

(ドーラタソだってそうさあ……)

ジャ「…ぎ!出来杉!」

出「はにゃん!」

ジャ「どうしたんだよ?急にボーッとしてさあ」

出「ボールが急にくるから!だからこんなことに…」

ジャ「…わりい」

の「ウォアイニー。奥さん、あなたはまるで雛罌粟の花だ」

出母「後は弁護士と話して下さい」

168 ::2006/07/13(木) 21:25:50.78 ID:kr6Eb8at0
田中「話を戻そう。だから、とりあえずドラえもんの道具に頼るってことでいいんだね?」

出「ああ、そうだ…まあ今はそれしかないと思う。」

ジャ「冗長なやり方じゃあ、オレもちょっと耐えられないからな…」

出「問題は、ドラえもんくんをどう乗らせるかなんだが…」

そこで出来杉はチラリとのび太を見た。

の「僕のカテジナさんになって欲しいんですよ!アナタに!」

出母「ガキには!興味がないのよ!」

出「こいつ…ダメだ…」

176 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:27:12.49 ID:aKWvaU0j0
田中誰wwwwwww

179 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:27:39.93 ID:6qBYRBHV0
田中=のび?

180 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:28:08.56 ID:bfatmJMo0
>>179
バーローwwwwwwwww田中は田中だろwwwwwwwwwww

167 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:25:17.49 ID:QyGi9pa90
今北産業

169 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:25:52.47 ID:aKWvaU0j0
>>167




184 ::2006/07/13(木) 21:30:53.40 ID:kr6Eb8at0
田中「政治の基本は抑圧の懐柔。まずはドラ焼きで落としてみては如何かな?」

出「なるほど、確かに……」

ジャ「そうだな、理屈は後から付いてくる…」

田中「それでダメなら二の手、三の手で攻めよう。あれこれ考えるより、まずは動くことさ」

出「そうか…そうだな」

ジャ「うん、そうだよ!」

出「だな!ありがとう、忙しいところをわざわざ!」

田中「なあに、若いヤツらの悩みには乗らないと!」

ジャ「すまねえ!」

田中「じゃ、オレはこれで!」

ジャ・出「( ^ω^)ありがとう、康夫!!!」

186 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:31:31.69 ID:PK7C8e500
県知事でちゃったよ

190 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:32:37.07 ID:8O5YCYUj0
田中康夫だったのかwwwwwwwwwwwww

191 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:33:24.55 ID:dsG4kPMv0
キテレツまだー

194 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:34:05.42 ID:viwo8ui30
>>191
やめろ!!!ほんとに出てくるぞ!!!!!!

197 ::2006/07/13(木) 21:35:33.27 ID:kr6Eb8at0
ジャ「それにしても、彼の出自は?」

出「さあ…父の知人だということまでしか…キモい人だが、時には頼りになる。ところで」

そこまで言って出来杉はもう一度さんぴん茶に手を伸ばした。上手そうにカップをすする。

出「このあたりで一度、ドラえもん君に会っておかないとな」

ジャ「…だな。このままだと埒があかねえ」

出「そうなると、彼の処遇についてだけど……」

の「先っぽだけ!先っぽだけでも!!」


---野比のび太、考えうるかぎり恥ずかしい行動を全町民に見せつけ、ガソリンをかぶって焼死。


出「さ、行こうか」

200 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:36:26.78 ID:pLxVNLOC0
デスノートktkrwwwwwwwwwww

204 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:36:57.28 ID:/rtHN5QN0
さあ・・・開始1時間半でのびたが死にましたよw

205 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:37:04.39 ID:B4nNybKgO
茶の種類変わったwwwwwwww
わが県の名産品wwwwww

208 ::2006/07/13(木) 21:38:15.50 ID:kr6Eb8at0
>>205
あれ?
さんぴん茶=ジャスミンじゃないの?( ´・ω・)


213 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:39:39.21 ID:dl+7/N6o0
さんぴん茶にはジャスミンも入ってるけど、あと2種類何かが入ってる
ジャスミンチーは、ジャスミンのみ

223 ::2006/07/13(木) 21:43:27.60 ID:kr6Eb8at0
>>213
なるほどぉーーー!なるほどなるほど


210 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:38:51.76 ID:ZkaB+gCn0 ?#
今北三文字>(・ω・ )rrrrrrrrrrrrrrrrz

211 ::2006/07/13(木) 21:39:20.57 ID:kr6Eb8at0
>>210
今夜
月の見える
丘で


215 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:40:03.12 ID:ZkaB+gCn0 ?#
>>211
なるほろ。把握した>(・ω・ )rrrrrrrrrrrrrrrrz

216 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:40:16.90 ID:6qBYRBHV0
志村!三文字!三文字!

220 ::2006/07/13(木) 21:42:26.11 ID:kr6Eb8at0
今にも落ちてきそうなほど重い空ではあったが、雨はまだ降らない。
果たしてこれから降るであろう雨は、祝福のそれか、または涙にむせぶ液体か…。

ジャ「おれ…こええよ……」

タケシは、そう言って震えていた。
無理もない。おそらく初めて--そう、初めて己と、己の家族以外に向けられた愛情だ。
それが受け入れられれば是、しかし、拒否されれば…果たして、幼い心にその重圧は耐え切れるのか?

出「タケシくん……」

ジャ「怖いんだ!オレ…」

タケシはそう言って俯いた。

ジャ「このフトマラが彼女の中にキチンと入るのかな、ってな!グヘヘ!」

出「キミとは旨い酒が飲めそうだ。」

226 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:44:29.27 ID:54oJN+b9O
20060714_226.jpg

228 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:46:03.16 ID:6qBYRBHV0
>>226
適当www

231 ::2006/07/13(木) 21:47:27.17 ID:kr6Eb8at0
>>226
これはひどい


229 ::2006/07/13(木) 21:46:43.25 ID:kr6Eb8at0
そうこうしているとのび太の家に着いた。

野母「ああ!出来杉さん!そしてそのオマケの何か!」

出「どうもこんにちは」

ジャ「ちょ・・」

野母「のび太が!のび太が帰ってこないんです!もう7時だってのに!」

出「奥さん落ち着いて!確かに今は7時ですが、NYじゃ…どうだい?」

野母「アッー!!!盲点!!」

出「グローバルな視点が大切なんですよ、マダム」

ジャ「オマケって…オレって……」

ガラガラガラ
遠くで雷鳴が轟いた。

ドラ「やあ、いらっしゃい」

236 ::2006/07/13(木) 21:50:15.08 ID:kr6Eb8at0
(幕間)

先「だからそうじゃない!ウィンドミルだ!こうだ!」

そう叫んだ先生は、静の手を掴むと鳴り止まない厚き鼓動の果てを掴ませた。

静「ギャー!先生!これはMIZUNOじゃなくてCHINPOです!!!」

先「セ・ラ・ヴィ(それも運命)」

(/幕間)

240 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:51:56.59 ID:qAqAEtYu0
セ・ラ・ヴィの・ラ・が顔に見えてダメだwwwwwwww

241 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:52:15.23 ID:6qBYRBHV0
・ラ・

見えてきたwwwwwwww

242 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:52:37.47 ID:6qBYRBHV0
( ・ラ・)ノ

245 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:53:41.46 ID:ZkaB+gCn0 ?#
コニチワ>(・ラ・ )rrrrrrrrrrrrrrrrz

248 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:55:13.85 ID:dsG4kPMv0
(・ラ・)ーメン食いたい



その2





このあともスレは加速度的にカオスとなっていった・・・

まだまだ続くよヽ(・∀・)ノ

スポンサーサイト
【2006/07/14 15:39】 | \(^o^)/カオス! | トラックバック(1) | コメント(8) |
<<「朝青龍」をいれて俳句をつくろうぜ | トップ | のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その2>>
コメント
ひっでぇカオスwwwwwwwwwwwwww
【2006/07/14 16:49】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
ドクターペッパーwwww
【2006/07/14 18:12】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
すげぇカオスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【2006/07/14 21:43】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
栗毛でぐぐってみた。
【2006/07/14 21:52】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
なんか出木杉が朝目のエロ杉と同じくらいのレベルだなwwww
【2006/07/15 02:46】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
次回、お楽しみに♪
【2006/07/16 22:52】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
前川武夜史はGAYでFA?
【2006/12/02 13:23】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
超鈴音萌えね?
【2006/12/03 14:47】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/867-3702b6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
のび太、オレ、好きな人ができたんだ…
【画像】私にはこう見えている。(らしい)[つかれた]あらん可愛い。でも北朝鮮うぜぇ【動画】ヒステリー少年 マリオをプレイ(UG ZONE@ニュース)[FINALE]このガキうるさいどっきり動画シリーズ??”トイレからHello!”編(空を見上げて犬は今日も歩く)初心に戻るのも大事KIRIN NU 勝利と方程式【2006/07/14 22:02】
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。