トマトペースト
<<のび太、オレ、好きな人ができたんだ… | トップ | のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その3>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<のび太、オレ、好きな人ができたんだ… | トップ | のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その3>>
のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その2

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1152788750/

その1
その2 ← いまココ
その3
その4

※非常に危険なスレですので、お子様は見ないようにしましょう
※非常にカオスなスレですので、飲み物を吹かないようにしましょう





254 ::2006/07/13(木) 21:57:42.90 ID:kr6Eb8at0
出「……と、まあこういうわけなんだ」

ジャ「オレには、オレにはドラえもんしかいねえんだよ!!」

ドラ「……」

ズズズ、とドラえもんは熱い茶を啜る。

出「ま、ドラえもんくん、これを食べてくれよ……」

ド「この餡は……いい餡だ……」

ジャ「っへへ。奮発したんだ…」

そう言って揉手をするタケシ。
商売人のDNA。
人には誰でも、役割というものがあるのだ。
たとえ社会の末端であっても。

ド「話は分かった。しかし、ひとつ条件がある」

出・ジャ「ゴクリ……」

ピカッ!ドドーン
雷鳴が響き渡る

ド「タ、タ、タイムテレビで録画したいんだだだけどどど」

261 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 21:59:15.08 ID:/rtHN5QN0
ドwwwwおまえだけは信じてたのにwwww

270 ::2006/07/13(木) 22:03:16.03 ID:kr6Eb8at0
出「ふぇぇ?」

ド「ちゃうねん!ちゃうねんて!」

ドラえもんは慌てて左ポケットからVAIOを取り出した。

(アフィ)
【すごい!ついにVAIOの小型化がここまで!
さすがSONY!俺たちのSONY!
SONYさん!このスレ見てたら僕に宣伝料くださーい(^0^)/~~】
(/アフィ)

ド「オレさあ、今ファイル共有にハマってて…」

そういいながらカタカタとPCを操るドラえもん。

ド「やっぱ、幼女モノって需要高いんだわ、実際。だから、ちょっとオレもここで名前売っときたいワケよ」

出「なるほど……」

nyかと思いきや、そこにはLimewireが起動されていた。
彼とも旨い酒が飲めそうだ。

274 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:05:01.58 ID:bfatmJMo0
>>270
ドラえもんまでキャラがおかしすぎるwwwwwwwwwwww
しかもlimewirewwwwwwwwww


276 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:05:52.28 ID:6qBYRBHV0
っていうかアフィいらんだろwwwww

283 ::2006/07/13(木) 22:08:38.25 ID:kr6Eb8at0
出「なるほどね、それで一部始終を録画してみたい、と」
ド「そうですんや!そこですんや!」
そこでドラえもんはピシャリと膝を打った。

ド「まあ、ここでええ具合にしてくれたったら、帝国金融としても悪いようにはしませんよってに」

ヒッヒッヒと笑うドラ。
彼もまた、現代という荒波を渡っていくのに必死なんだろう。

出「……と、言うことみたいだか、君の意向はどうだい?タケシくん」

タケシは、遠く--遥か遠く。空の彼方を見つめていた。


『生き急いで搾り取って
縺れる足だけど前よりずっとそう、遠くへ

奪い取って掴んだって
君じゃないなら意味は無いのさ
だからもっと遥か彼方--』

出(タケシくん…)

確かに、僕とドラの申し出は下世話だったかもしれない。
彼の、初めての恋なんだ。
それなのに、僕は、僕らときたら…。

出「タケシくん、すまなか」
ジャ「ドドドドラm、でうべうえもん!!ビッグライト!ビックライト貸してよぉー!!」
出「今日は、朝まで飲もう!!」

284 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:08:55.85 ID:6qBYRBHV0
帝国金融って何www

288 ::2006/07/13(木) 22:10:11.78 ID:kr6Eb8at0
>>284
( ´・ω・`)つナニワ金融道


294 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:11:08.82 ID:54oJN+b9O
20060714_294.jpg

296 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:11:54.85 ID:aKWvaU0j0
>>294
つたわらねぇwwwww

297 ::2006/07/13(木) 22:12:18.18 ID:kr6Eb8at0
>>294
ほどがある


300 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:13:18.09 ID:6qBYRBHV0
>>294 これはヒドイ

302 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:15:20.48 ID:54oJN+b9O
20060714_302.jpg

305 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:16:58.39 ID:dsG4kPMv0
>>302
下手すぎwwwwwwwwwwww
もっといい絵描師いないのーwww


306 ::2006/07/13(木) 22:17:02.70 ID:kr6Eb8at0
ド「さ・・て」

ドラえもんは旨そうにドラ焼きをくゆらせ、紫煙を煙たそうに払いながら僕らに向き直った。

ド「用件は分かった、ワイも協力しようやないか。しかしやなノノ」

ふうー、っと煙を吐き出すドラ。
その貫禄は、やはり22世紀を生きてきたソレだった。
思わず戦慄が走る。

ド「あまりにも手がかりが少ない、違うか?」

そう、そうなのだ。幾ら彼の道具が優れてるといえども、タケシの話だけでは情報が足りない。
それでなくても彼のIQは一桁を大きく下回る。
そもそも、人語を理解しているのか、いや、それは穿ちすぎというものか--

出「だ、そうだ、タケシくん」
ジャ「ウヴォアワワワーー」
出「ほんやくこんにゃく どこか たのむ」
ド「おk」

310 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:19:26.88 ID:ddGwU4is0
一桁を大きく下回るIQっていったいなんだwwwwwwwwww

338 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:27:58.35 ID:54oJN+b9O
>>306
20060714_338.jpg

340 ::2006/07/13(木) 22:28:33.00 ID:kr6Eb8at0
>>338

おまえ ちょっと 表でろ


343 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:29:12.52 ID:bfatmJMo0
>>338
いい加減めんどくさくなってきてるだろwwwwww

311 ::2006/07/13(木) 22:19:48.53 ID:kr6Eb8at0
ジャ「バカ!ブラフだよ!!」

慌てて訂正するタケシ。
冗談になってないから困る。

ジャ「手がかりは、一応あるんだよ……」
出「なんだって?!なんでそれを早く…」

タケシはそう言うと、ポケットから一枚のハンケチを取り出した。
黄色い、木綿のハンカチーフを……


『恋人よ 僕は旅立つ
東へと 向う列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの
探す 探すつもりだ
いいえ あなた私は
欲しいものはないのよ
ただ 都会の絵の具に
染まらないで帰って
染まらないで帰って』

ttp://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/momennohankachi.html

314 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:21:50.76 ID:pBXfbnNFO
木綿のハンカチーフwwwwww

315 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:21:51.39 ID:Ep0oul+w0
ちょwwwwwだからなんだwwwwwwwwwwwwwwww

316 ::2006/07/13(木) 22:21:58.38 ID:kr6Eb8at0
出「これは、彼女の?」
ジャ「ああ、そうだよ……」

そう言って赤く頬を染めるタケシ。
意外と可愛いところもあるじゃん。僕は思わずペロリと舌なめずり。

出「なるほど、これがあれば案外何とか…」

手に取った。その瞬間。

ペリペリペリ!!

出「おめーーーwww昨日シコったべーーーーーーーーーwww」
ジャ「バッwwwwwwシコっってねーーよwwwwwww」

319 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:22:24.51 ID:aKWvaU0j0
そろそろ>>1がめんどくさくなってきてる気がするんだが

322 ::2006/07/13(木) 22:23:06.76 ID:kr6Eb8at0
>>319
いや、俄然モチベーションが上がってます


325 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:24:32.46 ID:1avrIy3r0
>>322
更なるカオスを期待して良いんですね(・ラ・)

332 ::2006/07/13(木) 22:26:34.59 ID:kr6Eb8at0
ド「確かにこれがあればなんとかなるかも…」

そういうとドラえもんはピンセットでハンケチを摘み上げた。
すると、どこから取り出したのだろう、プレパラートにハンケチを被せる。
右手には顕微鏡だ。

ド「ホラ、タケシ、これがお前の……未来だよ……」

ジャ「すごく…タッドポールです……」

【月間生命の精子!創刊号390円!
ディアゴスティーニさん!是非(ry】

出「それは何か関係があるのかい?」

ド「確かに、これは使えるアイテムだ。さて」

そう言うとドラえもんはおもむろにポケットに手を突っ込んだ。

ド「しまった!ポケットは修理中だった!」

出・ジャ「大長編ドラえもんの法則ktkr!!」

334 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:27:30.46 ID:iJwP/9wL0
確かに法則wwww

345 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:30:12.68 ID:6OzouxxF0
あ、違うドラミフラグじゃん

346 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:30:40.46 ID:dsG4kPMv0
>>345盲点!!!!1111111111

347 ::2006/07/13(木) 22:31:09.11 ID:kr6Eb8at0
出「参ったな、これじゃノ」
ジャ「手がかりが掴めないノ」
エイジ「ロリは夢、ロリは愛、ロリはこの世の真理を孕む。オレに任せろ!」

キンキンキン!

エイジ「公園ノノ犬ノノ三丁目ノノ涼子ノノ」

エイジ「ハアッハァッ、分かったぜ、これは三丁目の涼子のハンケチだ!行け、さあ明日へ向かって!」

出・ジャ・ド「( ^ω^)ありがとう、サイコメトラーEIJI!!」

351 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:32:08.32 ID:ddGwU4is0
ドラミでねぇwwwwwwwwwwwwwwwwww

356 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:32:38.19 ID:6OzouxxF0
>>347
ちょwwwww俺の予想の遥か斜め上wwwwwwwwwwwww

357 ::2006/07/13(木) 22:32:43.44 ID:kr6Eb8at0
ちょっと酒入れてくる。


361 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:33:37.57 ID:6qBYRBHV0
酒入れるなwwwwwwwwwさらにカオス化wwwwww

369 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:35:18.83 ID:6qBYRBHV0
酒どれくらい入れてるんだろwwwwww

370 ::2006/07/13(木) 22:35:28.68 ID:kr6Eb8at0
スレ立てる2時間前から飲んでるお( ^ω^)


374 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:35:45.79 ID:6qBYRBHV0
ちょwwwwww既に投入済みかよww

378 ::2006/07/13(木) 22:39:09.11 ID:kr6Eb8at0
出「三丁目、三丁目……ハッハッ……」

夜の街。
彼らの激しい息遣いだけが夕闇に響く。

ジャ「くっ、遠いな!」
ド「努力の先には、未来がある!だから、俺たちは」

ジャ・ド・出『走るんだ!!!』


【次回作にご期待下さい】


出「バカヤロウ!お遊びもほどほどにしたらどうだ!!」

>>1( ^ω^)「すいませんお」

ジャ「くっ、どこまで走ればいいんだよ!!」

出「それにしても三丁目って、何丁目なんだ!」

ド「三丁目じゃないか?!!」

出「なるほどぉぉーー!!」

398 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:45:06.19 ID:Z2LHRCG40
順調に出来杉のIQが低下中。

383 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:40:31.51 ID:6OzouxxF0
シラフでこんなの書いてたらヤバいだろwwwwwwwwwwww

384 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:40:44.20 ID:pBXfbnNFO
ここいらで>>1のスペックを

387 ::2006/07/13(木) 22:41:40.26 ID:kr6Eb8at0
>>383
素面でいつもこんなの書いてるんだすまない( ^ω^)

>>384
終わったら・・NE!


394 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:43:48.92 ID:54oJN+b9O
20060714_394.jpg

395 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:44:47.24 ID:6qBYRBHV0
このキチガイ絵師も飲んでるだろwwwww

478 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:12:35.01 ID:54oJN+b9O
>>378
20060714_478.jpg

400 ::2006/07/13(木) 22:45:15.67 ID:kr6Eb8at0
走った。僕らは走った。
ただ懸命に--一つの目標に向かって。
なんで僕らは走っているのだろう?
その先に何がある?

分からない--何も?

「どうしてお前らは、走ってるんだい?」

訳知り顔の大人が、叫ぶ。
その声が鼓膜を揺らした時、僕は分かった。

出「理由がないから--走るんだ!!」

『走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて
どれだけ逃げたって 変わり者は付いてきた オッイェエエ アア』

ガシャン

出「ふぁぁ!僕のiPODが落ちた!!」

ジ「てめえブチ殺すぞ!!」

僕らは、午後8時--涼子の家の前に立っていた。

403 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:46:20.37 ID:6OzouxxF0
だから涼子ってなんのアニメのきゃr

407 ::2006/07/13(木) 22:46:53.44 ID:kr6Eb8at0
>>403
飛影はそんなこと言わない!!(#^ω^)


404 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:46:23.66 ID:oLkWMe3h0
>>1は女だと大胆予想

408 ::2006/07/13(木) 22:47:26.24 ID:kr6Eb8at0
>>404
残念だ。キミとは分かり合えそうにない。


425 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:55:50.62 ID:54oJN+b9O
>>400
20060714_425.jpg

428 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:57:40.70 ID:Z2LHRCG40
>>425
適当杉www

431 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 22:58:32.82 ID:1kA1KMmTO
>>425
いいかげんにしろ!!11

419 ::2006/07/13(木) 22:53:52.72 ID:kr6Eb8at0
辿り着いた。辿り着いたがしかし……

ド「どうすんべ?これ…」
ジャ「さあ……」
出「勢いだけできたものの…」

厚い門扉が僕らの前に立ちはだかった。
これを潜り抜けるのは、容易なことではない。
刻は夜。
周囲に怪しまれないようにいかに侵入するべきだろう。

ド「・・まあとりあえず、チャイムでも鳴らしてみましょ」
出「オイ貴様!何をしている!!」
ド「ふにゃあ」

ジ「おまわりさーん!!ここに!ここに変質者がああああ!!!」

警察「これはひどい。尻尾なんて真っ赤じゃないか!」

ド「違うんですポリス、これは仕様です!」

警察「なお悪いわ!話は署でタップリ聞く!」

ド「はふん!手錠はダメ!手錠は戒律でダメなのぉ!!」

ドラは去った。

涼子父「やあ、危ないところをどうも」

441 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:01:16.11 ID:54oJN+b9O
>>419
20060714_441.jpg

444 ::2006/07/13(木) 23:01:59.05 ID:kr6Eb8at0
>>441

>>441


446 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:03:42.39 ID:6qBYRBHV0
>>441 ( ゚д゚ )

434 ::2006/07/13(木) 23:00:12.53 ID:kr6Eb8at0
ジ「いえ、市民の勤めですから・・・」
涼子父「気に入った。まあ、まずは家に上がりたまえ。さ、そこの君も…」
出「あ、はい」

涼子の家はロココ調の純和風家屋だった。
この一点からも育ちが知れる。
正直、タケシくんには分が悪い。
しかし……

出「お父さん、逆境から這い上がる者の強さをご理解ですか?」
涼子父「ふむ、おもしろい。聞こうじゃないか」
出「こんな話があります。かつて、太公望は妻に別れを告げられ、その後出世した。
そんな元夫の姿を見てその妻は、またヨリを戻そうとした。
その妻に向かい太公望は盆の水を地面に落としながら、こう言った」
涼子父「……」
出「削除!削除!」
涼子父「キラ……!」
ジ「神……!!」

440 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:01:09.97 ID:6OzouxxF0
デスノktkr wwwwwwwwwwww

471 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:09:48.58 ID:54oJN+b9O
>>434

473 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:10:30.70 ID:54oJN+b9O
>>434
20060714_473.jpg

フライングしちった

474 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:10:54.90 ID:mAfFxZXZ0
>>473
見切れてる見切れてるwwww

455 ::2006/07/13(木) 23:05:53.04 ID:kr6Eb8at0
出「さ・・て。行きますか、タケシさん」
ジ「そうですね、出来杉さん」

僕らは階段を上へと上がる。
ギシギシ。
木のきしむ音が聞こえる。

出「どうする?最初なんて挨拶したら…」
ジ「まあやっぱ挨拶は基本だろ、ご両親の心象ってのもあるしさあ・・・」
出「だよなあ・・でも、オレの名前イケてなくね?出来杉だぜ?軽いイジメじゃね?」
ジ「いや、そんなん言われても、ワシ、剛田やし」
出「杉田にしとくわ。無難に」
ジ「ええんちゃう。フレキシブリにいこうや」

コンコン

涼子「はーい、今開けるわ…ちょ、ペス!やめなさいってば!ヒギィ!」

456 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:06:38.49 ID:6qBYRBHV0
ひぎぃ!

457 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:06:58.17 ID:Z2LHRCG40
ひぎぃ!?w

462 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:07:27.43 ID:XW/thQPDO
いわゆるひとつの登場人物
20060714_462.jpg

500 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:17:26.80 ID:54oJN+b9O
>>455
20060714_500.jpg

504 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:18:55.73 ID:Z2LHRCG40
>>500
ちょwwwwwww素晴らしいなwwwwwwwwww

506 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:19:09.20 ID:8O5YCYUj0
>>500
エロスを期待したおれは負け組み

475 ::2006/07/13(木) 23:11:05.91 ID:kr6Eb8at0
出「どうもこんにちは。アナタの街の出来杉です」
ジ「どうもこんばんは。住まいの大黒杉、剛田です」
涼子「あら、ごきげんよろしくて。アタシ、涼子。こちら、バター犬のヘルペス、通称ペス」
ペス「ワン」
涼子「ところで、一体急に何を…」
ジ「あ、あの!」

ここで、ついにタケシくんが声を荒げた。
無理もない、心に焦がれた異性が目の前にいるのだ。
興奮するな、そう言う方が酷というものである。

ジ「お、おれのこと覚えてますか・・?」
涼子「・・・?」
ジ「あの・・・先日、公園で犬の散歩してて・・・」
涼子「・・ああ!あの時の!覚えてるわよー」

神は味方した。
彼は、見捨てられていなかったのだ!やったな剛田!君にもついに春が!

涼子「あそこだよね、タイムズスクエアの前で!」

時に女は残酷だ。嘘のつき方、それも少しは考えるべきだと思う。

481 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:13:09.75 ID:Z2LHRCG40
タケシ…… 。・゚・(ノД`)・゚・。

487 ::2006/07/13(木) 23:15:09.15 ID:kr6Eb8at0
ジ「・・・うおお!ウアアオオオオオ!!!」

結果、タケシは発狂した。
無理もない。ここまで…そう、ここに来るまで随分の犠牲を払った。
のび太。ドラえもん。田中。EIJI。そして、MIYOKO。
皆、いいやつだった。
そして、いいやつらから死んでいった。

出「だからこの痛みは……死者の痛みなんだ!!」

僕も叫んだ。許さない--許せない!!

出「行こう!裏山に!」

ペス「ワン!」

最後の戦いが、幕を開けた。

491 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:15:50.64 ID:6qBYRBHV0
待て、MIYOKOいつ出たwwwwwww

495 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:16:10.96 ID:5GxWBU4K0
ちょwwwwwwwEIJIいつ死んだwてかMIYOKOでてなすwwwwwwwwww

501 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:17:36.91 ID:cxVYty2x0
スレタイに名前入れておきながら真っ先に死んだのび太カワイソスwwwww

542 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:28:53.67 ID:54oJN+b9O
>>487
20060714_542.jpg






454 :VIPがお送りします :2006/07/13(木) 23:05:05.54 ID:2e8SiqC0O
これは先が読めないインターネッツ小説ですねwwwwwww



その3
スポンサーサイト
【2006/07/14 16:08】 | \(^o^)/カオス! | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<のび太、オレ、好きな人ができたんだ… | トップ | のび太、オレ、好きな人ができたんだ… その3>>
コメント
なんてこったwwwwww
【2006/07/14 17:24】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
カオスwwwwテラカオスwwwww
【2006/07/14 17:51】 URL | 悟る #79D/WHSg[ 編集]
涎拭いたwwwwwwwwwww
【2006/07/14 17:58】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
で、誰を引っ越させたいんですか?
【2006/07/16 23:06】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/868-c809e5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。