トマトペースト
<<( ^ω^)の全てが終わったようです その2 | トップ | 新ジャンル「ヒキニート」 後半>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
<<( ^ω^)の全てが終わったようです その2 | トップ | 新ジャンル「ヒキニート」 後半>>
新ジャンル「ヒキニート」 前半

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1153848400/

1 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:26:40.88 ID:z9KO7BLZ0
男「最近どう?」

女「どうって、今日も寝る前に話したじゃん」

男「いや、まあ、そうなんだけど・・・」

女「どうした?」

男「面と向かって話してないから気になった」

女「確かに、話すって言ってもチャットだしね」

2 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:28:41.53 ID:z9KO7BLZ0
男「また親父に言われたよ。バイトでもいいからって」

女「ああ、私も言われた」

男「お前が受験落ちてから引きこもって、俺が大学一年だ引きこもり始めたんだよな」

女「懐かしいね。もう四年前か・・・」

3 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:32:10.78 ID:z9KO7BLZ0
男「久々に会って話さない?」

女「・・・止めておく。外出るといろいろ聞こえてくるから」

男「・・・だよな~」

女「今どんなスレ見てる?」

男「ロックマン実況」

女「好きだね~」

男「まだ外に出たり、夢を持っていたあの頃を思い出せて懐かしいからな」

5 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:37:16.76 ID:z9KO7BLZ0
女「・・・なんでこうなっちゃったんだろう?」

男「・・・」

女「・・・」

男「なんでかな?こんなはずじゃなかったのにな」

女「私はともかく、あんたは普通に大学いってたじゃん」

男「・・・いろいろあったんだよ」

女「・・・寝る。落ちるね」

ー○○ーが退出しました。

男「・・・」

7 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:42:04.50 ID:z9KO7BLZ0
パソコンの音だけが響く静かな部屋に突然ドアをノックする音が聞こえる。
俺はその音に敏感に反応し、体がビクッとなった。

男母「男~おきてるの?ご飯置いておくからね・・・」

男「・・・」

男母「・・・出てこなくてもいいからせめて話しくらいしなさいよ」

足音が聞こえる。
母が去っていったのだろう。

9 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:48:23.84 ID:z9KO7BLZ0
『何でこんなことになったのだろう?』

引きこもり始めた日から、大学入って一ヶ月してから、高校に入ってから、もっと昔から、ずっと思い続けている。


男「・・・そんなこと言ったって、わからねえよ」

俺は少々イラつきながらドアを少し開け、トレイに乗っている昼食をとった。
今日もおにぎりか・・・。
そう思いながら右端のおにぎりをかじった。
くぁwせdrftgyふじこlp
・・・なんでチロルチョコが入ってるんだよあのババア。

10 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:52:57.26 ID:z9KO7BLZ0
私はエリートだった。
私は優秀だった。

掲示板に番号が載っていなかったあの日まで。


絶対に受かるはずだった。
A判定以外はとったことがなかった。

でも、掲示板に番号は載っていなかった。


つまらない人間
勉強しかできない人間
冗談一つ言えない人間

それが高校での私の評価だった。

11 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 02:57:56.71 ID:z9KO7BLZ0
でもそれでよかった。

必死に受験票と掲示板を見たあの日まで。


いくら面白くたってお先真っ暗では意味がない。
授業中だろうが
休み時間だろうが
見境なく話し、笑い合う彼らを見ながらそう思っていた。

何故焦ってないのだろう?
何故遊びに行く計画が立てられるのだろう?

彼らのことは理解できない。
そう思っていた。

12 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:04:40.91 ID:z9KO7BLZ0
チャイムが鳴る

早足でドアに向かう音が聞こえる

ドアが開く

あの男の声が聞こえる

また来た

母の笑い声が聞こえる

メス犬が尻尾振って喜んでいる姿が強制的に浮かび上がった。

ドアが閉まる音が聞こえる

あの男が家に入ったのだろう

今にメス犬の鳴き声が聞こえ始めるだろう

もう、うんざりだ

13 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:13:14.71 ID:z9KO7BLZ0
目が覚める。
目を開けたはずなのに、暗闇が広がっていた。
私は夜だと認識した。
携帯電話の画面に

「着信メール 一件」

と表示されていた。

誰が送ってきたかは見なくてもわかる。
あいつしか私にメールを送らない。
あいつしか私を認めていない。
あいつ以外は私を存在させない。

私は携帯を開き、メールを見た。

14 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:21:14.38 ID:z9KO7BLZ0
女「何?伝えたいことって。私忙しいんだけど」

男「ニートが忙しいなんて言うな。今も働いている労働者たちに謝れ」

女「で?何?」

男「・・・」

ー女さんが退出しましたー

男「!!おい!ちょっと待てよ!」

ー女さんが入室しましたー

男「ビビッたじゃねえか」

女「もったいぶるからよ」

15 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:27:08.65 ID:z9KO7BLZ0
男「俺!バイトしようかなって思いはじめてきた」

女「すれば」

男「・・・感動が少ないな。四年かけてやっとでた結論なのに・・・」

女「それだけ?今機嫌悪いんだけど」

男「・・・またか」

女「・・・落ちていい?」

男「まあ、待て。話はそれだけじゃない」

16 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:34:39.08 ID:z9KO7BLZ0
女「何?まだあるの?」

男「家を出て部屋も借りようと思っている。・・・一緒に暮らさないか?二人でバイトすれば普通に暮らせるだろ」

女「・・・それだけ?」



男「それだけ・・・」

女「無理」

ー女さんが退室しましたー

男「おい!」

男「・・・」

ー男さんが退室しましたー





17 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:36:28.92 ID:vgEdjW7HO
おもしろいじゃないか

19 :葉月板設立教会第二位 ◆Fate//30Ss :2006/07/26(水) 03:38:52.41 ID:D2VEEplJO
萌え要素は無いが展開に期待

20 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:40:48.29 ID:z9KO7BLZ0
むなしくなってきたから寝ようと思っていたのに、そんな子といわれると書きたくなるじゃないか。


23 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:44:59.97 ID:JLN6QRdrO
くそっもう寝なくては……

誰か朝まで保守しといてくれ

>>1GJ

25 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:45:58.04 ID:z9KO7BLZ0
>>23
俺が寝たい






24 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:45:21.14 ID:z9KO7BLZ0
あいつはやはり私とは違う。

冗談も言える。

他の人間と笑い合える。

大学にも受かっている。

まだ光をみつけられる。

みつけようとする。

28 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 03:54:53.30 ID:z9KO7BLZ0
パソコンの電源が切れる。

部屋は真っ暗になった。

カーテンを開けた。何ヶ月ぶりだろう?

そして、目の前にある隣の家の窓を見た。

カーテンは締め切られている。ここのカーテンはあの日から開いたことはない。

あいつが顔を出すこともなくなった。

控えめな笑顔も消えた。

俺は久々に声を出すことにした。

「あでゅえにヴぉ」

声の出し方を忘れていた。

何回か試した後、もう一度聞こえるように声を出した。

「俺、ドアを開けてみることにした。まだ自分の部屋のドアしか開けられないけど」

予想通り反応はなかった。

32 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:02:04.83 ID:z9KO7BLZ0
『女ちゃんは頭がいいねぇ』

『すごいな。これは将来有望だな』

『天才ね。○○さん羨ましいわ。うちの子も女ちゃんみたいだったら』

『女ちゃんってすごいね~。これ四年生がやるドリルでしょ~』

『女はすごいなぁ。先生が教えることはないな。真面目だし、生徒の鑑だな』


スゴイ

テンサイダ

ユウシュウネェ

ワタシニモベンキョウオシエテ

ドウシタラソンナニデキルヨウニナルノ?


うるさい!ウルサイ!煩い!

37 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:12:00.13 ID:z9KO7BLZ0
ドアノブに手をかけようとする。

手が少し震えている。

変な汗が出てくる。

やはり無理だったのか?

38 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:12:26.51 ID:z9KO7BLZ0
宣言しちゃったよ。

いつもそうだ

口ばっかりで

見栄を張って

自分を追い込んで

逃げる

また見栄を張る

『あんたっていつも口だけだね。いい加減見栄を張るの止めたら?』

女によく言われていた言葉を思い出す

女の顔を思い出す

面と向かって話をしていたあの頃を

心から笑えていたあの頃を





35 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:05:28.88 ID:jTbvAHUf0
あとどんぐらいで終わる?

39 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:13:33.39 ID:z9KO7BLZ0
>>35
勢いで書き始め、勢いで書いているから終わりが見えない。
一回切ろうかなと考えている。






41 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:18:28.89 ID:z9KO7BLZ0
『嫌なことばかりではないさ、さあ次の扉をノックしよう』

あの頃よく聞いていた歌が

あいつの好きな歌が頭に流れる。

今の俺らにぴったりじゃねえか

明日大音量で聞いてやろう。

強制的に聞かせてやろう。

俺はドアノブをがっしり掴んだ

44 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:26:42.37 ID:z9KO7BLZ0
「母さん。夕飯まだ?」

声がするなんて思いもよらなかったのだろう、母さんの体がビックとなるのがわかった。

「・・・男?」

母さんは料理をしながら振り向き、言った。

「まだみたいだな。飯何?」

驚かれたことと、久々に人と会話をしたので、うつむきながら言った。

「あんた、なにがあったの?あっ!もしかして母さんを殺すの!?
 嫌!やめて!もう出てきなさいなんて言わないから!
 ずっと部屋にいていいから!殺人犯になるのだけはやめなさい!」





45 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:29:05.32 ID:jTbvAHUf0
ちょwwwwかあちゃんwwwwwwww

46 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:30:06.32 ID:2KAmuLhwO
かあさん…(´・ω・`)





48 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:30:59.12 ID:z9KO7BLZ0
予想以上に驚かれた。いきなり大声を出されたので俺も驚いた。

「待って!殺さないから!俺何も持ってないから!」

俺は両手を上げる。会話しただけでこれか、バイトしたいなんて言ったらどんな反応するのだろう?

母さんは急に近づき、俺の両手を両手で握った。

「男・・・」

恥ずかしかったが俺は目を合わせた。

母さんの目には涙が浮かんでいた。

52 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:39:06.56 ID:z9KO7BLZ0
「・・・母さん・・・今までごめん・・・」

心拍数が上がっていたが、目をそらさず言った。

言ってやった。

一つ壁を越えた気がした。

「男・・・出てきてくれてありがとう」

涙が頬を伝って、床に落ちていくのが見えた。

『出てきてくれてありがとう』

まだ誕生日を素直に喜べた頃にも言われたせりふだ。

おそらく、最初に俺が泣いたときにも言ったのだろう。





59 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:45:47.47 ID:2xQiQq/d0
ネタスレかよと思って覘いたら

案外良くて今泣いてる(´;ω:`)ウッ

54 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:40:23.96 ID:z9KO7BLZ0
これ需要ある?

学校あるからそろそろ眠りたい。

あるなら今日続き書かせてもらうけど。


55 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:41:03.77 ID:3ZEzzKfO0
>>54
気になる。今後の展開に期待。

56 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:43:06.21 ID:jTbvAHUf0
>>54
書き終えてから寝てくれ

60 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:46:34.56 ID:z9KO7BLZ0
>>55-56
嬉しいけど鬼だな。

わかった書かせてくれ。
おれ自身いつ終わりかわからないけど。






63 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 04:53:03.97 ID:z9KO7BLZ0
『女ってさ話してて面白くないよね』

『なんかさ~私たちのこと見下してるよね~』

『そうそう!ちょっと勉強できるからってね』

『別に勉強できてもそんなに偉くないって』


まだ勉強が競争だと気づいていない頃には尻尾を振って近づいてきたくせに

気づいたとたんこれか

できる人を馬鹿にしたらいい点とれるの?

いい高校いけるの?

何なのあなたたち?

67 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 05:01:38.40 ID:z9KO7BLZ0
誰もいない家

当然明かりはついていない

明かりをつける

ダイニングには内容の同じメモとラップに包まれた夕食

電子レンジの中で規則的に回る皿

なのに家族の輪は円形ではない

隣家から聞こえてくる笑い声

唯一の友人の冗談を言う声

愛おしい

羨ましい

憎い

70 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 05:06:51.77 ID:z9KO7BLZ0
冷え切った関係もスイッチ一つで暖められばいいのに

国語の教科書に載りそうな文章を思いつく

いつから?

いつから綺麗な円を描いて回らなくなった?

それとも

地球のようにもとから楕円だった?

誰も答えてくれない

72 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 05:14:24.75 ID:z9KO7BLZ0
眠れずにいるといつもこんなことを思い出す。

思い出したくない

記憶喪失状態になればいいのに

記憶があるから気分が悪くなる

でも、記憶があるから幸せだったときを思い出せるからまだ生にしがみついている

わからない

どうすればいいのかわからない





73 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 05:14:25.22 ID:Wbb9tr0dO
今北
>>1は文才あるな。心にしみるぜ

74 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 05:15:56.35 ID:z9KO7BLZ0
>>73
小説書きたい人間としては最高の言葉だ。
今来て悪いんだが今回はここで終わらせていただく。

楽しみにしてくれた人ありがとう。
ノシ

87 : ◆Tkjs1o99Dg :2006/07/26(水) 05:38:56.80 ID:z9KO7BLZ0
1だけど。

ふと思ったんだけど、一応トリつけたほうがいいと思った。
ずうずうしいけどつけさせてもらう。
ここまできたら完成させたい。


96 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 06:49:58.39 ID:vgEdjW7HO
そろそろ朝組が来ると思うから寝るぜ
あとは任せた・・

100 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 07:16:32.21 ID:hbfbZmLV0
ここからは昼行性ニートの俺が保守を引き継いだ!後は任せてくれ!!

101 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 07:17:12.43 ID:+vpTA1ei0
>>100 たのもしい

104 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 07:20:47.37 ID:hbfbZmLV0
く・・・どうやら・・・そろそろ・・・限界のようだぜ・・・
威勢のいいこと・・・言っちまったのに・・・シマらねぇ・・・な・・・ ガクッ

107 :VIPがお送りします :2006/07/26(水) 07:23:35.78 ID:+vpTA1ei0
>>104
4分間乙!






後編に続くよ


それにしても、25日26日と小説の当たり日なのかい?
スポンサーサイト
【2006/07/26 08:45】 | 〆(・ω・ ) ヨミモノ | トラックバック(0) | コメント(14) |
<<( ^ω^)の全てが終わったようです その2 | トップ | 新ジャンル「ヒキニート」 後半>>
コメント
ID:hbfbZmLV0>ウルトラマン
【2006/07/26 09:49】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
ttp://********.blog65.fc2.com/
安価ブログ更新したお(´・ω・`)
【2006/07/26 09:59】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
限界早すぎww
【2006/07/26 10:13】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
米2さんは業者の宣伝なのかな?
それともただフラリと来ただけなのかな?
とりあえず、米2さんのブログ見たら【未成年禁止】って書いてあったんで、削除しないでリンクだけはずしときますね
【2006/07/26 10:25】 URL | キティ@中野人 #79D/WHSg[ 編集]
>>100
テラワロッスィングwwwwwwwwww
早ぇよwwwwwwwww
【2006/07/26 12:11】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
米5
むしろワロッスィングにワロッスィングwwwww
【2006/07/26 13:01】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
めっさ続き気になる。
wktkwktk
【2006/07/26 14:24】 URL | 悟る通りすがり #79D/WHSg[ 編集]
これ続きも載せてくれるんだよね?
【2006/07/26 15:13】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
ああ今朝のやつか これ多分落ちるんじゃね?
【2006/07/26 17:37】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
安心しろ
ちゃんと残ってる
【2006/07/26 19:17】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
面白かったから衝動に駆られ続きも読んできちゃった
【2006/07/26 21:34】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
保守ニートつかえねーなwwwwwwwww
【2006/07/28 08:40】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
ちょwwwww保守ニートwwwwwww
【2006/07/28 16:53】 URL | 名乗るのマンドクセ('A`) #79D/WHSg[ 編集]
面白いし、女に萌える
【2008/05/09 06:55】 URL | 名乗るのマンドクセ #-[ 編集]
トラックバック
トラックバックURL
http://nantara.blog73.fc2.com/tb.php/900-91000f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

個人的に大好き


リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

その他

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。